水まわりの悪臭

こんにちはKパパです。

朝起きて洗面所で歯を磨きながら、爽やかな朝だな今日も一日頑張るぞー!と考えながら、前屈みになって口を濯ごうとすると、排水口がクッサ!!ということがありませんか?

それじゃなくても歯ブラシでオェオェってなるのに、臭いを嗅いで更にオェって(笑)

はたまた、歯磨き粉が無くなって、ストックしてある歯磨き粉を収納から取り出そうと扉を開けると、またまたクッサー!って(笑)

キッチンでも足元の収納扉を開けると臭いことありますよね(^^;;

長年の間に染み付いた、その家の独特なニオイはどうしようもありませんが、排水口からの臭いには原因があるし、悪臭を止めることもできますよ(^o^)

スポンサーリンク

排水口のしくみ

洗面台

足元の扉を開けると、ポリエチレン(PE)か、メッキ加工がしてある金属製のSの字のパイプがありますよね。

そこのS字のところに常に水が溜まり、その先の排水管から臭いや虫が上がってこないようになっています。

専門用語で封水と言います。

流し台

台所の流し台は足元の収納扉を開けても、Sの字になっていませんよね。

その代りに蛇バラのホースの上に、グレーのポリエチレン製の排水トラップが付いています。

ゴミ受けを外すと水が溜まっていますよね。その上にお椀を逆さにした様にカバーが付いていたり、ゴミ受け自体がカバーになったりして、封水されて臭いや虫が上がってこないようになっています。

洗濯機

洗濯機防水パンタイプは流し台同様に排水トラップで封水しています。

直接床に排水口があるタイプは二通りあります。単純に床に排水口だけがあるタイプと、排水口自体に小さなトラップが付いているタイプがあります。

排水口だけのタイプの封水については後でお話しします。

風呂場

洗濯機同様に排水トラップが付いているタイプと、排水口(目皿)だけのタイプがあります。

このタイプについても後でお話しします。

トイレ大便器

便器自体が大きなトラップになっています。

便器の中には、いつも水が溜まっていますよね。

排水口だけのタイプ

 

何処で封水しているのか?外にコンクリート製の四角や丸のフタがありますよね?

または塩ビ製の丸いフタ。ここを開けると、排水管内に水が溜まるようにパイプが上向きになっています。

これで封水されています。

 

スポンサーリンク

悪臭の原因

封水が切れる

毛細管現象⇒ドラップ内に髪の毛やゴミが溜まっていると、その髪の毛を伝わり、溜まっている水が吸い上げられてしまう。

吸い出し作用⇒集合住宅などの場合、上の階で大量の水を排水すると、空気が引っ張られてドラップ内の水も引っ張られてしまう。

防臭パッキンの経年劣化

洗面台や流し台の収納内の底板を見ると、排水ホースが差し込んであるところに丸いカバーがはめてありますよね。

そこを外すと床の排水口が見えます。

ホースを差し込んであるところにゴムのパッキンが付いています。

これが外れていたり、劣化で変形していたりすると、排水口から臭いが上がってきます。

先ほど説明した、外で封水している場合は、元からこのゴムが無い場合もあります。

 

以上、悪臭の原因についてでした。もちろん、これらも自分で直せますので、別に説明させて頂きますね!

 

 

スポンサーリンク
    

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ