洗面台混合水栓交換

洗面台

解決!洗面台蛇口のパッキン交換と水がポタポタ漏れる他の原因と直し方

投稿日:2016年4月10日 更新日:

 

どんな蛇口でも経年劣化によりパッキンはダメになります。パッキンは消耗品ですからね。また、水が止まらなくなるのは、パッキンの劣化だけが原因ではありません。新しく本体やパッキンを交換したばかりなのに、水がポタポタと、止まらなくなることがあります。

 

 

洗面台2ハンドル混合水栓のパッキン交換

 

2種類の水栓の写真が入り混じっています。ご了承下さい。

 

洗面台の蛇口水漏れ

 

洗面台水栓の水漏れは、ハンドルを開閉すると根元から漏れたり、ハンドルを閉めてもポタポタと止まらない症状です。

 

止水栓を閉める

 

洗面台水栓の水漏れ

 

洗面台下の止水栓を時計回りに閉めます。お湯側と水側の両方を閉めます。

 

ハンドルを外す

 

洗面台水栓の水漏れ

 

爪で外せないようなキャップは、O(オー)リングピッカーがあると便利です。お湯側と水側のキャップを外します。

 

洗面台水栓の水漏れ

 

プラスドライバーでビスを左に回して外します。プラスドライバーは、ネジの溝に合ったものを使います。

 

ココがポイント

古い水栓だとネジの頭の溝がナメてしまうことがありますので、#2のプラスドライバーで「押す力7、回す力3」で外します。

 

もしもネジの頭の溝が潰れてしまったり、ネジは外れたけどハンドルが固着して外せないときは、こちらの記事をご覧ください。

ナメたネジ
解決!水栓の水漏れ修理でネジの頭がナメたときの対処方法

続きを見る

蛇口のハンドル外せない
水栓の水漏れを修理したいのにハンドルが固くて外せない時の対処方法

続きを見る

 

洗面台の型により、壁に取り付けてある鏡が邪魔で、ハンドルのネジが外せない場合があります。もしも鏡が邪魔で外せない場合は、こちらの記事をご覧ください。

洗面台水栓のネジを外す
これで解決!鏡が邪魔で外せない、洗面台水栓のネジを外すには

続きを見る

 

袋ナットを外す

 

洗面台水栓の水漏れ

 

ハンドルを外すと矢印の箇所からダラダラと漏れ続けていました。かなり前から漏れていたようで、かなり黒い水垢が付着しています。写真の袋ナットのタイプは角が無いタイプです。モンキーレンチは使えないので、カランプライヤーやウォーターポンププライヤーで、反時計回りに外します。

 

洗面台水栓の水漏れ

 

角のある袋ナットの場合は、モンキーレンチで外します。傷が付かないように、ウォーターポンププライヤーなどは使わずに、モンキーレンチを使用しましょう。

 

コマパッキンを取り出す

 

洗面台水栓の水漏れ

 

スピンドルを左に回して外し、コマパッキンを取り出します。カランプライヤーは先端がコマを掴むようになっているので、とても便利ですよ!

 

洗面台水栓の水漏れ

 

袋ナットを外してスピンドルを反時計回りに外すと、コマパッキンがくっついて外れることがあります。プライヤーで掴んで回し引っ張ると外れます。写真の箇所に上部パッキンがありますので、袋ナットを外して、上部パッキンも外します。

 

 

水が漏れる一般的な原因

 

ハンドルを閉めても、いつまでもポタポタと止まらない原因は、コマパッキンの劣化が原因です。ハンドルを開閉すると根元から水漏れするのは、上部パッキンの劣化が原因ですが、袋ナットが緩んで漏れることもあります。

 

コマパッキンが劣化していないのに漏れる原因

 

洗面台水栓の水漏れ

洗面台水栓の水漏れ

 

上の2枚の写真はまだ新しい水栓なのに、水がポタポタと止まらなくなった原因の写真です。コマパッキンは新品なのに、よく見ると細かい錆が突き刺さっています。水栓本体の内部を見ると、錆の塊があるのが分かります。大きい錆の塊があれば、ピンセットなどで取り除きます。

[st-kaiwa-4714]古い水道管内部のサビが剥がれて起こることなので、このような症状は古い水栓でも、もちろん起こり得ることです。[/st-kaiwa-4714]

 

全てのパッキンを交換する

 

水側、お湯側、それぞれだけが漏れている場合でも、同じように劣化しているので、それぞれの全てのパッキンを交換しましょう。この時にスピンドルに付着した汚れもキレイに拭き取りましょう。

 

通水してサビを出す

 

サビが原因だった場合は、まだ内部に細かいサビがあるので、止水栓を開けたらハンドルを開いて、細かい錆を水の勢いで出します。水が跳ねるので、調節しながら可能な限り全開にします。

排水に栓をしながら水を出すと、排出された細かい錆が確認できると思います。

 

スピンドルに水栓グリスを塗布する

 

古い水栓だと、ハンドルの動きが悪くないですか?キューキューと嫌な音がしませんか?そんな時はスピンドルに水栓シリコングリスを塗布します。ハンドルの開閉が見違えるようにスムーズになります。

水栓グリスについてはこちらの記事をご覧下さい。

水栓シリコングリス
水栓シリコングリスの使い方とプロが使用するグリス

続きを見る

 

袋ナットの締め具合

 

袋ナットはただ締めればいいというものではありません。プロと素人の差が出るところでもあります。「塩梅」という言葉がありますが、まさしくこの言葉がピッタリで、締めすぎず緩すぎず、「丁度よい塩梅」で締め付けます。

ココがポイント

締めすぎるとハンドルが固くなるし、緩いと水漏れを起こします。はじめから「丁度よい塩梅」が分かる人はいませんので、ハンドルをビスで固定する前に仮で取り付け、ハンドルのスムーズな動きと、水漏れの有無を確認しながら、丁度よいポイントを探しましょう。

 

まとめ

 

ある程度年数の経った建物ですと、水道管の内部は錆が出ています。何かの拍子に錆が剥がれると、この様な事になります。アパートやマンションなどで、しばらく空室になっていた場合などはよくあります。

ちなみに黒錆は人体には影響しないようですよ。

[st-kaiwa-4714]蛇口のパッキン交換は、水まわりメンテナンスの基本となるとても簡単な作業ですが、ネジの頭がナメたり、ハンドルが外れなかったりすると、手を付けなければよかったと嫌になることがあるかも知れません。でも、それぞれのトラブルには解決する方法が必ずありますので、諦めずにチャレンジしてみて下さい。[/st-kaiwa-4714]

Twitter
\この記事が役に立ったらフォローしよう!/


 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-洗面台
-

Copyright© かんたん!自分で直す水まわり , 2019 All Rights Reserved.