スポンサーリンク

洗面台の2ハンドル混合水栓の交換についてです。シングルレバー式の混合水栓は、本体の取り付け方は同じですが、別に逆止弁という部品の取り付けがあります。

これはまた別の機会に説明します。

給水管と給湯管を取り外す

止水栓を閉める

時計回りに閉めます。固着して回らないときはこちらの記事をご覧ください。

>>自分で直す!止水栓が固くて回らない

給水管と給湯管を取り外す

水栓や管の内部に残っている水が溢れますので、下に小さな洗面器などの水受けを置くか、ウエスを敷きます。

モンキーレンチで止水栓側の袋ナットを外します。上部の袋ナットはモンキーを使うスペースが無いため、立形金具しめつけ工具で外します。

洗面台の水栓の交換には、立形金具しめつけ工具は絶対に必要な道具ですので必ず用意します。

上側は水栓本体に差し込んであるので、下側のツバをズラして下に引っ張ると外れます。

↓こちらの記事を参考にしてください。

>>洗面台給水管と給湯管の水漏れを修理する方法

追記: 注意点を別記事にしました。

>>【重要!】混合水栓や止水栓の交換で一番気を付けること

※洗面台の下はスペースが無く作業はし辛いですが、立形金具しめつけ工具の溝に、袋ナットをしっかりと合わせて外しましょう。

※フレキ管の場合は、上下の袋ナットを外せばOKです。写真はフレキ管です。

 

古い水栓本体を外す

立形金具しめつけ工具で、本体の取り付けナットを下から見て反時計回りに外します。

両方外れたら座金とパッキンも外します。

固着して外れない場合は、水栓本体を左右に動かしながら引き上げると外れます。

本体を外したら取り付けてあった箇所の汚れをキレイに拭き取ります。

 

スポンサーリンク

新しい水栓を取り付ける

下側にパッキン→座金→しめつけナットの順に取り付けて締め付けます。

締め付けはお湯と水を交互に、本体の底にあるウレタンシートがズレないように、本体の位置が斜めにならないように、左右の位置を確認しながらバランス良く締め付けます。

給水管と給湯管を取り付ける

フレキ管の場合は、先に作業し辛い上側の袋ナットを締めてから、最後に両手で合わせやすい下側を締めると作業しやすいですよ。

取り付け終わったら

止水栓を開けます。水漏れが無いか確認しましょう。

後からジワジワ漏れてくることがあるので、最低でも5分くらい置いてみて確認します。

もし、止水栓から水漏れしていたら、止水栓の袋ナットを時計回りに増し締めします。

それでも止まらない場合は、止水栓の上部パッキンを交換します。

 


以上、洗面台の2ハンドル混合水栓の交換でしてた。

スポンサーリンク