自分で直す!ウォーターハンマー 水撃作用

こんにちはKパパです。

今日はウォーターハンマー(水撃作用)のお話しです。ウォーターハンマーとは、蛇口のハンドルを閉めた時、シングルレバーを閉じた時、全自動洗濯機の給水が止まる時、トイレの給水が止まる時など、「ガツンッ!」とか「コンッ!」とか、トイレだと「コンッココココ…」と音がする現象です。

「大丈夫かな?これ?」と気になる音ですよね。

なぜ音がするのか?どうしたら直すことができるのか?自分で直すには?についてお話ししたいと思います。

 

ウォーターハンマーの原因

水道管内の水流を急に止水することにより、水の慣性で管内に衝撃と高い圧力が掛かる現象です。

壁内や床下の配管がしっかりと固定されていなかったり、固定されていても、壁に振動が伝わり衝撃音がします。

地域の水圧も影響することがあると思いますが、その地域それぞれの御宅で、全く音がしないという御宅もあるわけです。

スポンサーリンク

どうしたら衝撃音が無くなる?

まずは配管をしっかり固定したら?ということですが、床下なら潜ってホフク前進で進み、何とか配管を固定することができるかもしれませんが、基礎コンクリートによっては辿り着くことができない場合もあります。

壁裏はどうか?壁を壊すなんてことはできませんよね。大事になるしお金も掛ります。

そうすると、とりあえず水道メーターの元栓を絞って調整してみる、ということになります。

これで音は改善される場合もありますが、全体的に水量が少なくなってしまったり、給湯器が点火しなくなってしまったりすることもあります。

スポンサーリンク

ウォーターハンマーを自分で直す

お金を掛けずに直すなら、前述したとおり、先ずは水道メーターの元栓を絞ってみます。

各蛇口の水の出が問題なく、お湯も普通に使える状態で、音も消えたならそれでOKです。

だめだったら。水撃防止器というものがあります。

個人的にはこれを取り付けるのが一番オススメです。ウォーターハンマーの衝撃を吸収するしくみになっています。

洗濯機付近で音がするなら、洗濯機用水栓のスピンドルやコマパッキンを含めた、ハンドル一式を取り外し、水撃防止機を取り付けるだけです。

本体が持ち手になるので、通常のハンドルの様に使えます。洗面台やキッチン流し台、トイレ付近で音がする場合は、止水栓に取り付けます。

洗濯機水栓同様に取り付けるだけです。数千円で購入できますよ!

 

もし「コーン!!」という水撃音でお困りでしたら、ぜひ試してみてくださいね。解消されると思います。(^-^)

スポンサーリンク
    

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ