一度お読み頂いた方へのお知らせ
ケルヒャー高圧洗浄機の記事は三つに分かれていましたが1ページににまとめました。よろしくお願いします。

 

以前の記事で手動低圧洗浄(笑)で詰まりを取るお話をしました。かなり原始的てはありますが、詰まりを除去することは充分に可能です。

 

 

でもやっぱり機械を使った方が、作業が早いし確実にキレイに掃除できるのは事実です。

プロに依頼すれば、高圧洗浄機を使って完璧に直してくれることでしょう。但し費用の問題がありますよね(^_^;)

1回の依頼で相場は15,000円~30,000円。時には50,000円とか100,000円とか。(^_^;)

後者の場合、一般家庭の排水の詰まりで排水管を掘り起こして工事するでもなく、この金額はどうなの?と思いますけどね。

今日は家庭用高圧洗浄機についてのお話です。

 

スポンサーリンク

 

高圧洗浄のしくみ

機械に通した水に圧力を掛けて、パイプの中を掃除する!ということなんですけど、なぜホースが進んでいくのか?建物内の排水管から水は吹き出さないのか?って思いませんか?

高圧洗浄機を初めに考えた人は凄いですよね。よくできた仕組みです。

 

ケルヒャー高圧洗浄機排水管のつまり

ケルヒャー高圧洗浄機排水管のつまり

 

高圧ホースの先端にはノズルが付いています。

ノズルには手前に向かって数カ所の穴が開いており、この穴から水が噴き出します。

その圧力によりホースは自ら進んて行きます。

尚かつ、汚れを水圧で砕き、剥がれた汚れを手前に流してくれます。

水は手前に噴くので、室内に逆噴射することはありませんが、ノズルの先端が流し台下に出てしまうと水浸しになります。

どのメーカーを選ぶか?

最近では様々なメーカーが高圧洗浄機を出していますよね。

ホームセンターでも数社の高圧洗浄機を目にします。

その中でどのメーカーにするか?ということですが、費用を考えるとアイリスオーヤマ?日本メーカーに拘るなら東芝?人気知名度でケルヒャー?と悩むところですが、ある一つの大きな理由からイチオシはケルヒャーです。

ケルヒャーのどの機種がよいのか?

そりゃあ値段の高い上位機種ほど性能は良いんだろうけど、できるだけお金は掛けたくないですよね。

ケルヒャーのホームページを見ると5機種あります。

その中でコスト面と性能面で2機種に絞りました。K2ホームキットとK3サイレントベランダです。排水管の清掃以外にも使えるように、あえて付属品の多いものをチョイスしました。

続いて性能面です。高圧洗浄機の性能で一番気になるのが吐出圧力です。簡単にいえば、読んだ如く水を吐き出す力です。メーカーの仕様表によると、K3の吐出圧力は10Mpa(メガパスカル)でK2は9Mpa(メガパスカル)です。

1Mpaでも高いに越したことはありませんが、一般家庭の平均的な水圧は4Kgf/cm2→0.39Mpaと考えると、

 

K2とK3の水圧
K2は91.7745Kgf/cm2→9Mpa
K3は101.972Kgf/cm2→10Mpa
四捨五入してK2だと水道の約23倍、K3だと25倍になります。

 

次に気になるのは、家庭で使う事を考えると、取り回しの良さというのは重要ですよね。

K3は重量が10.3kg、K2は5.5kgです。

排水桝は建物の裏手にあることが多いので、やっぱり軽い方が取り回しは良いです。

吐出圧力を考慮したとしても、軽くて取り回しの効く、更にコストも安いK2がベストではないでしょうか。

 

 

最も重要なオプション

ケルヒャーには排水管清掃用で「パイプクリーニングホース」というオプションがあります。

ケルヒャー高圧洗浄機を使って、自分で排水管清掃がしたいという方は、ほとんどの方がこれを購入するでしょう。

ケルヒャーを使用して、「排水管の詰まりが簡単に取れた」
という方と、「自分でやってみたが、詰まりを取ることが
できなかった」という方の違いは何か?
これは腕の差や機種の差ではなくて、排水管の曲がりが多いのか?少ないのか?
の差です。この純正のホースは材質が硬く、排水管内を掃除するには滑りが
悪いんです。
なので、ほぼ直管なら簡単に清掃するこもができますが、曲がりが2つ以上になると、入れるのが大変なんですよね。上手くできなかった方々は、入れることが困難だったことが想像できます。

注意

無理矢理突っ込むと、抜けなくなってしまうこともあるので注意が必要。

 

前置きが長くなりましたが、オススメはこの高圧ホースです。ケルヒャー社の純正品ではありません。これはプロが使うホースと同じですね。細いステンレス製のワイヤーホースです。
網目状になった内部は耐圧のゴムになっています。スムーズに曲がりを超えていきます。

 

 

プロはなぜ簡単に詰まりが抜けるのか?機械の差はあれど、このホースの差と言っても過言ではないと思います。圧力の差は歴然なので、作業時間ではかないませんが、かなりプロに近い作業ができると思います。

高圧ホースは長ければ長いほど圧力が減ってしまうので、10mがベストでしょう。コックで開閉ができるので、両手を使って作業もしやすいです。そんなプロ仕様の高圧ホースですが、気をつけなくてはいけないこともあります。

注意

折り目厳禁です。材質の特性上、乱暴に扱うと潰れたり折り目が付いてしまいます。また、洗浄機から外して、その辺に無造作に置くと、接続する箇所から砂や小石が入ってしまい目詰まりしてしまいます。この2点は要注意です。

パイプの曲がりは3箇所くらいが限度です。

純正のホースでもその様にうたってますが、スムーズさは全然違うと思います。

プロの使う高圧洗浄機でも、50くらいのパイプの曲がりは3~4箇所が限度なので、その差は、圧力差による作業時間だけではないでしょうか。

 

 

プロの使用する高圧洗浄機に比べれば非力かも知れませんが、時間を掛けて丁寧に作業すれば、詰まりを除去することは充分可能だと思います。

 

Kパパ

この記事はケルヒャー純正でない高圧洗浄ホースを使用するのが大前提です。

排水管の詰まりを清掃する準備

キッチン流し台が流れ出る排水桝を特定する

基本的には台所に一番近い桝ですが、建物の構造により桝が離れている場合もあります。

少量の水なら流しても大丈夫のようでしてら、流してみればすぐに分かると思います。

また、完全に詰まっていて流せない場合でも、排水管のトラップ部分に白い粉石鹸が固まったような塊があるので分かります。

※ この塊は油です。よく洗剤が固まってると思われる方がいますが油です。

一度バーナーで炙った事がありますが完全に溶けました。油などを流していないと思っていても、お皿やフライパンなどに付着した僅かな油でも、徐々に固まってしまいます。

 

ケルヒャー高圧洗浄機排水管のつまり

 

備品の準備

高圧洗浄機やその備品については、それぞれの取扱説明書をご覧ください。

洗浄機以外では、バールなど硬めの棒状の物があると便利です。高圧洗浄すると油の大きな塊がゴロゴロ出てきますので、それを砕くためにあると便利です。

塊のまま流してしまうと、その先で詰まってしまうこともあります。

 

スポンサーリンク

 

ケルヒャー高圧洗浄機で詰まりを直す

洗浄前にすること

流し台下の排水ホース挿入口にウエスなどを詰めて密閉します。

防臭パッキン(クリーンパッキン)がしっかり装着されている場合でも、一度防臭パッキンを取り外してウエスを詰めます。

 

ケルヒャー高圧洗浄機排水管のつまり

 

なぜ詰めるのか?高圧洗浄ホースの先端が排水口から出てしまうと、噴き出した水で流し台の下が池になってしまいます。

また、もう一つの理由があります。油は手前の下流側がら詰まっていきます。(排水管の勾配不良などにより上流側で詰まる例外もあります)

あとで作業方法を説明しますが、下流側で油が固まって詰まっている場合、高圧洗浄ホースを挿入していくと、手前の取りきれていない油の塊の隙間に、洗浄で剥がれた油かすが目詰まりしてしまうことがあります。目詰まりすると手前に出てくる水がチョロチョロと弱くなったり、全く出てこなくなりします。

これに気が付かずに洗浄を続けると、流し台の下から湧き水のように溢れて、油などの悪臭も含んだドロドロな汚水で大変なことになります。

ウエスで密閉しておけば、例え逆流してもシンクに溜まるので、後から掃除も容易でしょう。

それでも密閉したとはいえ少しずつは染み出してくるので、下記の通り洗浄しましょう。

塩ビ桝の場合はトラップ部分の塊を取り除き、掃除口から挿入します。

コンクリート桝の場合はエルボを外してしまった方が良いでしょう。

外した後に排水口に油の大きな塊がある場合は、高圧洗浄する前にパールなどで取れる範囲は取ってしまいましょう。

高圧洗浄ホースを30cm位入れてからバルブを開く

家庭用といってもそこそこの圧力があります。

洗浄ホースの挿入が浅いと、先端が踊ってしまい水が飛び散ったり、自分に当たって思わぬ怪我をすることがありますので注意しましょう。

また、バルブを開くときは、ホースが勝手に進まないようにしっかりと握ってください。

 

Kパパ

高圧洗浄ホースは先端にノズルがついていて幾つかの穴が開いています。この穴から高圧の水が手前に噴き出す仕組みになっているので、手を離すとスルスルと勝手に進んでしまいます。

 

手前から掃除していく

高圧洗浄機の勢いに任せて洗浄ホースを一気に挿入してしまうと、流し台下の排水口から先端が出てしまったり、詰まりが酷いと逆流して溢れてしまうことがあります。

ケルヒャー高圧洗浄機排水管のつまり

 

基本は手前の汚れを掃除しながら徐々に進んでいきます。慣れてくると排水管の曲がりが手元で感じられるようになります。そうすると、どのような箇所に油が溜まりやすいかも分かると思います。丁寧に油の塊を除去しながら進みましょう。

終わりのサイン

管内にまだ油が残っていると白っぽい水が出てきます。水が透明になってきても、何度か繰り返すと油の塊が出てくることがありますので、とにかく丁寧な掃除しましょう。洗浄ホースが進んでいくと、今までの白っぽい水とは明らかに違う、黒っぽいような茶色っぽいような水(水垢やカス)が出てきます。

このような水垢は流し台下の縦管付近に付着しているものなので、水の色が変化したら、それ以上挿入するのはやめた方が無難です。ウエスが詰めてあれば、柔らかいものに当たった感触で分かります。

洗浄が終わったら

シンクに水を張り一気に排水してみます。この時、まだ詰まりがあるとシンク下の排水管口から溢れてしまうので、先ほど溢れ防止のために排水管に詰めたウエスはそのままにしておきましょう。

ボコボコと空気が上がってきたり、水の引きが悪い場合はまだ詰まりがあるので、もう一度洗浄します。問題なければ防臭パッキン(クリーンパッキン)を元どおりにはめます。

外した桝のエルボを取り付けます。エルボのせいで汚れが溜まり詰まりやすいということもありますが、ネズミやゴキブリやチョウバエの進入を防いでくれるし、悪臭も防いでくれるので必ず取り付けましょう。

 

Kパパ

詰まりが酷くなればなるほど作業も時間が掛かります。業者に依頼しても高額になってしまいます。詰まる前から一年に一回とか、定期的に洗浄するのが理想です。自分で直してみると排水の構造も理解できるので、いざという時に慌てずにすみますよね!

 

スポンサーリンク

 

更に完璧にケルヒャー高圧洗浄機で排水管の詰まりを直す!~応用編~

ケルヒャーの高圧洗浄機を使って、外の桝からキッチンの排水管の詰まりを直していると、どうしても限界を感じることがあるかも知れません。

排水管の曲がりの数に比例して、高圧洗浄ホースが入りにくくなるからです。ある程度油の塊を除去できても、もう少し先の方まで洗浄したいとか、どうせ洗浄するならキッチンの下まで全てを洗浄したい、と思いますよね。

 

Kパパ

諦めるのはまだ早いです!更に完璧に洗浄するためのお話しです。

 

キッチン側から高圧洗浄する

外の桝からの洗浄に限界を感じたら、室内のキッチン側から洗浄する方法があります。高圧洗浄ホースの先端のノズルには、手前の方向にいくつかの穴が開いています。この穴から噴射された高圧水の勢いで、ノズルが自分で進んでいきます。

 

Kパパ

これではキッチン側から洗浄すると、水が室内に溢れてしまうのでは?と思いますよね。

 

シンクに水が溜まるようにする

ケルヒャー高圧洗浄機で排水管のつまりを直す

 

シンクの下では排水ホースが排水管に差し込んであるだけです。防臭パッキン(クリーンパッキン)は取り付けてあると思いますが、それを外してそのまま排水口から洗浄すると、手前に溢れた排水で、瞬く間に台所の床が池になってしまいます。

 

排水管を加工する

ケルヒャー高圧洗浄機で排水管のつまりを直す

 

キッチン流し台の排水管のサイズは、殆どがサイズは50です。この50の排水管に50×40の排水ソケットを接続して、排水管のサイズを50から40に落とします。

40のパイプで高さを延長します。そこに排水ホースを差し込んで、5cmくらいの幅のビニールテープを巻きます。ここから水漏れしないように、ビニールテープにはテンションを掛けながら、隙間が無いように強く巻きます。

パイプは50サイズでそのまま延長しても良いのですが、排水ホースを差し込んでテープを巻く時に、隙間が有りすぎると巻きにくいので、40がベストだと思います。

写真では排水プレートの穴を四角くカットしていますが、別途排水プレートを購入した方が、加工もしやすいですし、見栄えも良いと思います。

ソケットやパイプを接続する時は、必ず排水管用のノリを着けて接続します。

シンク側の排水口から高圧洗浄する

ケルヒャー高圧洗浄機で排水管のつまりを直す

 

シンクから高圧洗浄ホースを差し込んで洗浄します。手前に逆流したとしても排水はシンクに溜まるので、床が水浸しにならずに洗浄することができます。ある程度差し込んでみて逆流してこないようであれば、蛇口を開いて水を流しながら洗浄すると、洗浄で汚れた水も下流側に流しながら洗浄することができます。

マンションなどのシンク下の排水管は、排水ホースは使用せずにパイプで直結されているので、このようにシンクの上から洗浄します。洗浄中は、先ほどテープを巻いた箇所から水漏れがないか、確認しながら洗浄しましょう。

更に加工が必要なパターン

上記の排水トラップはサイズが外径が115mmですが、外径が180mmや186mmの大きめの排水トラップでも、排水ホースが接続してあるタイプには有効です例外として更に一手間掛けなくてはいけない場合があります。おしゃれなシステムキッチンに多いのですが、複雑なトラップを使用しているタイプがあります。

洗面台のようにSの字タイプのトラップが取り付けてあると、洗浄ホースを挿入させることが不可能です。このようなタイプの場合は、外径の合う通常の排水トラップに、仮で交換してから作業しましょう。

両側から洗浄して完璧

外からと室内から洗浄する作業は、手間も時間も掛かりますが、両側から洗浄すれば完璧に汚れを落とすことができます。ケルヒャーの高圧洗浄機と、プロが使用する高圧洗浄機を比べれば、そりゃあパワーの面では劣りますが、丁寧に時間を掛けて作業すれば、決してプロに負けることはありません。

一つだけ気を付けなくてはいけないことは、洗浄ホースが抜けなくなってしまわないように、進めては戻し、進めては戻しを繰り返しながら、引っ掛かっていないことを確認しながら洗浄しましょう。

延長した配管は?

延長した配管はそのままが良いでしょう。今後、詰まったとしても排水が溢れるて建物を傷めることもないですし、定期的に高圧洗浄しやすくなります。なので、パイプの接続はノリが垂れないようにキレイに接続して、パイプのサイズに排水プレートの穴を加工するときも、キレイに切断しましょう。仕上がりと見栄えは大切です。

 

 

 

以上、家庭用高圧洗浄機のお話でした。参考にしてみてください。

 

関連コンテンツ