スポンサーリンク

水栓の水漏れは長年に渡り水を供給し続けてくれた古いものに起こります。古ければ古いほど、あちこちにガタがきます。

そんな古い水栓、いざ水漏れを修理しようとすると、ハンドルが全く外れない、なんてことがよくあります。今日は水漏れを直す以前に、ハンドルが硬くて外れないんだよ!に焦点を当ててお話ししたいと思います。

なぜ外れないのか?

 

この写真は以前分解したTOTOの水栓です。この水栓の部品は樹脂製なので、ハンドルを外すことが困難ということはないのですが、外れなくなってしまうタイプの水栓も同じ構造なので、この写真で説明させて頂きますね。

外れなくなってしまう原因は、スピンドルとハンドルの溝が固着してしまうためです。また、ハンドルを固定する間の部品(正式名称が分かりません)が外れないときもあります。

 

固着してしまう原因は、上部パッキンの劣化による水漏れで、スピンドルの根元から漏れた水や湿気で、腐食固着してしまうのではないかと思われます。

固着したハンドルを外すには?

何を修理する時もそうですが、構造や仕組みをイメージしながら作業することが大切です。上の写真のとおり、溝と溝が噛み合ってはまっているだけです。

固着した溝を少しずつ力を加えて緩めていくわけですが、ハンドルをプライヤーなどで掴んで作業するのはおすすめできません。ハンドルはプラスチック樹脂なので、傷だらけになってしまいます。

ハンドルにタオルを巻いて、その上からプライヤーで掴むという方法もあります。が、一度やってみると分かりますが、滑って力が伝わりにくいです。

私の経験上、両手に勝る道具はありません。滑り止めの付いた軍手でも良いですが、ダッシュ島でTOKIOのメンバーが使用している作業用手袋で、両手で包む様にしっかりと握り、構造をイメージしながら、溝を少しずつ緩めていきます。少しずつ、ホントに少しずつ前後左右に力を加えていきます。

片手でハンドルを掴んで、もう片方の手をハンドルの下に添えて、ハンドルを押し上げるように力を入れて、掴んだハンドルを少しずつ動かしていくと外れます。

注意することは、決して力任せにやらないことです。闇雲に力任せでやっても、外れなくてイライラして乱暴になってしまうだけです。

スポンサーリンク

ハンドルは外れるけど、スピンドルに固着している部品は?

2枚目の写真のような場合です。


固着した部品をプライヤーの先端などに、両端を乗せるように宙ぶらりんの状態にします。CRE556などの潤滑油を差して、合うネジをスピンドルの頭にはめます。

固着した部品の長さと同じくらいの長さが残り、尚且つスピンドルにしっかりと固定できるくらいの長さのネジがあればベストです。準備が整ったら、少しずつ、軽く、ハンマーでネジの頭をを叩きます。

コンコンコンと軽く叩きます。直ぐに外れると思います。

ネジは元々取り付けてあったものでも良いですが、頭をを叩くので注意が必要です。また、力強く叩いてしまうと、ネジが折れたり、スピンドルのメスネジがダメになってしまうので、ここでも構造をイメージしながら優しく叩きます。

追記:このやり方を更に詳しく別記事にしました。こちらをご覧ください。

>>固くて外れない水栓ハンドルのかんたんな外し方

どうしてもハンドルが外れない最後の手段

どうしても外れないときは、ハンドル一式交換しちゃいましょう。(^^;;
ハンドルの下1/3から半分くらいのところを、樹脂が切れるノコで水平に切断すると、ハンドル内側の袋ナットが見えますので、スピンドルを緩めながら袋ナットを外せば、ハンドル一式を取り外すことができます。
無駄な抵抗はせずに、初めからハンドル一式を交換すればいいのに、という言葉が聞こえてきそうですが、何事もチャレンジということで(^^;;


以上、固着したハンドルを意地でも外すぞ!というお話しでした。

スポンサーリンク

関連コンテンツ