洗面台混合水栓交換

洗面台

洗面台蛇口のパッキン交換と、水がポタポタ漏れる他の原因と直し方

投稿日:2016年4月10日 更新日:

どんな蛇口でも経年劣化によりパッキンはダメになります。パッキンは消耗品ですからね。また、水が止まらなくなるのは、パッキンの劣化だけが原因ではありません。新しく本体やパッキンを交換したばかりなのに、水がポタポタと、止まらなくなることがあります。

洗面台2ハンドル混合水栓のパッキン交換

2種類の水栓の写真が入り混じっています。ご了承下さい。

 

洗面台の蛇口水漏れ

 

洗面台水栓の水漏れは、ハンドルを開閉すると根元から漏れたり、ハンドルを閉めてもポタポタと止まらない症状です。

止水栓を閉める

洗面台水栓の水漏れ

 

洗面台下の止水栓を時計回りに閉めます。お湯側と水側の両方を閉めます。

 

ハンドルを外す

 

洗面台水栓の水漏れ

 

爪で外せないようなキャップは、O(オー)リングピッカーがあると便利です。お湯側と水側のキャップを外します。

 

洗面台水栓の水漏れ

 

プラスドライバーでビスを左に回して外します。プラスドライバーは、ネジの溝に合ったものを使います。

 

ココがポイント

古い水栓だとネジの頭の溝がナメてしまうことがありますので、#2のプラスドライバーで「押す力7、回す力3」で外します。

 

もしもネジの頭の溝が潰れてしまったり、ネジは外れたけどハンドルが固着して外せないときは、こちらの記事をご覧ください。

ナメたネジ
水栓の水漏れ修理でネジの頭がナメてしまったら

水栓の水漏れ修理でハンドルを外すときに、固定してあるビスのネジの頭がナメてしまい(ネジの頭の溝が潰れてしまうこと)、ネジを外すことができなくなってしまうことがよくあります。 ナメたネジを外すための道具 ...

続きを見る

蛇口のハンドル外せない
水栓の水漏れを修理したいのにハンドルが固くて外せない

水栓の水漏れは、長年に渡り水を供給し続けてくれた古いものに起こります。古ければ古いほど、あちこちにガタがきます。 そんな古い水栓、いざ水漏れを修理しようとすると、ハンドルが全く外れない、なんてことがよ ...

続きを見る

袋ナットを外す

 

洗面台水栓の水漏れ

 

ハンドルを外すと矢印の箇所からダラダラと漏れ続けていました。かなり前から漏れていたようで、かなり黒い水垢が付着しています。写真の袋ナットのタイプは角が無いタイプです。モンキーレンチは使えないので、カランプライヤーやウォーターポンププライヤーで、反時計回りに外します。

 

洗面台水栓の水漏れ

 

角のある袋ナットの場合は、モンキーレンチで外します。傷が付かないように、ウォーターポンププライヤーなどは使わずに、モンキーレンチを使用しましょう。

コマパッキンを取り出す

洗面台水栓の水漏れ

 

スピンドルを左に回して外し、コマパッキンを取り出します。カランプライヤーは先端がコマを掴むようになっているので、とても便利ですよ!

 

洗面台水栓の水漏れ

 

袋ナットを外してスピンドルを反時計回りに外すと、コマパッキンがくっついて外れることがあります。プライヤーで掴んで回し引っ張ると外れます。写真の箇所に上部パッキンがありますので、袋ナットを外して、上部パッキンも外します。

 

次のページへ >

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-洗面台
-

Copyright© かんたん!自分で直す水まわり , 2018 All Rights Reserved.