このブログのカテゴリー「トイレ」の中に、サンエイで販売している「真空パイプクリーナー」を使用して、トイレの詰まりを直す記事があります。

トイレの詰まりを直す道具と言えば、一般的にはラバーカップ(通称すっぽん)が有名ですが、正直なところ使い勝手はあまりよくありません。

そこで、この真空パイプクリーナーをオススメしました。値段もリーズナブルで、使い勝手や性能もラバーカップより断然上なのでお話ししました。

Kパパ

今回は真空パイプクリーナーの何十倍も上を行くだろう、プロが使用している道具を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ローポンプスーパープラス

おそらく専門業者の100%が使用している道具が「ローポンプスーパー」です。

異物を流してしまったり、大元の排水管が詰まったりした場合を除いて、通常の便器の詰まりは、超簡単に短時間で直すことができる道具です。

あまりにも簡単に詰まりを除去できるため、作業をしているところを見せたがらない業者も居るのでは?と思うほどの道具です。

金額は13,000円前後と、購入するには多少ちゅうちょしてしまう金額ですが、トイレが詰まって専門業者を呼ぶと、5,000円から10,000円くらい?、場合によっては15,000円くらい?掛かる場合もあるようです。

今後トイレが詰まってしまったときに、自分で直せることを考えれば、決して高い買い物ではないですよね。

ローポンプスーパーの使い方

詰まって溢れてしまいそうなトイレですが、自主規制でモザイクを掛けさせて頂きました。(笑)

便器の右上に写っているのがローポンプスーパーです。かなり前の旧式タイプなので、現在販売されているものとは、形に多少の違いがあります。

使い方は超簡単です。真空パイプクリーナの使い方と同じですが、その効果は大人と子どもくらいの差があります。

ローポンプの先端を便器の排水の穴に差し込み、レバーをグイッと引くだけです。

この写真はアッと言う間に詰まりが抜けてしまった後の写真ですが、完全に詰まっていて、水がほぼ満水の状態でローポンプを差し込むと、便器から水が溢れて床を汚してしまいます。

スポイトなどで1/3くらい水を抜いてから作業します。

作業はレバーを「引く」のが基本です。レバーを押して詰まりが抜けることもありますが、余計に押し固めてしまうことがあるので、あくまでも「引く」のが基本です。

便器の排水口に小さな穴や四角い穴が開いているサイホンゼット式の便器は、それぞれの穴の先にローポンプの先端を差し込まないと圧力が逃げてしまうので、グイッと奥まで差し込んで作業します。

 

今までラバーカップを使っていた方は、このローポンプスーパーを使うと、おそらくカルチャーショックを受けると思いますよ(笑)

ほんと、超、超、簡単に詰まりが抜けてしまいますから。

スポンサーリンク

ローポンプスーパーの用途

対応するトイレの詰まり

芳香剤のフタ、タワシ、ボールペン、スマホ、子どものオモチャなどの異物は、レバーを「引く」ことにより、手前に引っ張り出すことができることもありますが(試す価値あり)、先で引っ掛かってしまうとローポンプでは対応が難しいです。そのときは便器を外しましょう。

また、便器より先の排水管で詰まっている場合も対応できません。外桝を開けてみましょう。

便器の詰まりでは、大量のトイレットペーパー、溶けない箱ティッシュ、便秘気味の大便、バリウムが混ざった大便、生理用ナプキン、雑巾、オムツなどは詰まりを抜くことができます。

ペーパーや大便など解しやすいものは、「引いて」→「ゆっくり押して」→「小刻みに引いて押して」と、詰まっているものを解すイメージです。力強く押してはダメですよ。押し固めない程度に解すイメージです。

生理用ナプキン、雑巾、オムツなどは解すことができないし、生理用ナプキンやオムツは便器内部で膨張してしまうので、レバーを引いて吸い出すイメージで作業します。

トイレ以外の箇所

この強力な道具は様々な場面で活躍してくれます。トイレ以外では、ユニットバスの排水トラップの詰まり、洗濯機防水パンの排水トラップの詰まり、キッチン流し台の排水ホースの詰まり、洗面台排水トラップの詰まりなどに使えます。

これらの箇所でも、使い方の基本は「引く」です。

洗面台ではオーバーフローから圧力が逃げてしまいますので、オーバーフローの穴に雑巾などを詰め込んで作業します。

まとめ

何度も言いますが、本当に重宝する道具ですよ。今までラバーカップを使っていた方は、「え?本当に?こんなに簡単に直せるの?」と驚かれると思います。

今までに数回トイレが詰まったことがあるというお宅、ローポンプスーパープラスを常備されてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク