スポンサーリンク

洗面台の下の収納ってとても狭いんですけど、洗剤や石鹸、歯ブラシのストック、スポンジにたわし、ドライヤーや髭剃りなどその他諸々、ビッシリと押し込んでる方も多いですよね?

我が家の収納も隙間無く物が収納してあります(^^;;

ある日、ゴソゴソと物を取り出してみると、なんか濡れてるな~なんてことないですか?

ジャバジャバ漏れている訳では無いし、どこから漏れてるんだろう?ってこと。

今日は洗面台の水栓の水漏れ以外で起こり得る、様々な水漏れについてのお話しです。

水は意外なところから漏れたりします。

洗面台のタイプ

洗面化粧台
鏡とセットになった、いわゆる一般的なタイプの洗面台です。
シャンプードレッサー洗面化粧台
シンクの広い、吐水口がシャワーヘッドになっており、自在にホースを引き出して、洗髪ができる洗面台です。
洗面器・手洗器
トイレ・洗面器・浴槽の三点ユニットバスやトイレ内などにある、壁に取り付けてあるタイプです。

 

大体大まかに分けると、こんなところでしょうか?

水漏れが起きる箇所と原因

排水金具及びトラップ部からの水漏れ
シンクの排水溝のところから、トラップ部に至るまで、接続箇所には全てパッキンがあります。水漏れの原因はパッキンの劣化やナット類の緩み、物の出し入れでトラップに当たってしまいズレてしまった、などが主な原因です。また、ポップアップ式の場合ですと、アーム根元の袋ナットの緩みにより漏れることがあります。

 

給水管や給湯管からの水漏れ
止水栓から上の水漏れで、上下の袋ナットの緩みやパッキンの劣化による水漏れです。

 

止水栓からの水漏れ
袋ナットの緩みや上部パッキンの劣化による水漏れ。普段は漏れずに、止水栓のバルブを開閉すると水漏れすることがあります。

 

水栓の取り付け箇所からの水漏れ
水栓本体から水漏れしているのでは無く、取り付け箇所のシール材の劣化やナットの緩みなどで隙間ができて、洗顔時にかかった水が隙間から漏れてきます。大量に漏れないため気が付かないことが多く、ナットの座金がボロボロに腐食します。

 

ゴム排水栓のチェーンが取り付けてある締め付けヒートンからの水漏れ
取り付け箇所のナットの緩みによる水漏れです。

 

シャワーホースを伝わっての水漏れ
シャンプードレッサー化粧台限定ですが、ヘッドから滴り落ちた水がホースを伝わり収納に漏れる。または、ホース自体に亀裂が入り漏れる。通常は水漏れを想定して、収納内に水受けが取り付けてあります。

 

シャンプードレッサー洗面化粧台など、吐水部とハンドルが別々の水栓からの水漏れ
収納内を見ると分かりますが、このタイプは通常の水栓と違い多少作りが複雑です。各接続部から漏れることがらあります。

スポンサーリンク

給排水、水漏れ箇所の特定

水漏れと言っても上記のような様々な箇所や原因があります。先ずは給水管や給湯管からの水漏れなのか?排水すると水漏れするのか?を特定します。

給水管や給湯管の水漏れを調べる
常に水漏れします。それぞれを上下手で触り水漏れ箇所を確認します。稀に、夜中に水圧が増して漏れて、昼間は漏れないことがあります。触ってみて濡れていなくても、ライトを当てて良く見てみると、漏れた跡が筋にになっていたりします。
止水栓は漏れていれば直ぐに分かります。

 

排水を調べる
蛇口を開けて水を流してみます。排水金具やトラップの継ぎ目を、目視と触手で確認します。大量に流したときだけ漏れる場合もあるので、シンクに水を張って一気に流してみます。水浸しにならないように下にウエスや水受けを置きます。

 

給排水以外を調べる
排水栓のヒートンやシャワーヘッドとホースなどを調べる。

 

以上、洗面台で水漏れが起こり得る個所と原因、そして特定の仕方のお話でした。それぞれの修理については、追々お話したいと思います。

スポンサーリンク

関連コンテンツ