ゴキブリの侵入経路

台所

ゴキブリどこから侵入する?気が付かない盲点 

投稿日:2017年1月16日 更新日:

ガサガサッ…ガサッ…ガサガサッガサッ…

突然現れるゴキブリ!

黒く光沢のある平らなボディ、不気味に動く触角、予想もしない素早い動き、そして、何故か自分の方に飛んで来ますよね。

ゴキブリという名前を口にするのも嫌な方も多いですよね。我が家の妻と息子は「G」と呼んでいます。

Kpapa
そんな嫌われ者のゴキブリですが、一体何処からやってくるのでしょうか?

ゴキブリの侵入経路

ゴキブリはありとあらゆるところから侵入してきます。玄関、床の通気口、ベランダ、窓、換気扇、エアコン、排水管、流し台したの隙間などなど。

ゴキブリはそのボディ形状により、ちょっとした隙間があれば何処からでも侵入してきます。

今回は排水管と流し台下の隙間についてのお話です。

排水管の封水について

当ブログでも度々お話しましたが、排水管には害虫や悪臭防止のためにトラップを設けます。

トラップとは排水管にUの字を作り、そこに水を溜めることにより、害虫・ネズミの侵入や嫌な臭いを防ぎます。

これを封水と言います。

洗面台の下にあるSトラップや流し台の排水トラップ、ユニットバスや洗濯機防水パンの排水トラップ、洗濯機の床直付けの排水トラップ、便器などです。

また、外にある塩ビ桝やコンクリート桝にもトラップが着いています。

塩ビ桝は桝本体にトラップが一体となっていますが、コンクリート桝は塩ビの排水管にエルボというLの形をした継手が装着してあります。

 

 

二重トラップの禁止

建築基準法により二重トラップの禁止が定められています。が、世の中二重トラップだらけですよね。

洗濯機防水パン、ユニットバス、洗面器Sトラップ、流し台排水トラップなどか設置されているのに、外桝にもエルボでトラップになっているパターン。

桝を開けた事がある方は分かると思いますが、トイレの排水はそのまま流れる様になっています。生活排水にはトラップが着いていることが多いです。

そもそも、何故、二重トラップは禁止なのか? トラップを2箇所設けると空気の流れが悪くなり、ボコボコと異音がしたり、空気が引っ張られて封水が切れたりしてしまう可能性があるためと思われます。

なので、マンションなどの集合住宅では外桝にトラップは着いていないことが多いです。(古い建物ではトラップがある場合も)

また、集合住宅の場合はスムーズな空気の流れを作るために通気管を設けます。(こうした対策をしているにも拘らず、縦系列の別の部屋で排水がボコボコいう事がありますが、ゴキブリとは関係が無い話のため省きます)

二重トラップが禁止されているのに、実際の戸建住宅やアパートなどでは二重トラップが多いわけは、害虫やネズミの侵入を防ぐためではないかと思います。

 

詰まり防止のためにトラップを外してしまう場合も

ゴキブリ侵入経路

戸建にお住いの方でも、アパートにお住いの方でも、またはアパートの大家さんなど、排水管が詰まれば修理にお金が掛かることから、このトラップを外してしまう事があります。

確かにトラップを装着していると、常に排水や汚れが溜まっているわけですから、当然詰まりやすくなります。

次のページへ >

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-台所
-

Copyright© かんたん!自分で直す水まわり , 2018 All Rights Reserved.