スポンサーリンク

シールテープの巻き方向」の記事で、シールテープは応用が効くというお話しをしましたが、今日は隅付きロータンクの洗浄管が水漏れした時に、シールテープさえあれば、パッキンを使わなくても修理できるお話しをしたいと思います。

洗浄管というのは、壁に取り付けてあるロータンク(隅付きロータンク)と、便器を接続している水が流れ出るパイプのことです。

 

洗浄管の水漏れ箇所

 

三箇所、袋ナットで固定されています。袋ナット内部にはそれぞれパッキンとプラスチックのワッシャーがあります。

 

洗浄管と便器を繋ぐ箇所にはスパットと言う部品が取り付けてあります。
ここにも便器外側と内側に二つのパッキンがあります。

パッキンがある箇所は、すべて水漏れする可能性がある箇所です。
水漏れする原因は、パッキン経年劣化、毎日便座に座るために起こる僅かな振動、様々な要因による便器のぐらつき、などがあります。

最初の二つは仕方ないところがありますが、便器のぐらつきは原因を究明してしっかりと直さないと、洗浄管の水漏れを直してもまた直ぐに漏れてしまいます。

洗浄管の水漏れを修理する前に理解しておくこと

洗浄管は、2本のパイプを3箇所の袋ナットで接続しています。①②③は全て差し込む構造なので、パッキンを交換するときは、すべてを外さないと交換できません。ところが全てを外してしまうと、水漏れしていなかった箇所からも漏れてしまうことがよくあります

更に、洗浄管はせまいスペースで組まれているため、スパットを緩めないと洗浄管が外せないこともあります。

できることなら余計なところはイジらないで、漏れているところだけ直したいですよね。

良い方法があります。

洗浄管の水漏れをシールテープで直す!

【①で水漏れした場合】
モーターレンチで袋ナットを奥へ(上側から見て時計回り)回して外します。
劣化が進んでいると、パッキンが袋ナットの中で固まっていますが、パッキンは残したままで、排水弁部に差し込んである箇所に、写真の様にシールテープを巻きます。
※洗浄管に巻いている写真がないため、塩ビ管に巻いた写真です(^^;;


雑な絵ですみません。ピンクは排水弁部です。黒い線はパッキンのつもりです。実際にはもっと太いです。水色は袋ナットです。
80cmくらいシールテープを千切って、すべてよじって細くします。

袋ナットを締める方向にシールテープを巻くので、よじったシールテープの中心を洗浄管の奥側から左側にもってきます。
シールテープの中心にもう片方を通して、右側にギュッと締め、グルグルと洗浄管に巻いていきます。


排水弁部の差し込み部分に、巻いたシールテープを隙間に押し込む感じで馴染ませてから、袋ナットを締めます。注意点は2つあります。

袋ナットを締める時に、排水弁部自体が一緒に回ってしまうと、排水弁部の取付箇所から水漏れしてしまうので、タンクの中に手を入れて、排水弁部の根元を押さえながら締めるとベストです。ちょっと窮屈で大変です。

排水弁部はプラスチックです。プラスチックのネジ山に、金属の袋ナットを山違いで締めてしまうと、ネジ山は削れてしまいます。ネジ山がダメになってしまうと、排水弁部を交換しなくてはいけなくなります。

スポンサーリンク

【②で水漏れた場合】 
ここが一番気を使いません(^^)。①と同様に直します。

【③で水漏れした場合】 
①同様に袋ナットを締め込むと、スパット本体も一緒に回ってしまうことがあります。先にスパットの固定ナットを増し締めしておくと良いです。増し締めできないほど固ければ一緒に回らないと思いますが、締め込みは慎重に。

【スパットで水漏れした場合】
ほとんどの場合は、スパットの固定ナットを増し締めすれば直りますが、あまり強く締め込むとスパットの便器内部のパッキンが外れてしまいます。

スパットを取り外すと、老朽化が進んでいて再利用できないことがあるので、その時はスパット交換になります。

交換方法についてはまた別の機会にお話しします。

以上、洗浄管の水漏れをシールテープで直す!お話しでした。読むよりもやってみると、それほど難しくはありあせんので、お試しくださいね。(^○^)

関連コンテンツ