スポンサーリンク

今日は流し台の排水トラップからの水漏れについてお話しします。

キッチンの排水トラップには、シンクの大きさやメーカーの仕様により、様々な寸法があります。

キッチン排水トラップの寸法について

 

キッチンの排水トラップ修理において、この寸法は大変重要です。寸法というのは、シンク排水口の外径の寸法です。

114mm、115mm、180mm、186mmなどがあります。

これらのサイズですと、本体やパッキンはホームセンターなどでも購入することできます。

また、古いサンウェーブは170mmというのがあります。

このサンウェーブの170mmが水漏れすると厄介です。廃盤のため部品を手に入れることができませんし、これに変わる代替え品もありません。

キッチン自体を交換するか、ディスポーザーの部品を使用して、114mmや115mmの排水トラップを取り付けることもできます。

取り付けるとは言っても、あくまでもディスポーザー用の部品なので、コーキング処理などの加工をして取り付けることになります。

キッチン排水トラップの取り付けてある仕組み

排水トラップは、シンク側と収納側で挟み込む形で取り付けてあります。

114mや115mの小さいタイプは、シンクの凹みにパッキンと上部をはめて、収納側から本体をねじ込み、上下でシンクを挟む形で固定されています。

180mや186mの大きなタイプは、シンクの凹みに、パッキンとシンク側から一体にたった本体をはめて、収納側からリング状の部品で締め込み、上下を挟む形で固定されています。

 

キッチン排水トラップの水漏れ箇所

 

水漏れは主にこの取り付け箇所から起こります。

原因は経年劣化によるパッキンの不具合や、シンクの凹み部分に、腐食によるピンホールができてしまったり、更に酷くなると5mmくらいの穴がいくつも開いてる場合があります。

ステンレスは腐らないと思われていますが、ステンレスも腐ります。

スポンサーリンク

キッチン排水トラップの水漏れを直す

まず排水トラップに接続してある排水ホースを外します。

次に排水トラップ本体を外します。

 

【小さいタイプの排水トラップの外し方】

収納側の本体を両手でしっかりと掴み、時計回りに外します。

滑り止めの付いた軍手などをはめて作業すると力が入りやすいです。

この時、シンク側の上部も一緒に回ってしまうと永遠に外れませんので(笑)、軍手をはめた手をシンク側から突っ込み、内部の凸を押さえて収納側から片手で外します。

素手で押さえると凸に引っ掛かり、手がメチャクチャ痛いです。

予め、すき間にCRCなど潤滑油を差しておくと外しやすいです。

どうしても外れないときはどうする?

最後の手段で、収納側の本体の根元を、ノコで切断です(^^;;本体を購入しても千何百円ですから。

【大きいタイプ排水トラップの外し方】

小さいタイプと違い、固定しているリングは1.5cm~2cmくらいの厚みしかないため、手全体で外すことができません。

指先を鍛えて、掴む力に相当自信があれば、指先で時計回りに外すことは可能ですが、かなり固く締め付けてあると、まず回りません。

回ればラッキーですが、どうしても回らないときは専用の工具があります。

 

これもホームセンターで売っていますが、あまり頻繁に交換することがない排水トラップのために購入するのは気が引けますよね(^^;;

他に使い道がありませんが、どうしても素手で外せないときは購入しましょう。

参考までに1,500円~2,000円くらいだと思います。

小さいタイプ・大きいタイプともに、排水トラップを外したらパッキンを交換します。

 

 

シンクの凹み部分に腐食による穴を見つけたら、穴を塞ぐ様に取付凹み部分全体にコーキングをして、その上にパッキンをセットして本体を取り付けます。

しっかりとねじ込み、取り付け完了です。ホースなどを元どおりに接続します。

※シンクの穴の補修方法は、溶接とか金属パテを使用するとか様々な方法がありますが、排水トラップを上下から挟む箇所ですので、コーキングで充分だと思います。

しかし腐食が更に進んだらそれなりの手当が必要になります。

コーキングをすると滑りやすくなるので、締め込むときはシンク側の上部をしっかり押さえて、本体を固定しましょう。

仕上がりは大切です。

はみ出たコーキング材はよく拭き取っても乾くと拭き残しが浮いてきますので、キレイに丁寧に拭き取りましょう。

コーキング材が固まるまで、作業後はできれば半日は使用を控えます。

 

以上、排水トラップのパッキン交換のお話しでした!本体交換の場合も同じ作業になります。

スポンサーリンク

関連コンテンツ