便器の外し方

解決!自分で直す!トイレの詰まり|便器を取り外す方法|便器脱着

2016年4月4日

 

特殊な方法で異物を除去する方法

 

ボールペンを取り出す方法

便器にボールペンを落としてしまった場合、裏側まで行ってしまうことは殆どありません。一つ目の曲がりに縦に引っ掛かることが多いです。まずは小さな点検鏡で確認して、ボールペンが見えたら試してみてください。

針金ハンガーを伸ばして下さい。かなり硬い針金なので、プライヤーやペンチを使い、先端をUの字に曲げます。ヘッドライトで照らし、点検鏡でボールペンの位置を確認しながら、針金ハンガーの先端をボールペンに引っ掛けます。

カタカタ動く様でしたら、少しずつ慎重に手前にずらしてきます。途中、針金ハンガーに引っ掛けたボールペンが、何度も落ちてしまっても、イライラせずに何回もチャレンジしてください。手前に取れた時は感動しますよ。

 

あまりおススメできないボールペンを取り出す方法

先程説明した便器の裏側からローポンプスーパープラスで押し出す方法で、何度やっても取れない事がありました。詰まっていたものはプラスチック製のボールペンです。便器の上の穴から、ボールペンが縦になっているのが見えたのですが、完全にハマってガッチリ噛んでしまい、うんともすんとも言わない状態でした。

先ほど説明したように針金ハンガーを加工し、先端を真っ赤になるまでバーナーで炙り、ボールペンに押し当て溶かして切断したことがあります。その後、便器を揺すったら切断されたボールペンが出てきました。この方法でゼブラのハイマッキーに、穴を開け引っ掛けて取り出したこともあります。

但し、便器は高熱により破損する恐れがあるため、赤くなった針金が絶対に便器に触れない様に作業しなくてはいけないため、万人にオススメできる方法ではありません。

 

 

便器を取り付ける

 

便器を外す

 

床フランジの二箇所のボルトを、排水管のセンターにくるように位置を調整します。

 

便器の外し方

ココに注意

Pシールガスケットを便器側に取り付けます。フランジ側に取り付けると、便器を設置したときに便器の穴の出っ張っりがPシールガスケットを押し潰してしまい、排水管内に入り込んでしまうことがあります。水が漏れ防止という、本来の役目を果たせなくなるのと同時に、管を細くしてしまい詰まりの原因にもなります。

ヤマちゃん
便器が濡れていたり汚れが付着していると、Pシールガスケットが付き難くなりますので、表面をよく拭き取って取り付けましょう。

便器の取り付け穴と、床フランジのボルトの位置を合わせながら、真上から便器を置きます。床に便器の跡が残っていれば、そこに合わせると作業しやすいですよ。

二箇所の木ネジと二箇所のナットを仮止めして、前後左右対角に少しずつ締めていきます。木ネジはきっちり締めても大丈夫ですが、あまり強く締め付けると便器が割れてしまいますので注意しましょう。フランジボルトのナットは強く締めすぎると、プラスチック製の床フランジですと破損してしまいますので、丁度良い塩梅で。

まだ締まりそうだなというところで止めて、便器を軽く揺すってみましょう。動かなければOKです。

あとは外したときと逆の順番でタンクを取り付けます。

 

タンク取付のポイント

 

①タンクの取り付けボルトの増し締め。

 

②パッキン類は新しいものに交換する。

③先にタンクを便器に本締めで固定してしまうと、給水管の位置が合わなくなる場合がありますので、給水管の袋ナットをタンク側に2~3ネジ回して仮固定して、袋ナットとタンク取付けボルトの締め付けナット三点をバランスよく締めていきます。

④給水管の袋ナットを本締めするときは、ボールタップをしっかり押さえながは締めます。

 

ボールタップが動いてしまうと

 

ボールタップが一緒に回ってしまうと、ボールタップのアームが変形してしまうことがあります。

⑤最後に止水栓を開けて流してみて、給水管と便器まわりから水漏れがないか確認します。

 

その他のタイプの大便器

 

隅付きロータンクタイプ

 

便器の外し方

 

3点止め固定の大便器

 

便器の外し方

①②③で固定されているタイプです。

便器の外し方

 

Pシールガスケットではなく、排水管にゴムパッキンが取り付けてあります。上からはめてあるだけなので、一番簡単に脱着ができます。両手で便器を抱えながら、真上に持ち上げると簡単に外せます。そこそこ重いので、腰を傷めないように注意しましょう。

 

取り外す過程を写真に撮りながら作業すると安心して作業できると思います。

 

&

Twitter
\この記事が役に立ったらフォローしよう!/

;

 

関連コンテンツ

-トイレ
-