洗面台のトラップ用ジャバラを交換する

こんにちはKパパです。

洗面台の排水トラップには数種類の材質やタイプがあります。

一般的なところで言いますと、材質は黄銅(メッキ加工)やポリエチレンや塩ビ、直管やジャバラタイプ、排水タイプは床側に排水するSトラップ、壁側に排水するPトラップ、サイズは25mm、32mm、38mmなど。

その中で今日は、ジャバラタイプについてのお話です。

 

交換が必要な状態

通常ですと、破損や交換をするようなイメージの無い箇所なんですが、交換が必要なケースもあります。

以前の記事にもありますが、ジャバラホースの部分は経年劣化により硬化して縮みます。

縮むと防臭パッキン(クリーンパッキン)が外れ管内の臭いが漏れます。

流し台の排水ホース水漏れ交換

また、ジャバラが硬化すると、排水管とジャバラが接っている箇所に亀裂が入り、そこから水漏れしたり、酷くなるとジャバラが完全に切れてしまい、排水管の中にぶら下がってしまったり、千切れた先端が排水管の曲がりで邪魔をして、詰まりの原因にもなります。

スポンサーリンク

元から短く切断したあった場合ですと、硬化で縮んだジャバラが排水管から出てしまい、水漏れの原因になります。

と、この様に気が付かない間に酷い状態になっていることがあるんですよ(^_^;)

なので、古いものは交換が必要です。交換のサインは、ジャバラを摘んでみて硬かったら交換が望ましいです。

 

スポンサーリンク

トラップ用ジャバラを交換する

トラップには水が溜まっているので、こぼれないように下に水受けを置きます。

ポリエチレン材質は手締めで取り付けてあることが多いので、工具を使わなくても手で外せると思います。

トラップを手で押さえて、袋ナットを反時計回りに外します。

袋ナットが外れたら、排水管からホースを引き出す前に、先に溜まっている水を水受けにあけちゃいましょう。

ジャバラを引き出したら、防臭パッキンを外して、排水プレートを外します。新しいトラップ用ジャバラを仮で取り付けてみて、ジャバラ部分の丁度良い長さを計ります。

長いと排水管の曲がりに当たってしまうので、長過ぎず短過ぎずで切断します。

切断しなくても問題がなければ、そのままでOKです。

 

取り付けるイメージができたら、排水プレートを通し、防臭パッキンを取り付けてホースを差し込み、袋ナットを手締めで締めます。

防臭パッキンは、先に排水管に取り付けてもOKですが、後からだと、ジャバラを差し込み辛い場合があります。臨機応変に。


 

以上、洗面台のトラップ用ジャバラ交換のお話でした。早速、ジャバラを掴んで点検してみてくださいね。

スポンサーリンク
    

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ