スポンサーリンク

今日はキッチンのシングルレバー混合水栓交換のお話です。

シングルレバー混合水栓にはワンホールタイプと2ホールタイプがありますが、今回はワンホールタイプの交換について説明します。

新しく取り付ける混合水栓は、TOTO製のTKGG31Eです。

ワンホールタイプでしたらどのメーカーでも取付可能ですが、経験上、TOTOの製品がイチオシです。ホームセンターに行くと他社の安い混合水栓に目が行きますが・・・安かろう悪かろうを実感したことが何度もあります。

古い水栓を取り外す

止水栓を閉める

お湯と水の止水栓を時計回りに閉めます。混合水栓本体のレバーハンドルを上下させて圧力を抜いて、水栓本体内に残った水を抜きましょう。

普段、あまり触らない止水栓は、固着してしまって回らないことがよくあります。その場合は、以下の記事を参考にしてください。

>>自分で直す!止水栓が固くて回らない

給湯管と給水管を外す

古いタイプですと、細い銅のパイプだと思います。これは取り付けの時に切断して長さをぴったりに合わせて取り付けてあるので、アソビがほとんどありません。

なので小さな袋ナットを外しても、中々外すことができません。無駄な労力を使わないために、切断しちゃうのが一番です。

 

 

この道具を使うと簡単に切断できます。

 

チューブカッターです。

使い方は中央のローラー2箇所とカッターの間に銅パイプを挟みます。

左側のレバーを時計回りに回すと刃がローラー側に移動して締ります。

レバーを軽く締めてチューブカッターを2~3周パイプのまわりを回転させ、更に締めて2~3周回転……と、締めて回して、締めて回してを繰り返して切断します。

お湯側と水側の両方を切断します。

逆止弁を外す

止水栓の上部に取り付けてある部品です。

固く接続してあると止水栓も一緒に回ってしまう事があるので、止水栓をモンキーレンチなどで固定しながら、反時計回りに外します。

追記:注意することを別記事にしました。

>>【重要!】混合水栓や止水栓の交換で一番気を付けること

本体を外す

本体を固定している締め付けナットを外します。

締め付けナットは少々力を入れれば手で回る場合もありますが、固くて外れない場合は立形金具しめつけ工具で外します。

締め付けナットは幅が大きいので、幅の広い工具が必要です。

 

※最近のタイプで、流しの上から固定できるタイプ(モグラーズ)を除くと、締め付けナットには大きく分けて二種類あります。
通常の締め付けナットと棒状の締め付けナットです。下手な図を参考にしてください。

 

スポンサーリンク

新しいシングルレバー混合水栓を取り付ける

 

冒頭でお話ししたとおり、TOTO製のTKGG31Eを取り付けます。ネットで購入すると、ホームセンターで売っている安い他社製の水栓よりも更に安く購入できるので、2~3日待てるようでしたらネットで購入することをオススメします。10,000円くらいで購入できますよ!

上面施工用アダプターを取り付ける

付属の六角レンチで二本のネジを緩めて外します。ダランと下にぶら下がったパーツを、斜めにしながら取付箇所の穴に差し込みます。

 

写真のようにビニール樹脂で吊りながら、二本のネジを付属の六角レンチで締め付けます。

 

 

アダプターに「後側」のシールが貼ってありますので、固定する向きを間違えないようにします。

本体を固定する

お湯と水のフレキシブルホースは、両方一緒に差し込むスペースがないので、片方ずつ差し込みます。

 

本体をアダプターに固定します。アダプターのビス穴と本体の穴の位置を合わせて差し込みます。

 

付属の固定用のビスを取り付けます。狭いスペースで仮に固定するための部品が付属していますので、その部品を使用してビスを仮締めした後、六角レンチで本締めします。

 

ビスを固定したら付属の化粧キャップをビス穴にはめて、本体の固定は完了です。

逆止弁を取り付ける

止水栓から下が動かないように、止水栓をモンキーで固定しながら、逆止弁を取り付けます。

 

 

フレキシブルホースを接続する

ホースを差し込むだけでロックされます。

 

注意

取り付けで最も注意することはフレキシブルホースの接続です。ワンタッチなので接続は差し込むだけなので簡単ですが、無理な角度で接続すると、フレキシブルホースが折れ曲がったり潰れたりしてしまいます。ホースに無理が掛からない様に接続しましょう。

取付後に止水栓を開けて、接続箇所から水漏れが無いかを確認します。

ハンドルを上下左右動かして、お湯や水の出などを確認します。

スポンサーリンク

 


以上、シングルレバー混合水栓ワンホールタイプの交換のお話でした。