便器を床に固定する床フランジは、そうそう交換するものではないのですが、便器を外してみると大変なことになっていることがあります。サインは床フランジボルト。腐食して錆でボロボロになっていたら要注意です。

今日は破損した床フランジの交換のお話です。

便器の取り外しはこちらをご覧ください。↓↓↓

 

スポンサーリンク

 

床フランジが破損するまでの流れ

フランジボルトが腐食する

 

ナットブレーカー

 

便器と床の間には、水漏れしないようにPシールガスケットという大きなパッキンのような部分が取り付けてあります。材質はパテ?粘土?のような粘着性のある材質で、経年劣化によりひび割れしたり、長い月日、毎日便器に座ることで押し潰されてしまい、そこから汚い水が漏れ出しフランジボルトが腐食してしまいます。

 

床フランジ交換

 

上の写真はユニットバスの便器を外したときの写真です。Pシールガスケットが劣化して汚水が漏れ出した状態がよく分かると思います。

床フランジにヒビが入る

 

便器の床フランジを交換

 

フランジボルトが腐食するとナットを押さえてるワッシャーもボロボロになり、便器本体がグラつくようになってしまいます。便器がグラつくとフランジボルトに負荷が掛かり、フランジボルトを押さえている床フランジにヒビが入ります。

 

床フランジ交換

 

上の写真のとおり、フランジボルトの一部が床フランジに引っ掛かるようになっています。便器がグラつくとフランジボルトは引っ張られて、床フランジがパキッと割れてしまいます。

 

 

床フランジを交換する

固定している木ネジを外す

 

床フランジは4本の木ネジで床に固定されています。4箇所の木ネジを外しますが、水漏れしている場合は木ネジも腐食していることが多いです。運が良ければ外せますが、ネジの頭がナメて溝が潰れてしまったり、更に酷くなるとネジの頭が折れてしまいます。

ネジの頭の溝がダメになってしまったり、ネジの頭が折れてしまったときは、プライヤーやペンチで外します。無理やり抜くことは困難なので、掴んで反時計回りに外します。ちょっと力が必要かもしれません。

 

Kパパ

もしも頭が折れて外せない場合は、ハンマーで叩いて打ち込んじゃいましょう。

 

破損した床フランジを外す

 

便器の床フランジを交換

 

木ねじを外したら床フランジを外します。床フランジは塩ビのパイプに差し込んで接続してあります。

最初に工事をした職人さんの付け方によるのですが、塩ビ管用の接着剤で固定している場合と、接着剤を使わずに差し込んであるだけの場合があります。床フランジと床の間にマイナスドライバーなどを差し込んで、左右対称にコジッてみて、少しでも抜けるようでしたら、少しずつ引き抜けば外れます。

コジッても全く動かず、パイプを引っ張り上げているような感覚がある場合は接着されているので、ペンチやプライヤーなどで床フランジを掴み、まわりをバリバリと割ってしまいます。(割ると外しやすくなります)

 

Kパパ

縦のパイプに割ったものが落ちないように雑巾などを詰めて塞いで作業しましょう。

 

床フランジ交換

 

次にパイプの中に残っている床フランジの一部を除去します。完全に接着されている場合、万能鋸シャーパーなどで縦に切れ目を入れます。上の写真は撤去後の床フランジの一部ですが、縦に切ったところ、分かりますか?

Kパパ

ここが一番気を使うところです。床フランジのみを切ります。塩ビのパイプを間違って切らないように、慎重に作業しましょう

 

慎重に切れ目を入れたら、マイナスドライバーをパイプと床フランジの接合部に当てて、ハンマーで軽く叩いて剥がしていきます。一部剥がれだすと動きますので、プライヤーで掴んで取り外します。

 

新しい床フランジを取り付ける

 

便器の床フランジを交換

 

塩ビ用の接着剤で接続し、4箇所木ねじで固定したら終了です。この時、4箇所の古い木ネジの穴、又は打ち込んだ古いビスを避けて固定します。古いネジ穴のまわりは板が弱くなっている場合が多いので再利用はしません。(腐食など無くしっかりと固定できるなら同じ穴に木ねじを締めましょう)

 

Kパパ

接着剤は必要ないと言う方もいますが、私は必要派です。例えば汚水管が詰まってしまった時に、接着されていないと、そこから汚水が漏れ出してしまう可能性が0では無いからです。

 

Kパパ

このように固定すると床フランジのセンターが多少ずれますが、左右のフランジボルトがセンターの位置で引っ掛かれば大丈夫です。

 

必ず4本の木ネジで固定します。以前、接着剤なし、木ネジの固定なしで、便器のまわりをコーキングしている現場に遭遇しました。

便器に物を落としてしまったということで便器を外そうとしたところ、コーキングを切って便器を外したところ、フランジごと外れて唖然としました。

なぜ木ネジで固定しなかったのか不明ですが、木ネジで固定しないと便器が動いてしまうので、便器のまわりをコーキングで固定したようです。便器のまわりにコーキングしてしまうと、万一、水漏れした場合でもコーキング剤により外に漏れてこないため、発見が遅れて床の腐食を早めてしまう可能性があります。

必ず木ネジで固定して、接着剤で接続しましょう。

 

床フランジはホームセンターでも購入できます。サイズは75と100に対応できる兼用タイプを購入しましょう。

 

スポンサーリンク

 


以上、床フランジ交換のお話しでした。万一、やらなくてはいけない機械がありましたら参考にしてみてください。

 

 

関連コンテンツ