排水ホース交換

かんたん!流し台の排水ホース水漏れで交換する方法

2016年4月19日

 

キッチン流し台の収納扉を開けると、排水トラップの下にグレーのジャバラホースが接続されています。マンションなどは塩ビ管で直結されていますが、戸建住宅やアパートなどでは必ず使用されています。

このホースをちょっと掴んでみてください。弾力が無くカチカチに硬くなっていないでしょうか?通常、劣化していないものは柔らかいのですが、経年劣化が進むとカチカチに硬化してしまいます。

 

 

排水ホース硬化による弊害

 

経年劣化で排水ホースが硬化してしまうと、色々とトラブルが発生する可能性があります。収納スペースにあるため、フライパンや鍋などがホースに当たってしまうと、硬化したホースに亀裂が入ってしまったり、裂けてしまうことがあります。亀裂が入ったり裂けてしまったりすれば、当然、水漏れするようになります。

また、硬化するとホース自体が縮んでしまい、排水管にはめてあるクリーンパッキン(防臭パッキン)が外れて、悪臭の原因にもなります。見た目にはクリーンパッキンが装着してあるように見えても臭いがする場合は、排水ホースが硬化して縮んでクリーンパッキンが外れているのが原因です。悪臭だけにとどまらず、外れた隙間からゴキブリも進入します。

クリーンパッキン(防臭パッキン)を取り付け直せば悪臭は解決するのですが、排水ホースが劣化していれば、クリーンパッキン(防臭パッキン)も同じように硬化していることが多く、無理にはめ直そうとすると、ホースが簡単に千切れてしまいます。

 

 

キッチン排水ホース交換

 

ホースを触ってみて硬くなっていたら交換しましょう。

 

 

排水ホースの交換

 

古い排水ホースを外す

 

まず始めに排水管からホースを引き出します。おそらくヘドロや油汚れがかなり付着していますので、収納してある物を移動させてから引き出しましょう。次にホースを時計回りに回して外すのですが、ホースが長いままだと汚れを気にしながら外すのは大変なので、外す前にホースを根元からハサミで切断した方が作業がしやすいです。おうちゃくして長い状態のままで外そうとすると、そこらじゅうベトベトに汚れます。

114mmや115mmの小さな排水トラップに接続してある場合、排水ホースのナットが固着していると、排水トラップごと一緒に回ってしまうことがあります。少しでも回ってしまうと水漏れの原因になりますので、排水トラップを片手で押さえながら外します。

 

ココに注意

トラップ内に水が溜まったままだと、ホースを外した時に水がボタボタとこぼれますので、外す前にトラップ内の水を雑巾などで吸い出してから作業しましょう

 

一連の作業で万一排水トラップが一緒に回ってしまった場合は、こちらの記事を参考に排水トラップを締め付け直してください。

流し排水水漏れ
解決!キッチン流し台排水トラップの水漏れと寸法

  今回は流し台の排水トラップからの水漏れについてお話しします。キッチンの排水トラップのサイズは、シンクの大きさやメーカーの仕様により様々な寸法があります。一見、同じような大きさに見えても数 ...

続きを見る

 

新しい排水ホースを取り付ける

 

排水ホース交換

 

新しい排水ホースを取り付ける時は、はじめに排水プレートをホースに通し、次にクリーンパッキンを通します。実際にホースを排水管に差し込んでみて、クリーンパッキンがどの位置にくるのかを確認します。クリーンパッキンをジャバラに通すときは、少し上の方まで通して、下げながら調整した方が、排水管にピッタリとはめやすいです。

 

ココに注意

後からジャバラホースを差し込もうとしても、ジャバラホースがクリーンパッキンの硬さに負けてしまい、とてもやりづらいです。

 

洗面台のトラップ用ジャバラ交換

 

ココがポイント

ホースが長過ぎると、床下排水管の曲がりの部分に、ホースの先端が当たってしまいます。当たってしまうと先端を塞いでしまいますので、ゴミが溜まりやすくなり詰まりの原因になります。必ず当たらないように切断しましょう。

 

排水ホース接続ナットの種類

 

排水ホースにはナットが回転するユニオンナットタイプ、ナットがホースに糊付け固定されているタイプ、差し込み式でバンドで固定するタイプの3種類があります。ここではナットタイプの2種類について説明します。

 

ナットが回転するユニオンナットタイプ

 

 

キッチン排水ホース交換

 

上の写真ではちょっと分かり辛いのですが、ナットだけが回転するタイプです。Y字の二股ホースは必ずこのタイプです。先にホースを差し込んで、ホースが一緒に回転しないので、クリーンパッキンを固定したあとに締め付けられるのでとても便利です。

 

ナットがホースに糊付けしてあるタイプ

 

 

排水ホース交換

 

ホースと一緒にねじ込むタイプです。ナットとホースは接着剤で糊付けされているので、取り付ける時はホースも一緒に回転します。ナットを締め付けた後に排水管に差し込むので、クリーンパッキンの位置の調整が少々面倒です。

 

排水ホースのサイズ

 

取付サイズは2種類です。呼び径40と50です。ホースの長さは色々ありますので、流し台に合うものを購入しましょう。ホームセンターに行く前に、取り付けのサイズとホースの長さを確認しましょう。40と50の兼用タイプもあります。

 

Twitter
\この記事が役に立ったらフォローしよう!/


 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-台所
-

© 2020 かんたん!自分で直す水まわり