スポンサーリンク

水まわりの修理を自分でやる上で、必ず覚えておきたいことは、シールテープの巻き方だと思います。主に壁取り付けタイプの水栓のネジ部に巻いて使用しますが、応用次第ではトイレの洗浄管や、洗面台の排水トラップなどのパッキン代わりにもなります。

たまに勘違いで、ボールタップのネジ部など、袋ナットの中にパッキンがある様な箇所にも、シールテープが巻いてあるのを見たことがありますが、その様な箇所には巻く必要はありません。

シールテープの巻き方は簡単な様で難しい

水栓の根元やパイプにテープを巻くだけのことですが、これが結構奥が深いんです。

もちろん巻き方の基本はあるのですが、シールテープのメーカーの違いによる厚みの違い、ねじ込むオス側の材質やサイズの微妙な違い、メス側の劣化や摩耗などにより、何回巻けばいいのか?というのが変わってきます。

その巻き方自体にもコツがあり、テンションを掛けずに巻いてしまうと、ねじ込む時にテープが一緒に回ってしまったり、巻き方によってはパイプ内部で千切れて、目詰まりを起こしたりします。

また、何回やり直しても水漏れしたり…

そんな奥の深いシールテープではありますが、基本を覚えて何回か失敗を繰り返して、慣れれば大丈夫です(^○^)v

シールテープの巻き方 基本

ネジの先端1~2山残した位置から巻く

先端の端から巻いてしまうと、内部で千切れたテープが目詰まりする可能性があります。

ポイント

ネジの先端二山を残したところから指でしっかり押さえて、時計回りにズレないように丁寧に巻きます。逆に巻いてしまうと、ねじ込んだときにシールテープがほどけてグチャグチャになるので、この巻き方向は重要です。

先端が細くなる様にテーパー状に巻く

メスネジにしっかりと食い込む様に、テーパー状に巻きます。

ポイント

テーパー状でない巻き方をすると、ねじ込んでもテープが空回りしてしまいます。

何回巻くのか?

人によっては5巻き、8巻き、12巻きとか様々ですが、冒頭でお話ししたとおり、その都度状況により変わってきます。経験上、お湯側の方が多めに巻かないといけない場合が多いです。水側よりも腐食?摩耗?が激しいのでしょうか。

基本8巻くらいで取り付けてみて、水漏れしないベストな状態を見つけます。

テープを巻く時はズレ防止のため、ある程度テープにテンションを掛けて巻きます。

巻終わったら手でネジ山に指で馴染ませます。

ポイント

巻いたテープをネジ山の形が分かるくらいに馴染ませます。こうすることにより、しっかりとメスネジに食い込んでくれます。

液状シール剤

何度やり直しても水が漏れるときは、液状のシール剤を薄く塗ると水漏れしません。

あまり多く塗ると垂れてきて汚くなったり、ガッチガチに固まって、次に外したい時に外すのが大変になりますので、薄く丁寧にのばして塗ります。

私の経験なのですが、液状シール剤が固まってしまった水栓を無理に回して、壁の中の水道管ごと外れてしまったことがあります(^_^;)
液状シール剤はホームセンターにあります。

ヘルメシールです。メーカーによっては違う名前かもしれません。

家の中の水まわりの修理で、それほど使うものではないし、もっと小さなサイズがあればと思うのですが…

絶対にやってはいけないこと

注意

ねじ込み過ぎて位置がずれてしまったからといって、一度ねじ込んだものを絶対に逆に戻してはいけません。

ほぼ水漏れするので、逆に戻してしまったら最初からやり直した方がいいですね。

スポンサーリンク

シールテープを巻く必要がない箇所

シールテープはオスネジとメスネジの接合部から、水漏れしないように使用するものです。たまに袋ナットとパッキンを使用している箇所に、シールテープが巻いてあるのを見掛けますが、これは全く意味がありません。

基本的にパッキンがある箇所には使用しません。

本来、ネジ山に巻くシールテープですが、パッキン代わりに使用できることもあります。そのお話しは下の「関連記事」をご覧ください。


以上、シールテープの巻き方についてのお話しでした。小難しいように書いてしまいましたが、何回か巻いてるうちにコツが分かります。

大丈夫です!

リールにラインを巻くのに通じるものがあるので、釣りをやる方は上手いかも(^○^)

スポンサーリンク

関連コンテンツ