自分で直す!洗面台水栓の水漏れ(まだ新しい水栓)

こんにちはKパパです。

どんな蛇口でも経年劣化によりパッキンはダメになります。

パッキンは消耗品ですからね。また、水が止まらなくなるのは、パッキンの劣化だけが原因ではありません。新しく本体やパッキンを交換したばかりなのに、水がポタポタと、止まらなくなることがあります。

水漏れを直す

止水栓を閉める

洗面台下の止水栓右に回してを閉めます。お湯側と水側の両方を閉めます。

ハンドルを外す

ハンドルの化粧キャップをオーリングピッカーなどで外し、プラスドライバーでビスを左に回して外します。プラスドライバーは、ネジの溝に合ったものを使います。

袋ナットを外す

モンキーで左に回して外します。傷が付かないように、プライヤーなどは使わずに、モンキーを使用します。

コマパッキンを取り出す

スピンドルを左に回して外し、コマパッキンを取り出します。カランプライヤーは先端がコマを掴むようになっているので、とても便利ですよ!

スポンサーリンク

水が止まらない原因

コマパッキンは新品なのに、よく見ると細かい錆が突き刺さっています。水栓本体の内部を見ると、錆の塊があるのが分かります。大きい錆の塊があれば、ピンセットなどで取り除きます。

新しいコマパッキンを取り付けます。※古い水栓の場合は、上部パッキンも交換しますが、今回は新品なのでコマパッキンだけを交換しました。

部品を取り付けたら

まだ内部に細かい錆があるので、この時はまだハンドルを完全に閉めないようにします。

止水栓を開けたらハンドルを開いて、細かい錆を水の勢いで出します。水が跳ねるので、調節しながら可能な限り全開にします。

排水に栓をしながら水を出すと、排出された細かい錆が確認できると思います。

スポンサーリンク

まとめ

ある程度年数の経った建物ですと、水道管の内部は錆が出ています。

何かの拍子に錆が剥がれると、この様な事になります。

アパートやマンションなどで、しばらく空室になっていた場合などはよくあります。

ちなみに黒錆は人体には影響しないようですよ^^;

 

以上、まだ新しいのに水が止まらなくなってしまった、水漏れの修理と原因及び対処方のお話しでした。

スポンサーリンク
    

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ