トイレロータンクの排水弁部を交換する

こんにちはKパパです。

かなり古いタイプになりますが、INAXのカスカディーナという便器があります。

ロータンクが丸いダルマ型の便器です。

アパートなどでよく見るタイプですね。

このタイプに限るのですが、排水弁部の筒(オーバーフロー管)が根元から折れることが良くあります。

折れてしまうと水が流れっ放しになります。

今日はこのタイプの排水弁部本体の交換の話しですが、多少部品の形に違いはあれど、基本的な交換の仕方は他のタイプも同じです。で

も折れるのは、ほぼこのタイプだけなんですよね(^_^;)

スポンサーリンク

ロータンクを取り外す

先ずは止水栓を閉めてロータンク内の水を抜きます。

一般的なロータンクの取り外しは、INAXもTOTOも同じです。

左右の取り付けボルトのナットをラクラッチで外します。

こちらの記事を参考にしてください↓

便器とタンクの間からの水漏れを直す 密結パッキン

古い排水弁部を取り外す

レバーにつながっているフロート弁のチェーンを外します。

タンク底の裏側を見ると、大きな締め付けナットで固定されています。

このナットはメーカーや形の違いで金属製だったりプラスチック製だったりします。

固定されているのはこのナットだけですので交換は簡単です。

取り外すために使用する道具は、通常ですとモーターレンチで外しますが、このカスカディーナのタイプは、ナットが大きい上に角がないためモーターレンチでは外せません。

カランプライヤーでも掴めないことはないですが苦しいです。なので、パイプレンチで外しました。

反時計回りに外します。

パイプレンチの幅をしっかりと合わせ、締め付けナットに噛ませたら、ゆっくりと回せば簡単に外れます。

プラスチックに対して使用するので傷が付かないように、一発で決めましょう^^それほどヤワな部品ではないですけどね。

新しい排水弁部を取り付ける

交換部品の品番はTF-1890Cです。

一般のホームセンターなどでは手に入りませんので、ネットで購入することになります。

このタイプが折れることは、メーカーも承知していると思いますので、在庫が切れることは当分ないと思います。

排水弁部の取り付け位置は、オーバーフローの筒の部分が、ボールタップの浮き玉に当たらない位置で取り付けます。

元々取り付けてあった位置どおりに取り付ければ問題ないと思います。

ロータンクを便器に取り付ける

元どおりに取り付けるだけですが、左右のナットを本締めしてしまうと、ボールタップと給水管が微妙にズレてしまい、袋ナットが回らなくなってしまうことがあるので、左右の締め付けナットと給水管の袋ナットの三点をバランスよく締めます。

全て取り付け終わったら、止水栓を開き水漏れがないか確認して終了です。

カスカディーナ以外、交換する機会はあまりないと思いますが、参考にしてください。


以上、ロータンクの排水弁部の交換についてのお話しでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
    

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ