ボールタップ交換

トイレ

ボールタップとフロートバルブの交換 カクダイ サンエイ TOTO

投稿日:2016年4月13日 更新日:

水道使用量の検針で、「漏水の疑いがあります。」と言われたことはありませんか?メーターを見るとパイロットが僅かに回っている。まず最初に疑う場所はトイレです。

タンクのフタを開けて水が止まっていても、中心にある筒(排水弁部オーバーフロー)の上面すれすれまで水が溜まっている場合は、ボールタップ不具合による漏水の可能性が高いです。

水位が筒よりも低いのにチョロチョロと止まらない時は、フロートバルブの不具合が考えられます。どちらかが悪くなったら、同じように劣化しているので、両方交換した方が良いです。

ここではTOTO便器のボールタップとフロートバルブの交換のお話しです。ボールタップの交換はINAXも共通ですが、フロートバルブ(TOTOの呼称)の形や仕組みも違います。INAXについてはこちらの記事をご覧ください。

フロートゴム玉交換
INAXのフロート弁のフロートゴム玉を交換する

便器の中をよーく見ると、水が細い筋になっていつまでも止まらないことがあります。原因はボールタップかフロート弁の不良によるものです。 今回はINAXフロート弁のフロートゴム玉の交換についてです。 &nb ...

続きを見る

かんたんな作業なので、節約のために自分で直しましょうね!

古いボールタップとフロートバルブを取り外す

先にボールタップを取り外しておくと、フロートバルブの交換がしやすいです。

タンクの蓋を外す

ハンドル式止水栓

 

止水栓を時計回りに閉めます。今まで止水栓を回したことがないと、固くて回らないことが良くあります。その場合はまず、こちらの記事をご覧下さい。

止水栓が固い
自分で直す!止水栓が固くて回らない

止水栓とはトイレの給水管や洗面台の給水・給湯管に取り付けてある、その名のとおり水を止める栓のことですが、トイレタンクの水が何かの異常で出っぱなしになってしまったり、洗面台の下で給水管から水漏れしている ...

続きを見る

止水栓を閉めて水を止めたら、次に蓋を外します。

 

ココに注意

この時、手洗い管がプラスチック製の場合は、絶対に手洗い管を持ちながら作業しないで下さい。根元からスッポ抜けたり、折れたりすることがあります。金属製は大丈夫です。

 

 

ボールタップ交換

 

ボールタップと接続されているプラスチックの袋ナットを、反時計回りに回して外します。袋ナットではなくてゴムがはめてある場合は、ゴムを外します。

古いボールタップを取り外す

 

ボールタップ交換

 

片手でボールタップを押さえながら、袋ナットを反時計回りに外します。次にボールタップを固定している締め付けナットを外します。ボールタップを外して、タンクにパッキンが張り付いていたら、すべてキレイに除去します。

 

古いフロートバルブを取り外す

ボールタップ交換

 

TOTOのフロートバルブは、排水弁部の突起に2箇所引っ掛けるように取り付けてあります。ただ引っ張っぱるだけでは外れないので、ゴムの下側を45度上にずらすようにして外します。

Kpapa
古いフロートバルブを掴むと手が真っ黒になるので、軍手かゴム手袋をはめると手が汚れないで済みます。黒い汚れは石鹸でも落ちづらく、爪の間に入ると最悪です。特に女性の方はゴム手袋をした方が良いですね。

次のページへ >

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-トイレ
-

Copyright© かんたん!自分で直す水まわり , 2018 All Rights Reserved.