お宅の洗面台の流れはどうですか?気持ち良く吸い込む音を立てて流れていますか?

洗面器内の水をの引きが悪いのは詰まっているからです。当たり前ですね。

 

Kパパ

以前、排水の悪臭についてお話しした時にも触れましたが、今回は洗面台の排水詰まりについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

洗面器の流れが悪い原因を特定する

洗面器の排水が悪くなる原因は、大きく分けて二つあります。

一つ目は洗面台の収納室内にある、排水Sトラップまたは排水Pトラップの詰まりです。

SとPの違いは、Sが床排水のタイプ、Pは壁排水のタイプです。

二つ目は排水トラップより先の排水管の詰まりです。

どちらが原因か見極める方法を説明します。

一晩使用しない状態で流してみて、水が直ぐに上がってくるような場合は、詰まっている箇所は近く、排水SまたはPトラップで詰まっています。

しばらく流してみて流れが悪くなる場合は、排水管の方で詰まっています。

洗面台の排水詰まりの場合、ほとんどが排水トラップでの詰まりが多いです。

稀に、その家庭で使用している洗剤?薬品?などの影響で、排水管内に黒いゼラチン状?の塊が詰まることがあります。

今回は排水トラップで詰まっている場合のお話です。

 

 

排水Sトラップを取り外す(ゴム栓式)

ゴム栓式の洗面台の場合は簡単に取り外すことができます。

その方法はこちらの記事をご覧ください。

 

 

排水Sトラップ(ポップアップ式)を取り外す

洗面台の水栓や洗面器の上部にレバーが付いていて、排水栓を上下させるタイプをポップアップ式といいます。

このタイプの場合、管の曲がりの箇所以外に、ポップアップのアームの部分に髪の毛が引っ掛かっている場合が多いです。

洗面台の前に座り、排水トラップの裏側に手を回すと、水平に突き出たアームがあります。 仕組みは単純です。レバーに連動してアームが上下し、排水栓を開閉させる仕組みです。

このアームが排水管内を横切っているため、そこに髪の毛が引っ掛かります。

 

洗面台ポップアップ式排水栓の外し方洗面台ポップアップ式排水栓の外し方

 

 

レバー棒を外す

縦のレバーの棒と水平のアームは洗濯バサミのような部品と上下のピンで固定されています。上下のピンを外して洗濯バサミのように指で抑えると、 レバー棒を引き抜く事ができます。

ピンが差し込んである穴の位置をメモしておきましょう。取り付けがスムーズにできます。

アームを外す

アームの根元に金属のキャップがあります。このキャップを外すとアームを引き抜くことができます。 キャップは洗面台を正面に見た場合は、向かって時計回りに回して外します。(裏側から見た場合は、当たり前ですが反時計回りということになります)

アームを引き抜くと、排水栓が下がり、外し辛くなるので、上がった状態の排水栓を手で押さえながら、アームを引き抜きましょう。排水栓も外しましょう。

 

スポンサーリンク

 

排水トラップを取り外す

先ほどのこの記事を参考にしてください。

 

 

全て外したら内部のゴミを除去して、全てのパーツをきれいに洗いましょう。

 

元どおりに取り付ける

洗面台ポップアップ式排水栓の外し方

 

ポップアップは仕組みは単純ですが、取り付けは簡単ですけど、ほんのちょっと面倒です。 私は左利きなので、左利きでの説明です。右利きの方はその逆で理解して下さい。

右手で排水栓を持って、左手でアームを持ちます。排水栓の穴の部分を正面に向けて排水口に差込み、この穴に手探りでアームを差込みます。

排水栓を引っ張ってみて、アームに引っ掛かれは成功です。抜けてしまったらやり直しましょう。 ちょっと面倒というのはこれです。手探りなので一発では入らないかもしれません。

アームを差し込んだらキャップを締めます。縦のレバー棒の穴にピンを通して、アームと接続します。

アームのキャップを強く締め過ぎると、レバーの動きが固くなります。かと言って緩いと水漏れするので、レバーのスムーズな動きと、水漏れしない、丁度良い塩梅に締めます。

トラップ部の取り付けはこちらの記事を参考して下さい。

 

 

 

まとめ

洗面台回りには小物が多いですよね。気が付かないうちに落ちてしまうことは良くあります。そこに髪の毛が引っ掛かり、流れが悪くなるとヘドロが溜まっていきます。

メッキしてある金属の排水トラップだと、ピン留めなどの金属が入ってそのままにしていると、パイプのUの字の底に穴が開いてしまうことがあります。

流れが悪いと感じたら、自分で外して直してみましょうね!

 

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ