自分で直す!止水栓が固くて回らない

こんにちは!Kパパです。

止水栓とはトイレの給水管や洗面台の給水・給湯管に取り付けてあるバルブのことですが、水漏れを直そうとして回してみると、固くて回らない事ってありませんか?

両手で掴んで思いっきり回しても、うんともすんともいわない。

おまけにハンドルの角で手が痛くなりますよね^^;

 

そもそも何のために止水栓が付いているのか。

 

水漏れもポタポタ程度ならいいのですが、ジャージャー出っ放しで、止めたい時にハンドルが回らないと、水道メーターの元栓を閉めるしかありません。

元栓を閉めると全ての水が使えなくなってしまいますので、普段から止水栓の動きを確認しておいた方が良いですよね。

スポンサーリンク

止水栓が固くて回らない原因

もうこれ以上回らないというところまで全開にしていると、年数とともにその状態で固着してしまいます。

固くて回らないハンドルを外す

水道の元栓を閉め、袋ナットを左に回しても緩めて外れた状態にします。ハンドルをタオルなどで掴み、左右にグッと力を込めて回すと動きます。

 

給湯管内の水が出てくるのて、タオルなどで養生しながら外します。

 

パッキンを交換する

ハンドルのビスを外します。カランプライヤーがここでも活躍します。家庭に一つ!カランプライヤーですね^^

 

上部パッキンとコマパッキンを交換します。ハンドルがスピンドルから外れない場合は、ハンドルの裏側から三か所均等に、傷が付かないようにウエス越しに叩くと外れます。

 

マイナスドライバーで閉めるタイプの止水栓

このタイプが固着すると、ハンドル式に比べとても回し辛いです。

ハンドルタイプと同じように袋ナットを緩めた状態にしてから、柄のしっかりとした、力の入れやすいマイナスドライバーで、一瞬の気で力を込めてグッと(笑)回します。

あまりにも固着が激しいと、中途半端に力を加えると、止水栓側が簡単に変形してしまうので、一気にグッ!!とです。

スポンサーリンク

修理後のポイント

修理が終わったら元栓を開けて、水漏れがないか確認します。

左回りに一度全開にしたら、半回転から一回転くらい右に回し戻しておくと、固着しないで済みます。

いざというときに閉められるように、絶対にやっておきます。

以上、固くて回らない止水栓のお話しでした。

スポンサーリンク
    

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ