混合水栓には壁付タイプと台付(デッキタイプ)があります。それぞれの特徴は読んだ字の如く、壁に取り付けるタイプと、シンクや洗面台や浴槽などの上に取り付けるタイプです。

ここでは壁付混合水栓を交換する方法と、交換にあたり一番に気を付けなくてはいけないことを説明します。

以下の交換例は浴室の壁付混合水栓の交換方法ですが、キッチンの壁付混合水栓や、洗濯機の壁付混合水栓・単水栓(ホーム水栓)の交換方法も、基本的には同じです。

 

スポンサーリンク

 

壁付混合水栓を取り外す

本体を外す

まず水道メーターの元栓を閉めます。水道管内には水圧が掛かっているので、元栓を閉めたら、水栓のハンドルを開いて圧力を逃がします。これにより、外した時に水が噴き出るのを防ぎます。

取付脚に接続しててある、クランクナット二箇所を外します。本体のオスネジに対して反時計回りに外します。二箇所を外すと本体が外れます。

 

混合水栓の交換

 

二箇所の取付脚を外す

 

混合水栓の交換

 

本体が外れたら、次に取付脚を反時計回りに回して外します。固くて素手で外れない場合は、モンキーレンチなどを噛ませると、テコの原理で外しやすいです。

Kパパ

取付脚を外す時は、何回まわすと外れるのかを数えておくと、新しい取付脚を取り付ける時の参考になります。

一番気を付けること

 

注意するポイント
いきなり力を入れて回さないようにします。壁内の配管も一緒に回ってしまったり、給湯管(銅管)が壁内でしっかり固定されていないと、銅管がよじれて変形してしまう事があります。よじれた銅管は元に戻りません。交換しなくてはいけません。慎重に力を加えていきましょう。下の写真の様にが三点のビスで固定されている場合は大丈夫ですが、台所などで壁に開けた穴から、そのまま管が見えるような場合は要注意です。指で押してみて動いてしまう様な状態では特に注意が必要です。

 

壁の接続箇所のゴミを除去する

 

混合水栓の交換

 

両方の取付脚をはずしたら、壁の給水管と給湯管内部のゴミを除去します。古いシールテープなどは完全に除去します。また、古い配管だと給水管内部にサビのコブを発見するかもしれません。ガリガリ取りたいところですが、サビのコブが剥がれた拍子に管に穴が開く可能性があります。

特にネジが切ってある箇所は元々肉薄なところなので気を付けましょう。コブのように見えても柔らかくて、ポロッと問題なく取れる場合もあるので、慎重に見極めながら取りましょう。

 

 

新しい混合水栓を取り付ける

新しい取付脚を取り付ける

 

壁付混合水栓交換

 

新しい取付脚には、最初に接続部を隠すメッキのカバーを、回して通してからシールを巻きます。

シールテープの巻き方は、こちらをを参考にしてください。

Kパパ

古くなった給水管や給湯管は、微妙にネジ山が浅くなったりしていますので、シールテープを何巻きすればOKという正解がありません。おおよその目安を参考にしながら巻いてください。

 

混合水栓の交換

この作業は取付で一番気を使うところです。

次に取付脚を取り付けます。先程外した時の回数を参考に時計回りにねじ込みます。シールテープがしっかりメスネジに食い込むようにねじ込みます。押し込むようにテンションを掛けながら回すと、シールテープがしっかりと食い込みます。

 

新しい水栓本体を取り付ける

固くなってきたら、固定する位置の少し手前(図を参考にしてください)で止めて、本体を仮止め(クランクナットを2~3ヤマ回す)で取付脚に取り付けます。この状態で両方の取付脚を時計回りに動かして、本体が水平になる位置で固定します。

 

Kパパ

本体を水平にしようと、ねじ込み過ぎた取付脚を少しでも戻してしまうと、しっかり食い込んだシールテープが緩んでしまい、水漏れの原因になります。戻してしまったら、シールテープを全て巻き直して、最初からやり直しましょう。

 

クランクナットを交互に本締めします。これで水栓の取付けは完了です。水道メーターを開いて、取付脚の壁側の根元や、二箇所のクランクナットから水漏れがないか確認しましょう。また、取付後は多少のサビや汚れが出てくることがありますので、ハンドルを目一杯開いて通水しながらサビや汚れを出しましょう。

時間が経過してから、にじむ程度に漏れることがあるので、念の為に5分くらい放置して確認しましょう。水漏れがないのを確認したら、取付脚根元のカバーを回して、ぴったり壁に合わせて完了です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

壁付けの混合水栓の交換で、一番気を付けなくてはいけないことは、取付脚の取り外しだと思います。取り付けは水漏れしたら何度もやり直しがききますが、取り外しは、壁内の配管が逝ってしまったら厄介です。外す時はくれぐれも慎重に丁寧に。です。


以上、壁付け混合水栓の交換方法と気をつけるポイントのお話でした。

 

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ