スポンサーリンク

アパートなとでベランダの排水が流れずに、雨が降ると水が溜まってしまうお宅はありませんか?

水が溜まってしまうと、下の階のベランダに水がポタポタ漏ってしまったり、夏場だと蚊の発生源にもなってしまいます。

Kパパ

今日はベランダ排水の詰まりのお話です。

ベランダ排水が詰まる原因

ベランダ排水は、ベランダをいつもキレイにしていれば、そう詰まるものではありません。

キレイにしていても、掃除をしたゴミを水で流してしまったら詰まったしまいますけどね。

詰まる原因は大体限られています。

枯れ葉

敷地内の木だったり、隣の家の木だったり、風で飛んできた枯れ葉などはよく詰まります。

ベランダの排水に目皿が取り付けてあれば、まめに除去できますが、目皿が無かったりすると、流れ込んだ枯れ葉はすぐに詰まります。

ベランダに置いた植木

植木鉢の土もよく詰まります。割れて放置されている植木鉢などは絶対にダメです。

土は詰まると圧縮されるので、全く流れなくなってしまうことが多いです。植木鉢は土だけではなく、落ちた葉っぱもだめです。

その他

洗濯バサミやビニールその他、どこから飛んで来たんだ?というようなゴミも詰まります。

ベランダはあまり掃除しないで放置しがちですが、小まめな掃除は必要ですね!

スポンサーリンク

ベランダ排水が詰まった特殊な例

ベランダはいつもキレイにしているのに、目皿も取り付けてあって、配水管内に異物が流れることもない。

なのに流れが良くない…

アパートの外から見て配管を辿っていくと、ベランダの排水は雨水桝に繋がっています。

アパートの作りによっては、雨水を設けずに土中の配水管のみというところもありますが、大概は桝が設けてあります。

桝の蓋を開けてみると…


隣家の木の根っこが侵入して物凄いことになっていました。笑

植物の生命力は強く、コンクリートも突き破り、水のある所に侵入してきます。

塩ビの桝ではほぼありませんが、コンクリート桝だとよくあります。

汚水桝でも当然ありますので、トイレの詰まりの原因にもなります。

一度でも根っこが進入してしまうと、切っても切っても月日が経てば進入してきます。

大掛かりな工事をしない限り進入してくるので、マメに蓋を開けて除去しましょう。

敷地内に木は無く、隣りの家の木が原因なのは明確ですが、かなり立派な木。

切って下さいとも言えず、難しい問題ですよね。

スポンサーリンク

ベランダ排水詰まりの直し方

上記のような特殊な場合を除くと、配管のすべてが詰まることはほとんどありません。アパートなどの場合、大体詰まる箇所は排水口付近、一つ目の曲がり、二つ目の曲がり付近です。飛んできた枯れ葉や腐葉土が詰まることが多いです。

ケルヒャーなどの高圧洗浄機

排水口から挿入して比較的簡単に詰まりを抜くことができます。ただし、詰まりが抜けるまでの間、水はどんどん溜まってきますので、アパートの上階で作業する場合は下階のベランダへの水漏れに気をつけましょう。古いアパートなどは防水がしっかりされていないことも多いので、下に漏れることを前提として下階の洗濯物を取り込んでもらったり、ひと声かけて作業した方が良いですね。

こちらの記事を参考にしてください。

回転式のワイヤーパイプクリーナー

ワイヤーの強度はあまり強くないため、少しずつ回転させながら、詰まっている箇所に穴を開けるような感覚で作業します。ベランダまでホースを引っ張れるなら、ホースの水の勢いと併用しながら、砕いて流す、砕いて流すという感じで作業します。ホースを引っ張ることができないようでしたら、バケツに水を汲んで作業しましょう。

この作業も高圧洗浄と同様に、詰まりが抜けるまでは下階に水漏れする可能性があるので、下階の方に一声掛けましょう。

真空パイプクリーナー

排水口の芯を中心に7cmくらいのスペースがあるようでしたら、真空パイプクリーナーが一番簡単に詰まりを抜くことができる可能性があります。ただし、真空にしないと意味がないため、常に排水口に水が溜まっている状態で作業します。作業の基本は「引く」です。押し出してはいけません。詰まりを悪化させてしまうので、必ずレバーを手前に引いて、詰まっているものを解すイメージで作業しましょう。

マンションなど大きな集合住宅は縦の管も太くストレートで配管されているので、管の中で詰まることはほとんどありません。排水口の格子部分に引っかかったゴミを除去しましょう。


ベランダもそうですが、いざ詰まって大変な思いをしないように、日頃からベランダや桝を小まめな掃除をしましょう。

以上、ベランダ排水詰まりのお話でした。

関連コンテンツ