TOPページのよく読まれている記事のランキングで、常に上位にいるのが排水筒の外し方についてです。流れが悪くなったり、よく詰まる箇所なので、それだけお困りの方が多いんでしょうね。

ユニットバスなどの排水トラップは、自分でかんたんに掃除できる箇所なので、このブログを見て今後の参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

 

排水筒を外して掃除しようとしたときに、浴槽のパネル(エプロンカバー)が邪魔をして、排水筒が外せないことはないですか?メーカーによっては、このような場合もあります。

 

排水筒の外し方

 

パネル(エプロンカバー)が邪魔をしていると、排水筒も外れないし、ラバーカップや真空パイプクリーナーで、詰まりを解消することもできませんよね。

 

スポンサーリンク

 

普段は中々触る所ではありませんが、このパネル(エプロンカバー)は外すことができます。大概は引っかけて固定してあるだけなので、底を上に持ち上げてから手前に引くと、取り外すことができます。

 

排水筒の外し方

 

「よし!これで排水筒を外せる!」という安堵も束の間、外した内部の物凄い汚れには愕然とするかも知れません。

 髪の毛、ヘドロ、黒カビなどかなり汚れているので、ついでに掃除しましょう。時には小バエが沸いていることもあります。浴槽の排水の穴から出てきたり、浴槽に張ったお湯に浮いていたりします(^_^; 

排水トラップの掃除よりも、かえってこちらの掃除の方が大変かもしれません。

 

Kパパ

そのゴミが剥がれて流れてくると、せっかく排水溝を掃除しても、また直ぐに詰まってしまいます。浴室の異臭の原因にもなりますので、この際、きれいに掃除をしましょう。

 

排水筒の外し方

 

一通り裏側の掃除が終わったら排水筒を外します。排水筒が固着して外れない場合や、掃除の仕方について下記の記事をご覧ください。

 

 

※掃除をしたヘドロは排水溝に流さずに、ビニール袋に入れて生ゴミで捨てましょう。

ユニットバスの排水溝の詰まり防止には、目皿に網を取り付けたり、シール状の網目シートを貼ったりと様々な商品がありますが、詰まってしまった場合には、排水筒を外して掃除するのが、一番手っ取り早いし安上がりです。

一通り掃除が終わったら浴槽のパネルを元通りはめ直します。外したときと逆の手順で、上を先に引っ掛けてから下を押し込みます。ちょっとグラつく様でしたら、パネルを真下に引っ張るようにすると完全に固定されます。コツが分かるまで2~3回は付け直しが必要かもしれません。

 


以上、浴槽のエプロンカバーを外すと、その汚さに驚愕して、その後に排水筒を外して掃除するお話でした。

 

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ