固くて外れない排水筒を外す方法

こんにちはKパパです。

ユニットバスや洗濯機防水パンの排水トラップには、よく髪の毛や洗い屑が溜まります。

ついに詰まってしまったため、いざ排水トラップを外して掃除しようとすると、長年放ったらかしにしていた目皿や排水筒が、固着して外せないということはよくあります。

素手では全く外せない。

ペンチやプライヤーで無理やりコジッて、目皿が破損したり排水筒の突起の部分が破損してしまったことはないですか?

今日はこれらを外すお話です。

スポンサーリンク

排水筒のタイプ

排水筒のタイプはメーカーにより様々ですが、大体この二種類になります。

上の写真が凹凸の溝を合わせて外すタイプで、下の写真がネジになっていて回して外すタイプです。

両方のタイプ共に反時計回りに外します。

上の凹凸に合わせて外すタイプは、多少固くても比較的外しやすいですが、下のタイプは固着してしまうと、外すのに一苦労する方も多いと思います。

固着した排水筒を外す

よくやってしまうミスは、排水筒の凸をプライヤーなどで掴んで回そうとすることです。

力任せに回そうとすると、凸の部分は簡単に破損します。

一箇所掴んで回るくらいなら、手で簡単に外れるでしょう。

スムーズに外すには対面の凸に均一に力を入れることが必要です。

           クリックすると大きくなります

カランプライヤーが活躍します。通常のプライヤーと違い、先端が排水筒に対して直角になる形状なので、とても使いやすいですよ。

カランプライヤーの先端を排水筒の凸の幅に広げ、矢印の2箇所に垂直に引っ掛けて、均一に力が加わるように左に回します。

2箇所に力が加わると簡単に外れます。

注意しなくてはいけないことがあります。排水筒と一緒に本体が回ってしまうことがあります。

本体は下側のメスネジ側に、上側のオスネジを時計回りにねじ込んで挟む形で固定されているため、排水筒を反時計回りに外すと、一緒に回ってしまうのです。

それぞれ回す方向が逆であれば、こんなことは無いんですけどね。

本体が一緒に回ってしまったら

便利な道具があります。「排水トラップを締め付ける工具」で検索すると、すぐに見つかると思います。

トラップの凹凸の形状に合わせて引っ掛かるようになっており、上部の穴にドライバーなどを通して締め付ける工具です。

本体が緩んでしまうと、床下へ水漏れを起こしてしまう箇所なので、手締めせずにこのような工具でしっかりと締め付けた方が良いです。

外れてしまった時はこちらを参考にしてください。

固着した排水筒を無理に回すと、トラップが脱落することがある


以上、固くて外れない排水筒を外すお話しでした。

スポンサーリンク
    

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ