スポンサーリンク

今日は水まわりで使用される、蛇腹ホースのお話しです。

キッチン流し台や洗面台の足元扉を開けると、蛇腹のホースがありますよね?

キッチンはグレーの排水トラップに接続されているホースです。

洗面台は排水Sトラップの一部として、ポリエチレン製のパイプにのり付けされています。(全てポリエチレン製の排水Sトラップもあります。)

このホースを触ったことがありますか?硬くなっていないでしょうか?

通常劣化の進んでいないものは柔らかいんです。

排水ホース硬化による弊害

排水ホースが硬化してしまうと、色々と弊害が出る可能性があります。

収納内にあるため、出し入れで物がホースに当たってしまうと、簡単に亀裂が入ってしまったり、裂けてしまうことがあります。

また、硬化するとホース自体が縮んでしまいホースが引っ張られて、クリーンパッキン(防臭パッキン)が外れてしまいます。

 

クリーンパッキンが装着してあるのに悪臭がある場合は、排水ホースが硬化して縮んで防臭パッキンが外れているのが原因です。

悪臭だけにとどまらず、外れた隙間からゴキブリも進入します。(ーー;)

>>ゴキブリはどこから侵入するのか?気が付かない盲点 ゴキちゃんよグッバイ

ホースを触ってみて硬くなっていたら、交換した方が良いです。

排水ホースの交換

交換はなんてことはありません。ただホース根元を時計回りに回して外すだけです。(笑)

但し、重要な注意点があります。

注意

ホースが長過ぎると、床下排水管の曲がりの部分に、ホースの先端が当たってしまいます。
当たってしまうと先端を塞いでしまいますので、ゴミが溜まりやすくなり詰まりの原因になります。

必ず当たらないようにカットしましょう。

予断ですが、集合住宅などでキッチン・洗濯・風呂・洗面台の排水が繋がっており、通常はそれぞれ平面で枝分かれする様に配管するのですが、洗濯排水が真上からメインの排水管に接続してあったため、長い洗濯機のホースが縦にぶつかり塞いでしまい、上流側の流し台の排水が流れないということがありました。

スポンサーリンク

排水ホースの購入

ホームセンターで普通に手に入ります。

取付サイズは2種類です。長さは色々あります。

ご自宅に合うものを購入しましょう。洗面台の蛇腹の部品もあります。

以上、蛇腹の排水ホースのお話しでした。(^-^)

スポンサーリンク

関連コンテンツ