便器の外し方

解決!自分で直す!トイレの詰まり|便器を取り外す方法|便器脱着

2016年4月4日

 

便器を外す

 

便器内の水を抜く

 

便器の外し方

 

先ほどタンクから流した残りの水を吸い取ります。タンクと便器が接続されていた上側の穴にも水が溜まっているので、雑巾などで吸い出しましょう。

 

ヤマちゃん
水を抜くと封水が切れるため、汚水管から異臭が上がってきます。換気をよくしましょう。

 

便器を固定しているナットやネジを外す

 

プラスチックのキャップを外し、ナット二箇所と床に固定している木ネジ二箇所を外します。このときスムーズにナットが回れば問題ないのですが、ナットとボルトが腐食して外せないことがあります。完全に錆び付いてナットを回すとボルトも共回りしてしまいます。腐食が進行するとナットがサビの塊になって原型を留めていないこともあります。

フランジボルトのナットが腐食して外せない場合に、とても便利な道具があります。下記の記事をご覧ください。

ナットブレーカーの使い方
解決!便器のナットが錆びて外せない対処方法|ナットブレーカーで割ってしまおう

  トイレが詰まる原因は様々ですが、大便やトイレットペーパー以外の異物を流してしまうと、便器を外さないと取り出 ...

続きを見る

 

便器を起こす

 

トイレつまり便器を外す

 

手前から正面壁側に便器を立てるように、静かに少しずつ外します。

便器と床フランジの間にPシールガスケット(硬いねん土の様なパテの様なもの)が付いているのですが、固まってしまっていることがあるので少しずつ外していきます。

ココに注意

冬場だとガスケットがカチカチに固まっていたり、粘着力のあるガスケットだと中々動きません。力任せに便器を外そうとすると、本来固定されているはずの床フランジまで、便器と一緒にバリバリッ!!!と取れてしまうことがあります。(経験あり)便器を少しずつ左右に動かしながら外すと良いと思います。※TOTO純正のPシールガスケットは大丈夫ですが、ホームセンターで購入できるSAN-EIの黒いガスケットだとかなり粘着力が高いです。

 

異物を取り出す

 

トイレつまり便器を外す

 

便器の下の穴からライトで照らして覗いてみましょう。出口に無ければ小さな鏡で内部を覗いてみましょう。詰まったものが手前にある場合もあれば、奥にある場合もあります。奥に挟まっているのが見えたら、針金ハンガーで引っ掛けて取り出します。

※写真は先端が交換できるトイレブラシのスポンジが詰まっていました。2枚も。

 

便器 外し方

▲小学校では掃除ブラシ、絵の具の筆、鉛筆などが詰まっていました。

 

異物が確認できない場合

 

上記の様に詰まっている異物が見えれば簡単ですが、難しいのは明らかに異物が入っている可能性があるのに、便器の上の穴からも下の穴からも、引っ掛かっているものが見えない場合です。その場合の直す方法を説明します。

この方法はローポンプスーパープラスを使用するのが前提です。(真空パイプクリーナーやラバーカップでも試す価値はありますが、圧力が弱いかも知れません。)

ローポンプスーパープラスについては、こちらの記事を御覧ください。

 

トイレの詰まり直し方
【必見!】プロが使用するローポンプスーパープラスでトイレのつまりに一発回答

  このブログのカテゴリー「トイレ」の中に、サンエイで販売している「真空パイプクリーナー」を使用して、トイレの ...

続きを見る

 

step
1

水浸しになっても良い所に便器を移動します。外に持ち出すと途中で水が垂れたり、落として破損させる恐れもあるので、移動距離の短い風呂場が良いです。

 

step
2

大きめのタオルを風呂場の床に敷きます。ユニットバスなどFRPの床やタイルの床など、床と便器をお互いに傷付けない様にするためです。

 

step
3

便器の裏側を上にしてタオルの上に置きます。

※上から入った異物は上から取るのが一番取りやすいので、便器を逆さまにします。

 

step
4

便器の裏側の穴に詰め物をします。雑巾やタオルを丸めて、隙間が無いように出来るだけ奥まで詰め込みます。

ここでローポンプスーパープラスを使用します。真空の状態にしないと効果が弱くなるので、詰め込んだ穴に水を一杯まで注ぎます。

 

step
5

レバーを引いた状態にして、ローポンプスーパープラスを穴に合わせ、一気にレバーを押します。※通常の詰まりでローポンプスーパープラスを使用する場合は、レバーを「引く!」のが基本ですが、ここでは「押す!」です。

鳩の豆鉄砲の原理です。

※水が抜けやすいように雑巾を重ねて置いて、便器の下に隙間をつくると作業しやすいです。

 

step
6

一発でスポンッ!と抜ける場合もありますが、何回か繰り返さないとダメな場合もあります。注いだ水が抜けてしまったら、再度水を一杯にして作業してください。途中、丸めた雑巾やタオルの端だけが出てくる場合があります。端を掴んで一気に引っ張ると、詰まっていた物が出てきます。

※この作業を行うと、異物に引っ掛かったペーパーや大便なども「ドバッ」と出ることがあります。排水溝に詰まらないように気をつけて下さい。

 

次のページへ >

関連コンテンツ

-トイレ
-