かなり古いタイプになりますが、INAXのカスカディーナという便器があります。ロータンクが丸いダルマ型の便器です。アパートやマンションなどでよく見るタイプですね。

このタイプに限るのですが、排水弁部の筒(オーバーフロー管)が根元から折れることが良くあります。

 

ロータンクの排水弁部交換

 

折れてしまうと水が流れっ放しになります。今日はこのタイプの排水弁部本体の交換の話しですが、多少部品の形に違いはあれど、基本的な交換の仕方は他のタイプも同じです。

ただ、折れるのはこのタイプだけなんですよね。

 

 

ロータンクを外す

先ずは止水栓を閉めてロータンク内の水を抜きます。一般的なロータンクの取り外しは、INAXもTOTOも同じです。左右の取り付けボルトのナットをラクラッチで外します。

こちらの記事を参考にしてください↓

 

 

折れた排水弁部を取り外す

レバーにつながっているフロート弁のチェーンを外します。タンク底の裏側を見ると、大きな締め付けナットで固定されています。このナットはメーカーや形式の違いで、金属やプラスチックがあります。

固定されているのはこのナットだけですので交換は簡単です。

取り外すために使用する道具は、通常ですとモーターレンチで外しますが、このカスカディーナのタイプは、ナットが大きい上に角がないためモーターレンチでは外せません。

カランプライヤーでも掴めないことはないですが苦しいです。なので、パイプレンチで外しました。反時計回りに外します。

 

ロータンクの排水弁部交換

 

Kパパ

パイプレンチの幅をしっかりと合わせ、締め付けナットに噛ませたら、ゆっくりと回せば簡単に外れます。

 

スポンサーリンク

 

 

新しい排水弁部を取り付ける

交換部品の品番はTF-1890Cです。一般のホームセンターなどでは手に入りませんので、ネット通販で購入することになります。

 

このタイプが折れることはメーカーも承知していると思われますので、在庫が切れることは当分ないと思います。排水弁部の取り付け位置は、オーバーフローの筒の部分が、ボールタップの浮き玉に当たらない位置で取り付けます。

元々取り付けてあった位置どおりに取り付ければ問題ありません。

レンチ機能でスライドさせてガンガン締め付けてしまうと、締め付けナットは材質が樹脂なので破損のおそれがあるため、挟んだらパイプレンチがズレないように、ゆっくり締めていきます。

力任せに思いっきり締め付けなければ、破損することはありません。

 

ロータンクの排水弁部交換ロータンクの排水弁部交換

 

ロータンクを便器に取り付ける

外したときと逆の手順で取り付けていきます。但し、左右の取付けボルトのナットを本締めしてしまうと、ボールタップと給水管が微妙にズレてしまい接続できなくなるので、左右の取付けボルトのナットと、給水管の袋ナットの三点をバランスよく締めます。

 

Kパパ

先に給水管とボールタップをつなぐ袋ナットを2~3ヤマ仮締めして行うと楽ですよ。

 

全て取り付け終わったら、止水栓を開き水漏れがないか確認して終了です。

 

交換するまでの応急処置

部品が届くまでの間、応急処置として折れた箇所の内側に短い銅管を差し込んで、継ぎ目のまわりをコーキングをする方法もありますが、このためだけに銅管やパイプカッターやコーキング剤を購入するのも大変なので、交換するまではバケツに水を汲んで流しましょう。少々面倒ですが一番無難な方法です。

止水栓は閉めてしまうので、ウォシュレットを使うときだけ開栓しましょう。

 

Kパパ

カスカディーナのタンク以外、交換する機会はあまりないと思いますが、参考にしてください。

 


以上、ロータンクの排水弁部の交換についてのお話しでした。

 

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ