ブログをやっておりますと、どんな事でお困りなのか?ということが、管理画面でよく分かるのですが、排水筒の外し方についてお困りの方が多いようです。

一番かんたんに掃除できる箇所でもあり、よく詰まる箇所でもあるので、このブログを見て今後の参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

排水筒を外して掃除しようと思ったときに、浴槽のパネル(エプロンカバー)が邪魔をして、排水筒が外せないことはないですか?メーカーによっては、このような場合もあります。

 

パネル(エプロンカバー)が邪魔をしていると、排水筒も外れないし、ラバーカップや真空パイプクリーナーで、詰まりを解消することもできませんよね。

スポンサーリンク

普段は中々触る所ではありませんが、このパネル(エプロンカバー)は外すことができます。

大概は引っかけて固定してあるだけなので、底を上に持ち上げてから手前に引くと、取り外すことができます。

「よし!これで排水筒を外せる!」という安堵も束の間、外した内部の物凄い汚れには愕然とするかも知れません(^_^;

 髪の毛だったり、ヘドロだったり、黒カビだったりと、かなり汚れているので、ついでに掃除しましょう。時には小バエが沸いていることもあります。浴槽の排水の穴から出てきたり、浴槽に張ったお湯に浮いていたりします(^_^; 

かえってこちらの掃除の方が大変かもしれませんね。

ゴミが残っているといると、そのゴミが流れてきて、せっかく排水溝を掃除しても、また直ぐに詰まってしまいます。

一通り裏側の掃除が終わっら排水筒を外します。固い場合は下記の記事を参考にしてください。

>>固くて外れない排水筒を外す方法

ユニットバスの排水溝の詰まり防止には、目皿に網を取り付けたり、シール状の網目シートを貼ったりと様々な商品がありますが、詰まってしまった場合には、排水筒を外して掃除するのが、一番手っ取り早いし安上がりです。液体クリーナーよりも確実です。

 


以上、浴槽のエプロンカバーを外すと、その汚さに驚愕して、その後に排水筒を外して掃除するお話でした(笑)

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ