フロートバルブの交換方法

トイレ

これで解決!サンエイのロータンクゴムフロート交換方法と困った時の対処法

トイレの水がチョロチョロと止まらない原因でよくあるのが、タンクのレバーと連動したバルブの不具合です。経年劣化によって変形したり摩耗したりして、接地面にできた隙間から漏れてしまうんです。このバルブはメーカーによって部品名や形が違います。TOTOではフロートバルブ、INAX(現在はLixil)ではフロートゴム玉という部品名です。ここではTOTOタイプのフロートバルブの交換方法と、たまにブチ当たる困った時の対処法を説明します。

INAX フロートゴム玉の交換方法の記事はこちらを御覧ください。

フロートゴム玉交換
かんたん!INAXのフロート弁のフロートゴム玉を交換する方法

続きを見る

 

 

TOTOタイプのフロートバルブとは

 

フロートバルブの交換方法

 

TOTOタイプのフロートバルブとは上の写真のようなタイプです。レバーと連動して上下するバルブです。最近のバルブはもっと複雑な形をしています。ここで説明するのは、写真のような古いタイプのフロートバルブです。他にジャニスというメーカーの古いタイプのロータンクにも、このタイプのバルブが付いています。ちなみにジャニスでの呼び名は排水器具用フロートゴムと言います。

 

万能タイプのSANEIロータンクゴムフロート

 

ボールタップ交換

 

▲TOTOタイプのバルブを交換する場合は、SANEIのロータンクゴムフロートが便利です。万能タイプのゴムフロートで、TOTO、ジャニス、アサヒ、KVK、YUKO、MYM、SANEIなど、INAX以外のメーカーに取り付けることができます。

 

 

出典Amazon商品ページより

 

▲各メーカーに対応できるように、4とおりの穴が開いています。写真の2と3の穴は薄いゴムで塞がっていますが、あらかじめ凹みがあるので、カッターなどで簡単に穴を開けることができます。

 

 

ロータンクゴムフロートの交換方法

 

step
1
止水栓を閉める

フロートバルブの交換方法

 

ドライバー式止水栓(ハンドル止水栓は手で)をマイナスドライバーで時計回りに閉めます。あまり開閉したことがないと、高い確率で固着しています。ドライバーで閉めようとしても、固くて回せない時はこちらの記事を御覧ください。

 

止水栓が固い
【解決!】自分で直す!止水栓が固くて回らない|直す方法

続きを見る

 

 

step
2
タンクの水を流す

フロートバルブの交換方法

 

レバーハンドルを動かして、タンクの水をカラにします。

 

 

step
3

フロートバルブの交換方法

▲ボールタップも交換したので外してありますが、フロートバルブのみでは外さなくても大丈夫です。

 

レバーにつながった鎖とフロートバルブを外します。経年劣化したフロートバルブは、素手で触ると真っ黒になっていしまい、爪の間に汚れが入ってしまうと、石鹸でも汚れが落ちづらいので、薄いゴム手袋などを手にはめて作業した方が良いです。(私は気にしないで素手でやってしまいますが)

フロートバルブは排水弁のツメに引っ掛けてあるだけなので、斜め上45度の方向に、下側からめくるようにすると簡単に外れます。

 

主婦さん
外したフロートバルブをその辺に置くと、黒い汚れが付着して落ちなくなりますよ!鎖を見落ちながらゴミ袋に捨てましょうね!

 

step
4
新しいロータンクゴムフロートを取り付ける

フロートバルブの交換方法

 

各メーカーの適合した取り付け穴に、排水弁のツメを引っ掛けます。次に鎖をレバーに接続します。この時、鎖の長さは写真を参考にしてください。鎖をピンと張り過ぎるとバルブが完全に閉まらなくなります。逆にたるむほど遊びが多いと、レバーを動かしてもバルブが開きません。

 

鎖を接続したら作業は終了です。止水栓を反時計回りに開いて水を張り、正常に作動するかを確認しましょう。

 

困った時の対処法

 

 

フロートバルブの交換方法

 

step3交換前とstep4交換後の写真を見て、排水弁の向きが変わっていることに気が付いた方はいますでしょうか。交換前は排水弁の筒がタンクの壁に近いですよね。この状態でロータンクゴムフロートを適合する穴に取り付けても、タンクの壁に当たってしまい正常に作動しません。それ以前に、取り付けることができないことがあります。

このような場合は排水弁の位置をずらす必要があります。

 

フロートバルブの交換方法

 

 

隅付きロータンクの場合は、排水弁を固定しているナットと、洗浄管の袋ナットを時計まわりに緩めます。完全に外す必要はありません。2つのナットを緩めたら、タンク内の排水弁の位置をずらします。ずらし加減はstep4の写真を参考にしてください。位置を決めたらタンク内の排水弁がズレないように手で押さえ、緩めたナットを締め付けます。

 

ヤマちゃん
排水弁を押さえる時は、筒を掴んでナットを回すと、根元からポキっと折れることがあるので、底の部分を押さえましょう。

 

2つのナットを締め付けたら、止水栓を開けて水を張り、水漏れがないか確認しましょう。背負式ロータンクの場合は、ロータンクを外さないと排水弁の位置をかえることができません。こちらの記事を参考にしてください。

トイレ水漏れ密結パッキン
解決!便器とタンクの間からの水漏れを直す|部品名は密結パッキン

続きを見る

 

以上、SANEI ロータンクゴムフロートの交換方法と困った時の対処法でした。

 

関連コンテンツ

-トイレ
-

Copyright© かんたん!自分で直す水まわり , 2020 All Rights Reserved.