先日、トイレの詰まりの原因をお話ししましたが、もう一点原因の補足をさせて頂きます。

節約のつもりが無駄使いになる

 

テレビや新聞記事などでよく紹介されていますが、節約のためにタンクの中にペットボトルを入れるのは望ましくありません。

それぞれの便器では、排水するために必要な水量というのが決まっています。

タンクのフタを開けると、真ん中に筒状の弁がありますよね。その筒にはWLと線が記されています。

ペットボトルを沈めることによって、その必要な水量が減ってしまいます。

結果、トイレが詰まりやすくなってしまいます。
余計なものは入れない方が無難ですね。あと、たまに見かけますが、タンク内の弁の上にオモリを取り付けてある場合があります。これはホームセンターで売っている節水用のオモリです。
レバーを引き上げると、オモリの重みですぐに弁が閉じるようになっているのですが、これも節約なんでしょうけど、ペットボトル以上に水量不足になります。

スポンサーリンク

補助給水が外れている

これはサイフォン式の便器でよくあるパターンです。

サイフォン式とは水のサイフォン作用で、汚物を吸い込む様に排水するタイプの便器です。

サイフォン作用を起こすには、便器の中には一定の水量が溜まってなくてはいけません。

サイフォン式の便器の場合、必要な水量を確保するために、タンク内のボールタップから直接便器内に給水するための、細いチューブが付いています。

透明のビニールタイプだったり、黒いゴムのタイプだったりします。

これが何かの拍子に外れていることがあり、必要な水量が確保できずに詰まってしまうことがあります。

普段から詰まりやすいサイフォン式便器は、けっこうこれが当てはまります。

スポンサーリンク

小で流す

これもよくあるパターンです。

タンクによってはレバーに「大」と「小」がありますよね。

女性でも「小」で流すという方がいますが、トイレットペーパーを使用したら「大」で流した方が良いです。

「小」はあくまでも男性用に限定した方が無難ですね。

 

このご時世、やっぱり節約はしたいですが、かえって高くつくと言うこともありますので、他のところで節約しましょうね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ