ナットブレーカーの使い方

道具

便器の錆びたフランジボルトナットを割って外す ナットブレーカーは重宝する

投稿日:2016年4月5日 更新日:

トイレの詰まりには様々な原因がありますが、大便やトイレットペーパー以外の異物を流してしまうと、便器を外さないと取り出せないことがよくあります。

いざ、便器を外そうとボルトのキャップを外すと、ナットが錆び付いて回らない、酷いくなるとキャップの中で錆が大きな塊になり、キャップ自体が外れないことがあります。

錆びついたナットは外すことが困難です。

フランジボルトやナットが腐食する原因

 

ナットブレーカー

 

上の写真のようにボロボロに腐食している場合、ほとんどの原因は、便器と床の間から水漏れしないように取り付けてある、Pシールガスケットに問題があります。経年劣化により少しずつ水漏れしてしまうことがあるんです。

 

腐食して外せないナットを割って外す

 

ナットブレーカー

 

ナットが回せないなら割ってしまえ!というのがナットブレーカーです。ナットのサイズに合わせて数種類の大きさがありますが、フランジボルトのナット(通常13mm or 14mmもあり)に使いやすいのは品番NB-2です。

 

ナットブレーカー使い方

 

ナットブレーカー使い方

 

使い方はかんたんです。ナットの平面に刃の先端を合わせて、手締めで軽く固定して、お尻の部分をモンキーやラチェットで締めていくと、パチンっと音がしてナットに亀裂が入ります。

モンキーレンチやスパナでも良いですが、板ラチェットが一番相性が良いと思います。使いやすいです。

写真では錆びていないナットで説明していますが、実際に錆びついているナットを割る時は、マイナスドライバーなどでガリガリとある程度サビを取ってから作業します。

 

ナットブレーカー使い方

 

次に亀裂が入った対面を同じように割ります。そうすると気持ちよくナットが真っ二つに割れます。あとはボロボロのワッシャーを外せば、便器を取り外すことごできます。

ココがポイント

レイに真っ二つに割るコツは、ナットブレーカーの刃が、ナットの平面全体に当たるように締め付けるのがコツです。ナット平面の2/3とか3/4とか刃が当たっていないと、キレイに割れません。

 

ナットブレーカー使い方

 

Kpapa
ナットブレーカーを締め付けるメガネラチェットのサイズは14mmです。

 

 

最初にこの道具を使ったときは、世の中には便利な道具があるもんだな~と感心しました。割ったナットと錆び付いたボルトは、新しいものに交換します。部品名は床フランジ取付ボルトと言います。

ホームセンターによっては単品で置いてあるところもありますが、見つからない場合はネット注文になるわけですが、それでは緊急で直したいのに間に合いませんよね。

そんなときは床フランジセットごと買ってしまえば、交換が必要なPシールガスケットや、床フランジ取付ボルトも同梱されていますので、送料を考えたらかえって安上がりです。床フランジのセットはホームセンターで購入できます。

 

以上、ナットブレーカーの使い方と、部品を手に入れるためのお話しでした。

 

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-道具
-

Copyright© かんたん!自分で直す水まわり , 2018 All Rights Reserved.