スポンサーリンク

今日は便器に異物を流してしまったときの便器脱着のお話しです。便器脱着となると素人には無理では?水道屋さんじゃないと無理じゃない?と思いますよね。

でも、取り付けてある仕組みが分かれば、意外とできるもんです。

小さな蛇口のパッキン交換が、大きな、ちょっと重い便器に変わっただけの話しです。物は大きいですがプラモデルよりもかんたんです。

洋式大便器 背負い式ロータンクタイプ

背負式ロータンクとは、ごく一般的な背中側にタンクが付いた洋式代便器のことです。

便器の外し方

 

タンクを取り外す

止水栓を閉める

便器の外し方

 

止水栓を閉めます。ハンドル式もドライバー式も時計回りに回して閉めます。ドライバー式はマイナスドライバーや水栓ドライバーを使用します。但し、止水栓をあまり開閉したことがないと、固くて回せないことがよくあります。止水栓が固着して閉めることができない場合は、下記の記事を参考にしてください。

 

 

 

タンク内の水を抜く

便器を取り外す

 

ストーブに灯油を注入する時に使うスポイト(正式名称は石油燃焼機器用注油ポンプ)があると便利です。

まずは詰まっている便器内の水をバケツに吸い取ります。大便やペーパーが浮遊しているとスポイトが詰まってしまうので、大きな固形物は別に取り除きましょう。汚いと思いますが、自分か家族のものですから大丈夫!

便器内の水をある程度吸い取ったら次にタンク内の水を抜きます。バケツを持ちながら直接タンクから水を抜くのはちょっとしんどいので、少しずつ便器に流しながら便器側で吸い取ります。

レバーを全開にすると便器から溢れる可能性もあるので、レバーの開閉は慎重に少しずつ流しましょう。本当に少しずつですよ。一定以上レバーを動かしてしまうとタンク内のバルブがカパーっと開いてしまいますの注意しましょう。

まあ、多少溢れたとしても掃除すれば大丈夫です。

 

タンクのフタを外す

便器の外し方

 

タンクに手洗い管が付いていないタイプは、フタがタンクに乗せてあるだけです。

手洗い管が付いているタイプは、タンク内の部品(ボールタップ)とフタの裏側で接続されているので外します。

樹脂製の袋ナットやゴムのパッキンで接続されています。袋ナットの場合は反時計回りに外します。ゴムパッキンの場合は差し込んであるだけなので、そのまま引抜きます。

Kパパ

外すときは手洗い管を手で持たないようにしてください。プラスチック製のものなどは、すぽっと抜けてしまったり折れてしまうことがあります。必ずフタを持つようにしましょう。

タンク本体を外す

給水管を外す

便器の外し方

 

タンクと接続している給水管の袋ナットをモンキーで外します。反時計回りに外します。袋ナットを緩めるとタンク内のボールタップが共回りしてしまうので、ボールタップをしっかりと抑えて袋ナットを外します。

 

取付ボルトを外す

便器とタンクを接続している2箇所の取付ボルトの締め付けナットを外します。タンク底の裏側なのでちょっと見づらいですが、ネジに対して反時計回りに外します。作業スペースが狭いため少々窮屈な作業になります。モンキーでも外せますが、ラクラッチがあると10倍楽に外すことができます。

タンクを移動する

タンク内に流しきれなかった水が残っていますので雑巾などで拭きとりましょう。残り水を拭き取ったら、タンクを両手で抱えてバスタオルなどを敷いた上に、タンクが倒れて破損しない様に寝かせた状態で置きます。

Kパパ

タンクを落とさないように気を付けましょう。落とすと割れます。

便器とタンクの間には大きなパッキン(密結パッキン)が付いています。再利用もできますが劣化がある場合は交換します。これもホームセンターで手に入ります。サイズは二種類ありますので、同じサイズのものを購入しましょう。

タンクを床に置いたら、ついでに取付ボルトに緩みがないか点検しましょう。取付けボルトのナットが緩んでいると水漏れの原因になります。取付ボルトの頭の溝をタンク内からプラスドライバーで固定しながら、ナットを時計回りに締め付けます。

 

便器の外し方

 

便器の外し方

 

便器を外す

便器内の水を抜く

便器の外し方

 

先ほどタンクから流した残りの水を吸い取ります。タンクと便器が接続されていた上側の穴にも水が溜まっているので、雑巾などで吸い出しましょう。

 

Kパパ

水を抜くと封水が切れるため、汚水管から異臭が上がってきます。換気をよくしましょう。

便器を固定しているナットやネジを外す

プラスチックのキャップを外し、ナット二箇所と床に固定している木ネジ二箇所を外します。このときスムーズにナットが回れば問題ないのですが、ナットとボルトが腐食して外せないことがあります。完全に錆び付いてナットを回すとボルトも共回りしてしまいます。腐食が進行するとナットがサビの塊になって原型を留めていないこともあります。

Kパパ

フランジボルトのナットが腐食して外せない場合に、とても便利な道具があります。下記の記事をご覧ください。

 

スポンサーリンク

便器を起こす

トイレつまり便器を外す

 

手前から正面壁側に便器を立てるように、静かに少しずつ外します。

便器と床フランジの間にPシールガスケット(硬いねん土の様なパテの様なもの)が付いているのですが、固まってしまっていることがあるので少しずつ外していきます。

Kパパ

冬場だとガスケットがカチカチに固まっていたり、粘着力のあるガスケットだと中々動きません。力任せに便器を外そうとすると、本来固定されているはずの床フランジまで、便器と一緒にバリバリッ!!!と取れてしまうことがあります。(経験あり)便器を少しずつ左右に動かしながら外すと良いと思います。

異物を取り出す

トイレつまり便器を外す

 

便器の下の穴からライトで照らして覗いてみましょう。小さな鏡があれば中がよく見えます。詰まったものが手前にある場合もあれば、奥にある場合もあります。これを取り出すにはハリガネハンガーが一番です!ハリガネハンガーの先端を引っ掛ける様に加工すると、取り出しやすいです。

 

※写真は先端が交換できるトイレブラシのスポンジが詰まっていました。

便器を取り付ける

 

 

便器を外す

 

 

床フランジの二箇所のボルトを、排水管のセンターにくるように位置を調整します。

 

便器の外し方

Pシールガスケットを便器側に取り付けます。フランジ側に取り付けると、便器を設置したときに便器の穴の出っ張っりがPシールガスケットを押し潰してしまい、排水管内に入り込んでしまうことがあります。水が漏れ防止という、本来の役目を果たせなくなるのと同時に、管を細くしてしまい詰まりの原因にもなります。

Kパパ

便器が濡れていたり汚れが付着していると、Pシールガスケットが付き難くなりますので、表面をよく拭き取って取り付けましょう。

便器の取り付け穴と、床フランジのボルトの位置を合わせながら、真上から便器を置きます。床に便器の跡が残っていれば、そこに合わせると作業しやすいですよ。

二箇所の木ネジと二箇所のナットを仮止めして、前後左右対角に少しずつ締めていきます。木ネジはきっちり締めても大丈夫ですが、あまり強く締め付けると便器が割れてしまいますので注意しましょう。フランジボルトのナットは強く締めすぎると、プラスチック製の床フランジですと破損してしまいますので、丁度良い塩梅で。

まだ締まりそうだなというところで止めて、そっと便器を揺すってみましょう。動かなければOKです。

あとは外したときと逆の順番でタンクを取り付けます。

タンク取付のポイント

①タンクの取り付けボルトの増し締め。

②パッキン類は新しいものに交換する。

③先にタンクを便器に本締めで固定してしまうと、給水管の位置が合わなくなる場合がありますので、給水管の袋ナットをタンク側に2~3ネジ回して仮固定して、袋ナットとタンク取付けボルトの締め付けナット三点をバランスよく締めていきます。

④給水管の袋ナットを本締めするときは、ボールタップをしっかり押さえながは締めます。

ボールタップが一緒に回ってしまうと、ボールタップのアームが変形してしまうことがあります。

⑤最後に止水栓を開けて流してみて、給水管と便器まわりから水漏れがないか確認します。

その他のタイプの大便器

隅付きロータンクタイプ

便器の外し方

 

3点止め固定の大便器

便器の外し方

①②③で固定されているタイプです。

便器の外し方

 

Pシールガスケットではなく、排水管にゴムパッキンが取り付けてあります。上からはめてあるだけなので、一番簡単に脱着ができます。

 

 

取り外す過程を写真に撮りながら作業すると安心して作業できると思います。

この作業は緊急で業者を呼ぶと、それなりの料金が掛かりますので、自分で修理できれば、かなり節約になります!

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ