洗面化粧台にはシングルレバー式、2ハンドル式、シャンプードレッサー用のシャワー付きなど様々なタイプの水栓がありますが、ここでは一番オーソドックスな2ハンドル混合水栓の交換についてお話します。

Kパパ

全ての水栓は大きく分けると二つのタイプがあります。壁付タイプと台付(デッキタイプ)です。壁に取り付けるタイプと、台の上に取り付けるタイプです。洗面台の水栓は台付ということになりますね。

 

スポンサーリンク

 

給水管と給湯管を取り外す

止水栓を閉める

止水栓を時計回りに閉めます。一度も開閉したことがないと、固着して回すことができない場合が多いです。固いときはこちらの記事をご覧ください。

 

 

給水管と給湯管を取り外す

水栓や管の内部に残っている水が溢れますので、下に小さな洗面器などの水受けを置くか、大きなタオルなどを敷きます。

モンキーレンチで下側(止水栓側)の袋ナットを外します。次に上側の袋ナットを外します。上側(水栓側)の袋ナット付近はとても狭いため専用の工具が必要です。立形金具しめつけ工具で外します。

 

Kパパ

台付水栓の交換には立形金具しめつけ工具が必ず必要です。時間をかけて悪戦苦闘が苦でなければ、モンキーなどで外せるかもしれませんが、投げ出したくなるくらいに圧倒的に作業効率が悪いです。

 

メッキのパイプが使用されている場合は、上側は水栓本体に差し込んであるので、下側のツバを止水栓からズラして下に引っ張ると外れます。

↓こちらの記事を参考にしてください。

 

 

追記: 交換する時の注意点を別記事にしました。

 

 

洗面台の下はスペースが無く作業はし辛いですが、立形金具しめつけ工具の溝に、袋ナットをしっかりと合わせて外しましょう。※写真はフレキ管です。

 

洗面台水栓の交換と道具

 

古い水栓本体を外す

立形金具しめつけ工具で、本体の締め付けナットを下から見て反時計回りに外します。両方外れたら座金とパッキンも外します。固着して外れない場合は、水栓本体を左右に動かしながら引き上げると外れます。

 

洗面台水栓の交換と道具

 

Kパパ

袋ナットと締め付けナットのサイズは違います。写真では立形金具しめつけ工具のセットを使用しているので、先端パーツを交換して外しています。

 

 

洗面台水栓の交換と道具

 

本体を外したら洗面台の汚れをキレイに拭き取ります。

 

スポンサーリンク

 

新しい水栓を取り付ける

水栓本体を二つの穴に差し込みます。パッキン→座金→締め付けナットの順に取り付けて締め付けます。

締め付けはお湯側と水側を交互に、本体底のウレタンシートがズレないように、本体の位置が斜めにならないように、左右の位置を確認しながらバランス良く締め付けます。

 

洗面台水栓の交換と道具

 

洗面台水栓の交換と道具

 

洗面台水栓の交換と道具

 

給水管と給湯管を取り付ける

メッキのパイプは外す時に変形してしまったり、寸法が合わなくなったりする場合があるので、もしもメッキのパイプが使われていたら、新しくフレキ管に交換することをオススメします。フレキとはフレキシブルの略で、その名のとおり柔軟性があるので、自由に曲げて使うことができます。

メッキのパイプよりも10cmくらい長いフレキ管を用意しましょう。多少長いほうが自由に曲げることができて合わせやすいです。フレキ管はホームセンターで購入できます。口径は13mmです。

 

先に作業し辛い上側の袋ナットを仮締めしてから下側を締めると作業しやすいです。

パッキンにはお湯用と水用があります。こちらの記事をご覧ください。

 

 

Kパパ

上下の袋ナットを本締めするときにフレキ管が一緒に動いてしまうことがあります。動いてしまうと締め付けた袋ナットが緩んでしまうことがあります。最後に上下しっかり締まっているか確認しましょう。

 

取り付け終わったら

取りけが完了したら止水栓を開けます。フレキ管の袋ナット4箇所、止水栓のハンドルの根元など、水漏れが無いか確認しましょう。後からジワジワ漏れてくることがあるので、最低でも5分くらい置いて確認します。もし、止水栓から水漏れしていたら、止水栓の袋ナットを時計回りに増し締めします。

それでも止まらない場合は、止水栓の上部パッキンを交換します。

 


以上、洗面台の2ハンドル混合水栓の交換でしてた。

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ