スポンサーリンク

便器を床に固定する床フランジは、そうそう交換するものではないのですが、便器を外してみると大変なことになっていることがあります。サインは床フランジボルト。腐食して錆でボロボロになっていたら要注意です。

今日は破損した床フランジの交換のお話です。

便器の取り外しはこちらをご覧ください。↓↓↓

>>自分で直す!トイレの詰まり 便器を取り外す

床フランジが破損するまでの流れ

Pシールガスケットの老朽により水漏れする

漏れた排水によりフランジボルトが腐食する

 

腐食したフランジボルトが緩み便器がグラつく

フランジボルトに負荷が掛かり床フランジにヒビが入る

 

床フランジを交換する

4箇所の木ねじを外しますが、これだけ水漏れしている場合は、木ねじも腐食していることが多いです。運が良いと外せますが(笑)、ネジ山がナメてしまうことが多いです。
更に酷くなるとネジの頭が取れてしまいます。

ネジ山がダメになってしまったり、ネジの頭が折れてしまったときは、プライヤーやペンチで外します。無理やり抜くことは困難なので、掴んで反時計回りに外します。

ちょっと力が必要かもしれません。

カランプライヤーなどで床フランジを掴み、まわりをバリバリと割ってしまいましょう。

パイプに差し込んである箇所はそのまま抜ける場合もありますが、ほぼ糊付けされていますので、万能鋸シャーパーなどで縦に切れ目を入れます。

注意

間違って排水管を切らないように注意してください。一番気を使う作業です。

慎重に切れ目を入れたら、マイナスドライバーなどを接合部に当てて、ハンマーで軽く叩くと動きますので、プライヤーで掴んで取り外します。

注意

割れて落ちてしまうことがあるので、排水管の中にウエスなど詰めておいた方が良いです。

塩ビ用の糊で接続し、4箇所木ねじで固定したら終了です。

※床フランジはホームセンターで購入できます。サイズは75か100になります。

上に取付写真は、古い木ねじの穴を避けて、しっかり固定できる位置で木ネジを締めたので、センターの位置がズレています。

スポンサーリンク


以上、床フランジ交換のお話しでした。万一遭遇することがありましたら、参考にしてみてください。