止水栓とはトイレの給水管や洗面台の給水・給湯管に取り付けてある、その名のとおり水を止める栓のことですが、トイレタンクの水が何かの異常で出っぱなしになってしまったり、洗面台の下で給水管から水漏れしている場合など、止水栓を時計回りに閉めると台所やお風呂など他の水道を止めことなく、とりあえずその箇所だけ水漏れを止めることができます。

また、自分でトイレタンク内の部品を交換する場合や、各水栓のパッキン交換、水栓本体の交換などの場合も止水栓を閉めて作業します。

 

スポンサーリンク

 

普段はあまり触らない止水栓ですが、水を止めようと回してみると固くて回らない事ってありませんか?両手で掴んで思いっきり回しても、うんともすんともいわない。しまいにはハンドルの角で手の平が痛くなりますよね。

水漏れの状況もポタポタ程度ならいいのですが、ジャージャー出っ放しで、早急に止めたい時にハンドルが回らないと水道メーターの元栓を閉めるしかありません。

元栓を閉めると全ての水が使えなくなってしまいますので、普段から止水栓の動きを確認しておいた方が良いですね!

 

止水栓が固くて回らない原因

もうこれ以上回らないというところまで全開にしていると、年数とともにその状態で固着してしまいます。止水栓内部のスピンドルのネジの部分に、サビや石質の汚れが堆積して、ちょっとやそっとでは回らないほど固まってしまいます。

また、入居以来一度も触ったことがないというような場合ですと、全開になっていなくても固着することがあります。

 

 

止水栓のタイプと固着修理の方法

止水栓の本体の形には、床から立ち上がっている給水管に取り付けるストレート形止水栓、壁から出た給水管に取り付けるアングル形止水栓、壁付き混合水栓の止水栓、給湯器の給水管に取り付ける逆止付ボールバルブ、量水器(水道メーター)の止水バルブなど他にも数種類ありますが、今回はトイレ、洗面台、キッチン流し台に取り付けてある一般的な止水栓について説明します。

Kパパ

固着した止水栓を開けると、内部のパッキンも劣化しているため必ず水漏れします。袋ナットを強く閉めると止まることもありますが、固着の修理と同時にパッキンの交換も行いましょう。

 

ハンドル式の止水栓

 

固くて回らないハンドルを外す

止水栓が固くて回らない

 

水道メーターの止水栓を閉め、ハンドル根元の袋ナットを左に回して緩め完全に外れた状態にします。固着したハンドルを素手で回すと物凄く痛いので、軍手をはめたり(滑り止め付きの軍手を推奨)、タオルなどでハンドル掴み、反時計回りにグッと力を込めて回します。

女性の方は「無理、動かない!」と諦めてしまうかもしれませんが大丈夫です!しっかりとハンドルを掴み「ハッ!」と力を込めればまわります。ハンドルを掴んだ手にもう片方の手を添えると力が入りやすいです。

 

止水栓が固くて回らない

 

ハンドル一式を外すと給水管内に溜まった残り水が出てくるのて、下に水受けを置いたり、タオルなどを敷いて水浸しにならないように作業しましょう。止水栓内部には汚れがかなり付着しているのできれいに拭き取ります。

 

スポンサーリンク

 

ハンドルを外す

止水栓が固くて回らない

 

ビスを反時計回りに外してハンドルを引き抜きます。ビスはカランプライヤーやラジオペンチなどで掴んで回すと外れます。但し、ビスが外れてもハンドルが固着して引き抜けないことがあります。かなりの確率でかんたんには外れません。

まずは次のことを試してください。ビスを外した箇所にクレ556などの潤滑油を吹き付け、ハンドルの裏側に傷が付かないようにタオルでカバーして、三角のそれぞれの箇所を均等に軽く叩きます。これで全く外れないときは下記の記事を参考にしてください。

 

 

パッキンを交換する

止水栓が固くて回らない

 

全てが分解できたら、上部パッキンとコマパッキンは新しいものに交換します。スピンドルに付着したサビや汚れをきれいに拭き取り、できることなら水栓グリスを塗布すると、修理後のハンドルの動作が見違えるほど良くなります。こちらの記事を参考にして下さい。

 

 

上部パッキンコマパッキンの交換、スピンドルの清掃、水栓グリスの塗布が終わりましたら、外した逆の手順で取付けます。袋ナットは強く締め過ぎるとハンドルの動作が固くなります。逆に緩すぎると水漏れします。

ハンドルの根元から水漏れしない程度で、動作も軽いちょうど良い塩梅を見つけましょう。

Kパパ

何度か閉めたり緩めたりしているうちに、丁度よい締め具合が分かると思います。

 

ドライバー式の止水栓

固くて回らないドライバー式バルブを外す

止水栓が固くて回らない

 

ハンドル式はしっかりと掴めるため、比較的簡単に直す事ができますが、ドライバー式の場合ですと、ドライバーを充てる溝が変形してしまったり、逆にドライバーが変形してしまったりと、苦労される方も多いと思います。

ドライバー式タイプは固着するとハンドル式に比べとても回し辛いです。ハンドルタイプと同じように袋ナットを緩めた状態にしてから、持ち手の太いしっかりとした、力の入れやすいマイナスドライバーで、一瞬の気で力を込めてグッと回します。かんたんに回ればラッキーですが、固着したドライバー式の止水栓はほとんどの場合、これではびくともしないことが多いです。

止水栓の溝の厚さや幅に対して、マイナスドライバーの先端が細かったり薄かったりすると、いわゆる「ナメて」しまうんですよね。メッキも剥がれて、傷だらけの残念な見栄えになってしまいます。

そこで、僕が使っているのは水栓ドライバーです。先端の幅が広く、厚さも止水栓にピッタリとはまりますので、アソビやブレが無く回しやすいです。

 

止水栓が固い

 

上の写真の左が水栓ドライバーです。通常のマイナスドライバーと比べると、先端の幅や厚みの違いが分かると思います。

Kパパ

力任せではかなり困難です。固着は止水栓を目一杯全開にしている状態で起こりますので、必ず袋ナットを外してから作業します。持ち手が滑るようでしたら、ゴムを巻くと掴みやすいです。

 

マイナスドライバーや水栓ドライバーで回せない場合

水栓ドライバーでも回せない場合があります。そのときは傷がつくことを気にせずに、思い切って小さなサイズのパイプレンチやウォーターポンププライヤーなどを掴んで噛ませて回しちゃいましょう。

柄が長いウォーターポンププライヤーなどで掴んで回せば、テコの原理でかんたんに回ります。傷が付かないようにウエスを噛ませて掴むのも手ですが、今後、止水栓の開閉を快適にするためにドライバー式からハンドル式に交換するのがオススメです。

こちらの記事を参考にしてください。

 

 

パッキンを交換する

ハンドル式止水栓のパッキン交換と同様の作業になります。必ず水漏れするので、同時に上部パッキンも交換しましょう。

内ネジ式止水栓について

止水栓が固い

 

ハンドル式とドライバー式の止水栓について説明しましたが、それとは別に内ネジ式止水栓があります。主にINAX製で、袋ナットなどの部品は無く内ネジのキャップのようなタイプの止水栓です。開閉部にはドライバー式のように溝があります。キャップの部分は金属のものもありますが、黒い樹脂製をよく見掛けます。

このタイプの止水栓はほとんど固着しませんが、樹脂の部分が弱いためふつうのマイナスドライバーなどで開閉すると、ほぼ100%傷が付いたり変形します。10円玉でも変形します。

内ネジ式止水栓の開閉には水栓ドライバーを使いましょう。このためのドライバーでは?というくらいピタリとハマるので傷を付けること無く開閉ができます。

 

スポンサーリンク

 

修理後のポイント

修理が終わったら元栓を開けて、水漏れがないか確認します。

Kパパ

大切なポイントです!左回りに一度全開にしたら、半回転から一回転くらい右に回し戻しておくと、固着しないで済みます。いざというときに閉められるように、絶対にやっておきます。

 

以上、固くて回らない止水栓を直すお話しでした。

関連コンテンツ