自分で直してみましょう

Kパパ

当ブログの内容は全て私の実体験を記事にしています。ネットでコピペした内容ではなく、ネットのまとめ記事でもありません。掲載の写真も記事の内容も完全オリジナルです。但し、プロのライターではないので、文の組み立てや言い回しにおかしなところが多々あると思います。日々、書き直しや書き足しを行っています。ご了承ください。

日々生活をしていると水回りのトラブルは突然やってきますよね。蛇口の水が止まらない、水道局の検針で漏水をしているかも?と言われた、トイレが突然詰まってパニックになった・・・

そんな時あなたはどうしていますか?電話帳を見て業者に依頼する?自分で直す?気にしない?見なかったことにする?(笑)蛇口から水がポタポタしている程度なら自分で直せても、ほとんどの方は業者に依頼する方が多いのではないでしょうか。

近所の水道屋さんですと、比較的に安価で直してもらえることが多いですが、来てもらえる日は3日先とかよくある話です。水まわりのトラブルは緊急を要することが多いです。そんな時は緊急で来てもらえる専門業者も多数ありますが、緊急で来てくれる業者ですとそれなりの料金が発生します。

事前に電話で見積もりを聞いても、現場を見ていないわけですから、多少上乗せがあるのも分かります。ネットを調べてみると結構トラブルも多いようです。

このご時世、少しでも出費は抑えたいですよね。私もそうです。そのお金があったら美味しいものが食べたいし、欲しいモノを買いたい、家族で出掛けたい。いや、やっぱり貯金かな?

DIY!Do It Yourself!ドゥ イット ユアセルフ!自分でやろう!

カランプライヤ

どんなことでもそうですが、自分でやってみたらなんとかできるもんです。やってみたら、こんなに簡単だったんだって感じです。できないのではなくてやらないだけですよ。

ただ、水回りのプロ!も存在するわけで、そこには素人では解決できないことがあるのも事実です。例えば蛇口の修理ひとつとっても、道具の選定を間違えて蛇口が傷だらけになってしまったり、強く締め過ぎてネジがダメになってしまったりと、色々なことがあります。

だから、やっぱり自分にはできない!と思わないでください。私は一応、給水装置工事主任技術者という資格を持っていますが、ほぼ独学で学んできました。何回も失敗しました。水栓を交換していて水道管を折ってしまったこともあります。

と言うことで、私の体験してきた家庭内で起こり得る水回りのトラブル対処方を紹介していきたいと思います。独学でやってきて、失敗から学んだお話なので、これから自分で直してみよう!という方には、多少なりとも参考にして頂けるのではと思います。

第一線でバリバリやられているプロの方が見たら???なこともあるかもしれません。これから内容も濃く紹介できたらと思いますので、「家庭の医学」ならぬ「家庭の水回り学」のような扱いで(すみません。そんな偉そうな内容ではありません。)ブックマークして頂いて、少しでもお役に立てたらうれしいです。

 

 

関連コンテンツ