外桝の詰まりを直す

トイレ

これで解決!自分で直す!外桝の詰まり

投稿日:2016年4月7日 更新日:

 

トイレの詰まりには様々な原因があります。物を落としてしまったとか異物による便器の詰まり、物を落とさなくてもトイレットペーパーを大量に流してしまったり、便秘気味の大便やバリウムで固まった大便なども詰まってしまいます。また、便器から先の汚水管内の詰まりなどもあります。

今回は便器から先の汚水管や下水管、外桝の詰まりのお話しです。

家の裏側にある四角型や丸型のコンクリートのフタ、丸い塩ビのグレーのフタなど見たことがありますよね。これを桝と言います。

フタを開けて見てみると、流し台・風呂場・洗濯機・洗面器などの排水管、トイレの排水管などが合流して、道路地下の公共下水に流れる様が見て分かります。

トイレが完全に流れなくなってしまったり(時間が経つと少しずつ水が引いたり)、流した後にボコボコ音がした時に、この外桝のフタを開けてみると、桝の中が満水状態の場合があります。大元の排水管が詰まってしまい流れなくなってしまった状態です。

どうして詰まってしまうのか?

 

※かなりグロテスクなのでモザイクを掛けてあります。流れなくなってしまった汚物が満タン状態です。

外桝のつまり

 

 

外桝詰まりの原因

 

その1.木の根

 

コンクリート桝の場合、経年で浸食したコンクリートと塩ビパイプの隙間から、付近に植わっている木の根が侵入し内部で増殖してしまいます。

木にとっては最高の肥料ですからね。 びっくりするくらい、場合によっては何メートルもパイプの中に侵入し繁殖しています。

 

下水桝に木の根

 

外桝のつまり

 

外桝のつまり

 

外桝のつまり

その2.桝コンクリートの破損・土砂や砂利の流出

 

経年で浸食したコンクリートの隙間から水が少しずつ流れ出し水の道ができてしまいます。水の道ができてしまうと、桝の下の土が流されてしまい空洞になってしまいます。それによりコンクリートが割れて破損してしまうんです。

また、コンクリート桝の排水が流れる部分(インバート)は、「モルタル」と言ってセメントと砂だけを混ぜ合わせたもので作られているため、経年劣化で崩れてしまうことがあります。

※インバートは職人さんがコテを使って手作りで作成します。(丸いフタのコンクリート桝は最初からインバート付きもあります。)

 

外桝つまりの原因

 

外桝のつまり

 

更に大きな穴があくと、桝の周りの土砂や砕石が穴から流れ込んできます。流れ込んだ土砂や砕石は排水管内に堆積され、やがて汚物が引っかかり詰まってしまいます。上の写真で、パイプの下側の左右に穴が空いているのがわかりますか?隙間から水が流れ込み水の道ができてしまい、モルタルの下は殆ど空洞になっています。

バールなどで突けば、ボロボロと崩れてしまう状態です。

 

外桝のつまり

 

上の写真は排水管内に堆積した土砂や砕石を取り出したものです。埋設してある配管が破損して、そこから土砂や砕石が流入していました。バケツで3杯分ありましたが、既に流れてしまった土砂を入れたら、相当な量が流入したと思われます。

現場はアパートだったのですが、桝の回りはコンクリートで固められた通路になっていて、桝の回りのコンクリートの下は、おそらく空洞になってしまっているため、陥没して穴があいてしまう可能性があります。

 

その3.封水用の排水トラップが外れる

 

完全に差し込まれていなかったり、排水トラップ(エルボ)に溜まった汚れや水の重みで、抜けてしまい脱落してしまうことがあります。脱落したエルボが排水の通り道を塞ぎ、汚物やトイレットペーパーが詰まってしまいます。

 

外桝のつまり

 

その4.勾配不良

 

経年で地盤の変化などにより、メインの排水管の勾配が無くなってしまうことがあります。排水管の真ん中辺りがたるんでしまったり、傾斜がなくほぼ水平になってしまったり、桝自体が沈下していまい逆勾配になることもあります。

詰まっていない状態で桝のフタを開けてみて、桝の底に常時水が溜まっていたら、勾配に問題があります。

 

 

詰まりを自分で直す

 

詰まりの原因として、その1からその4までを上げましたが、その2については、残念ながら詰まりを解消すれば良いというレベルの話ではありません。また、その4については詰まりを解消するのは容易ですが、それぞれ、今後は同じことを繰り返さないように工事が必要です。プロに任せるしかありません。

ヤマちゃん
それ以外の原因では直すことは可能です。但し、見た目や臭いは強烈なものがありますので、そこをクリアできない方は厳しいかもしれません。

 

詰まっている箇所を特定する

 

まず始めにトイレに一番近い桝のフタを開けます。満水になっていると思います。そこから下流側に向かって順番に開けていき、水が溜まっていない桝を確認します。

例えば下流側3箇所目の桝に水が溜まっていなければ、2箇所目と3箇所目の間、又は2箇所目の桝で詰まっていることになります。

ココがポイント

汚物やペーパーがてんこ盛りになっている思いますが、あまり気にせずに「無」の状態になり、淡々と作業しましょう。

 

汚物の溜まりが浅く根っこが見えている場合

 

汚水の溜まりが浅く根っこが見えている状態なら、引き抜けば比較的かんたんに詰まりが抜けます。使う道具はケレン棒が最強です。下流側の配管付近を突いてみると、少しずつ水が抜けていきます。溜まっている水が流れ出したら、ホースで水道水をかけながらキレイにしましょう。根っこが完全に見えたら全て除去しましょう。

ケレン棒は先端がステンレスで鋭利になっているので、隙間から生えた根っこを切断することができますよ。

 

水分が無く汚物の塊になっている場合

 

かなり水分がこされて汚物の塊になってしまっている場合は、ホースを引っ張ってきて水でほぐしながら流します。詰まっている桝の上から水をかけても、却って溢れてしまうだけなので、下流側の詰まっていない桝から、入るところまでホースを差し込んで、蛇口を全開にします。原始的な方法ですが、長い竹の棒や細い塩ビパイプがあると、突きながら効率よく汚物を解すことができます。

水である程度きれいに掃除してから、細かい根っこを取り除きます。

 

満水又は満杯で状態が分からない場合

 

詰まっている大元の桝を特定したら、桝の中の下流側の配管付近を、ケレン帽で突いてみます。手元に伝わる感触で、コツコツという感触であれば外れたエルボ、ゴリゴリ?という感触であれば根っこ、ガリガリ・ゴツゴツ・ジャリジャリという感触であれば破損したモルタルが原因です。

根っこであれば排水管の穴を塞いでいるものをほぐすイメージでコジッてみます。多少でも水が引き始めたら、ホースで水をかけながら根気よく流していきます。水が引ききったら、あとはホースできれいに洗い根っこを取り除きます。

排水トラップが外れて落下し塞いでいるだけでしたら、ケレン帽の先でズラしてみれば一気に解消します。モルタルの破片でしたら、排水トラップと同様にします。

ココがポイント

因が根っこ、トラップ、モルタル破片の判断基準は、棒で突いてたときの感触でわかります。

 

まとめ

 

中々上手くいかなくても大丈夫です。構造は単純ですから、ただ根っこや異物が塞いでいるだけです。昔は高圧洗浄機はありませんから、下流側から竹の棒で突いたり、ホースを押し込んで勢いよく水を流したりしたようですよ。

もちろんこの原始的な手法は今でも通用します。構造をイメージすれば詰まりは抜けます。

Twitter
\この記事が役に立ったらフォローしよう!/

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-トイレ
-

Copyright© かんたん!自分で直す水まわり , 2019 All Rights Reserved.