今日は流し台の排水トラップからの水漏れについてお話しします。

キッチンの排水トラップのサイズは、シンクの大きさやメーカーの仕様により様々な寸法があります。

 

スポンサーリンク

 

キッチン排水トラップの寸法について

 

キッチン排水トラップの水漏れ

 

キッチンの排水トラップ修理または交換において、この寸法が大変重要になってきます。寸法というのはシンク排水口の外径の寸法です。

114mm、115mm、180mm、186mmなどがあります。

これらのサイズが一般的なサイズで、トラップ本体やパッキンはホームセンターなどでも購入することできます。

 

サンウェーブ170mm排水トラップの水漏れ

古いサンウェーブの流し台では、排水トラップのサイズが170mmというのがあります。

Kパパ

このサンウェーブの170mmが水漏れすると少々厄介です。廃盤のため本体やパッキンなどの部品を手に入れることができませんし、これに変わる代替え品もありません。

キッチン自体を交換するか、若しくはディスポーザー取付用の部品を使用して、114mmや115mmの排水トラップを取り付けることができます。取り付けるとは言っても、あくまでもディスポーザー用の部品なので、コーキング処理などの加工をして取り付けることになります。

また、排水トラップのサイズが小さくなるので、ゴミ受けが小さくなり多少使い勝手が悪くなります。。下の写真はサンウェーブのシンクにディスポーザー用の部品を利用して、114mmの排水トラップを取り付けた写真です。

 

サンウェーブ170mm水漏れ修理

 

 

キッチン排水トラップの取り付け方

排水トラップはシンク側と収納側で挟み込む形で取り付けてあります。

114mや115mの小さいタイプは、シンクの凹みにパッキンをセットして、上側の部品と下側の部品を挟む形で締め付けて固定しています。

180mや186mの大きなタイプは小さいタイプとは異なり、シンクの凹みにパッキンセットして、大きな本体を下からリング状のナットで締め付けて固定しています。

 

排水トラップ水漏れ

 

キッチン排水トラップの水漏れ箇所

 

キッチン排水トラップの水漏れ

キッチン排水トラップの水漏れ

 

水漏れは主にこの取り付け箇所から起こります。原因はパッキンの経年劣化や、シンクの凹み部分が腐食してピンホール(小さな穴)ができたり、更に酷くなると5mmくらいの穴がいくつも開いてる場合があります。

 

Kパパ

ステンレスは腐らないと思われがちですが、ステンレスも腐ります。

 

スポンサーリンク

 

キッチン排水トラップの水漏れを直す

まず排水トラップに接続してある排水ホースを時計回りに外します。次に排水トラップ本体を外します。

 

【小さいタイプの排水トラップの外し方】

 

排水トラップ水漏れ

 

本体を両手でしっかりと掴み、時計回りに外します。滑り止めの付いた軍手などをはめて作業すると力が入りやすいです。

この時、シンク側の上部も一緒に回ってしまうと永遠に外れませんので、軍手をはめた手をシンク側から突っ込み、内部の凸を押さえて収納側から片手で外します。

素手で押さえると凸に引っ掛かり、手がメチャクチャ痛いので、あらかじめ隙間にクレ556など潤滑油を差しておくと外しやすいです。

 

Kパパ

どうしても外れないときは、最後の手段ですが収納側の本体の根元をノコで切断してしまいます。当然、再利用はできませんので新しいものを購入しましょう。2000円でお釣りがきます。

 

【大きいタイプ排水トラップの外し方】

小さいタイプは手全体で掴んで回すことができますが、大きいタイプは固定している締め付けナットが2cm~2.5cmくらいの幅しかないため、指先だけでは力が入らないので外すことができません。

掴む力に相当自信があれば、指先で外すことは可能ですが、かなり固く締め付けてあると、まず回りません。

どうしても回らないときは専用の工具があります。

 

キッチン排水トラップの水漏れ

 

これもホームセンターで売っていますが、あまり頻繁に交換することがない排水トラップのために購入するのは気が引けますよね。他に使い道がありませんが、どうしても素手で外せないときは購入しましょう。

参考までに1,500円~2,000円くらいだと思います。

 

Kパパ

プラスチックには少々邪道ですが、締め付けナットの凸にマイナスドライバーを充てて、小さなハンマーで少しずつ叩くと外すことも可能です。凸を一箇所だけ叩かずに、対面同士バランスよく叩きます。力を入れ過ぎると破損してしまうので注意しながらですよ。

 

小さいタイプ・大きいタイプともに、排水トラップを外したらパッキンを交換します。各サイズのパッキンはホームセンターで購入することができます。

 

キッチン排水トラップの水漏れ

 

シンクの凹み部分に腐食による穴を見つけたら、穴を塞ぐ様に凹み部分全体にコーキングをして、その上にパッキンをセットして本体を取り付けます。

しっかりと締め付けた後、ハミ出したコーキング剤をきれいに拭き取りましょう。コーキング用のヘラがあるときれいに除去できます。最後にホースなどを元どおりに接続します。仕上がりは大切です。はみ出たコーキング材はよく拭き取っても乾くと拭き残しが浮いてきますので、キレイに丁寧に拭き取りましょう。コーキング材が固まるまで、作業後は半日は使用を控えましょう。

シンクの穴の補修方法は、ステンレス溶接や金属パテで埋めるなど様々な方法がありますが、排水トラップを上下から挟む箇所ですので、コーキングで充分だと思います。

Kパパ

コーキング剤を充填すると滑りやすくなり共回りしてしまうので、締め込むときはシンク側の上部をしっかり押さえて、本体を固定しましょう。また、あまりにも腐食でボロボロな場合は、残念ですが新しい流し台に交換するしかありません。、

以上、排水トラップのパッキン交換のお話しでした!本体交換の場合も同じ作業になります。

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ