洗面台給水管と給湯管の水漏れを修理する方法

こんにちはKパパです。

今日は洗面台の給水管と給湯管の、水漏れを修理するお話です。

洗面台の水漏れは、激しく漏れる事があまりないので、収納扉を開けた時に「なんか濡れてるな~と気が付くことが多いんですよね。

狭い箇所なので作業は多少面倒ですが、やり方はそれ程難しくはありません。

が、必要不可欠で最低限揃えないといけない道具があります。

 

道具と材料を準備する

1.立形金具しめつけ工具

パイプ上下の袋ナットの、取り外しや締め付けを行う道具です。

パイプの下側の袋ナットはモンキーレンチでも作業できますが、上側は狭くてモンキーレンチでは作業が困難なため、この道具は必要になります。

スポンサーリンク

2.モンキーレンチ

下側の袋ナットの取り外しと締め付けを行います。

3.マイナスドライバー

止水栓の開閉に使用します。

※これらの道具以外に、ウエスや水を受ける小さな洗面器などを用意します。

4.給水管パッキンセット×2セット

片方側だけの水漏れであっても、もう片方が漏れるのも時間の問題なので、両方のパイプのパッキンを交換しちゃいましょう。

パイプを取り外してパッキンを交換する

画像をクリックすると大きくなります

1.外したときに水が垂れてくるので、濡れてもいいように下に水受けを置いて、ウエスも敷いておきます。

2.止水栓を閉めてから水栓のハンドルを開けて、圧を抜きます。

3.上側の袋ナットを、立形金具しめつけ工具で反時計回りに外します。

かなり固く固着している場合もありますので、しめつけ工具はしっかりと袋ナットに噛ませて回して外します。

4.下側の袋ナットをモンキーレンチで反時計回りに外します。

パイプの上側は水栓本体に差し込んであるため、そのままでは外れません。

半回転回して、下側のツバ部分を止水栓からずらして下に引き抜きます。

5.パイプの上側に袋ナットと新しいパッキンを通したら、水栓本体に差し込んで、袋ナットを2ネジくらい仮締めします。

次にパイプの下側のツバを止水栓と平行の位置に合わせ、パッキンをセットしたら袋ナットを仮締めします。

上下の袋ナットを交互に締め付けます。最後に止水栓を開けて水漏れが無ければ完了です。

スポンサーリンク

ツバ部分に古いパッキンのカスが張り付いている場合は、きれいに除去しましょうね。

少しでも残っていると水漏れの原因になります。

狭い箇所で手探りで作業するのは、慣れていないと意外と大変です。

仰向けに寝て頭を突っ込んで作業するとやりやすいですよ。

最初に外すときは、サビやカスが降ってくるので、メガネをした方が良いかも。


以上、洗面台の給水管、給湯管水漏れ修理のお話でした。

スポンサーリンク
    

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ