便器とタンクの間からの水漏れを直す 密結パッキン

こんにちはKパパです。

トイレを流した時に、便器とタンクの間から水漏れすることがあります。

ジャバジャバと目に見えて漏れる場合、漏れた水が便器を伝わってジワジワと床に広がる場合などがあります。

便器とロータンクは二本のボルトで固定されていますが、間に大きなパッキンが挟んであります。

密結排水パッキンと言います。

これが劣化すると水漏れの現任になります。

ロータンクの型式により、密結パッキンのサイズは38mmか51mmになります。

スポンサーリンク

ロータンクを外す

止水栓を閉めて、ロータンクのフタを外します。

手洗い管が袋ナットで接続してある場合は、袋ナットを反時計回りに外します。

ゴムが差し込んであるだけの場合はゴムを外します。

ロータンク内部の水を抜きます。

レバーで排水した後に残っている水は、ウエスなどで拭き取ります。

ロータンクに接続してある給水管の袋ナットを、反時計回りに外します。

ロータンクの底にある二本のボルトのナットを、底から見て反時計回り(上から見た感覚だと時計回り)にモンキーで外します。

ロータンクは衝撃を与えると破損してしまう可能性があるので、バスタオルなどを敷いてその上で作業すると良いと思います。

スポンサーリンク

密結パッキンを交換する

古い密結パッキンを取り外します。普通に外せますが、経年劣化の進んだパッキンですど、写真の様に張り付いてしまいます。

マイナスドライバーなどである程度キレイにして、新しい密結パッキンをはめます。

ロータンクを取り付ける

ロータンクの二本の取り付けるボルトを、便器の穴の位置に合わせて、そっと置きます。

ロータンクの取り付けボルトのナットを、先に本締めしてしまうと、給水管の位置とズレてしまい、袋ナットが閉まらなくなってしまうことがあるため、取り付けボルトのナット二箇所と、給水管の袋ナット一箇所の三点をバランス良く締めていきます。

※給水管のパッキンは必ず交換しましょう。水漏れの原因になります。

ロータンクを軽く押してみて、グラつきが無ければOKです。

ロータンクのフタを取り付けて、止水栓を開けて排水テストします。最後に水漏れが無いか確認して終了です。

 

以上、便器とロータンクの間にある、密結パッキンの交換のお話しでした。(^O^)

スポンサーリンク
    

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ