トイレを流すと、いつまでもチョロチョロ止まらないということはないですか?

ボールタップフロートバルブに具合があるわけではないのに、いつまでもチョロチョロと止まらない状態。

朝の忙しい時間に入れ替わり立ち替わりトイレを使いたいのに、なかなか水が溜まらない。

タンクに水が溜まり切らないまま流してしまうと、水量不足でトイレが詰まることがあります。

そのままにせずに自分で直してみましょう。

スポンサーリンク

水が溜まりが悪い原因

他の水栓には異常が無く、トイレだけが水の出がおそい場合、まず疑うのがストレーナーです。

給水管とタンクをつなぐ袋ナットに、「ストレーナー」とステッカーが貼られてませんか?その内部には白いプラスチック枠の網がセットされています。

また、ボールタップにストレーナーが付いている場合もあります。

そこに水道管内の錆やゴミが詰まると、水の出が急激に悪くなります。

マンションなどの貯水槽を清掃した後、ポンプを再起動させた時などによく起こります。(戸建住宅でも起こります)

スポンサーリンク

トイレだけではないストレーナー

トイレ以外でも水まわりの器具には、ストレーナーが付いているものがたくさんあります。

浴室のサーモスタット付きの混合水栓、壁に着ける混合水栓の取付脚、全自動洗濯機の給水ホースを接続する箇所、温水洗浄便座(ウォシュレットなど)、水道メーターなど。

その器具だけ水の勢いが弱い時は、まずはストレーナーを見てみると良いですね。

これもストレーナーの一種でしょうか。

蛇口のノズルの先端に泡沫キャッブが付いている場合、ここにもよくゴミが溜まりますね。

ハンドルを開けてみて、水があちこちに飛び散る様に出る場合は、泡沫キャップが目詰まりしています。

追記>>洗濯機の水が出ない、水の出が悪い原因と対処

ストレーナーの掃除

必ず止水栓や水道メーターの元栓を閉めて作業します。

トイレの給水管は袋ナットを左に回して外し、ストレーナーを取り出し掃除します。

ストレーナーを挟んでいる2つのパッキンは交換しましょう。

その他水栓器具や家電製品は、メーカーや型式によりますので、付属の取扱説明書を見て作業してください。

ストレーナーを掃除すると、水の溜まりが見違えるように早くなりますよ。気分スッキリです。

以上、水まわりのストレーナーについてのお話しでした。

スポンサーリンク

関連コンテンツ