TOTOのシングルレバー混合水栓ワンホールタイプを分解してみました。レバーを上に持ち上げると水やお湯が出るタイプの水栓です。分解してみると仕組みがよく分かりますね。水漏れ箇所の原因もよく分かります。

 

スポンサーリンク

 

分解してみた

 

シングルレバー混合水栓分解

 

 

レバー

写真には写っていませんが(すみません)、レバーはキャップを外すと奥にビスが見えます。これを反時計回りにプラスドライバーで回すとビスが外れ、ハンドルを取り外すことができます。

メーカーによっては、はめ込んであるだけのタイプや、ハンドルの頭の根元にビスで固定してあるものもあります。

 

化粧カバー

水栓カートリッジと固定カバーを隠しているメッキのカバーです。

 

カートリッジ固定カバー

頭の部分をモーターレンチなどで、反時計回りに外します。水栓カートリッジを交換する時は、ここを外さないといけないわけですが、古くなるとほぼ固着しています。

 

 

固着しているとどうなるのか?

水栓本体は締め付けナットで固定されているのですが、カートリッジ固定カバーの方が強力に固着していると、外そうとした時に、本体も一緒に動いてしまいます。

一緒に動いてしまうとどうなるのか?

上の写真を見て下さい。左端に二本のパイプがありますよね。これは水とお湯のパイプで銅管です。一緒に動いてしまうと、ここがよじれて亀裂が入ったり潰れてしまいます。

固着したカバーの外し方

傷が付かないように、本体の下の方にウエスなどで覆って、カランプライヤーなどで掴んで固定し外すことができれば良いですが、カバーが完全に固着しているとカランプライヤーでは掴みきれません。その場合、パイプレンチで固定すれば強力に固定できますが、キズが付くことは避けられません。

 

水栓カートリッジ

シングルレバー混合水栓の分解

 

シングルレバー混合水栓の心臓部です。レバーを閉じても水が止まらないとか、上下左右の動きが固いとか、レバーの根元から水が漏れるとかは、このカートリッジの不具合や老朽が原因です。交換で直すことごできます。

ホームセンターに行くと様々なカートリッジが売られていますが、その水栓の型番に合うものでないと交換できません。交換する場合は②で説明したことに気を付けなくてはいけません。

 

吐水ノズル

上に引き出すと外れます。

 

Uパッキン

シングルレバー混合水栓分解

 

Uパッキンが二つはめてあります。ノズルの上下の隙間から水漏れする場合は、このUパッキンの劣化が原因です。

 

固定ナット

写真には写っていません。シンクの固定の仕方は、長い締め付けナットで固定されているタイプ、座金を噛ませて大きな締め付けナットで固定するタイプなどがあります。外す時はどんなタイプにも対応できる立形金具しめつけ工具セットがあると便利です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

シングルレバーの混合水栓は比較的シンプルな作りです。但し、カートリッジの分解などはやめた方がよいです。固定カバーが固着している場合、傷を覚悟して外すよりも、本体の交換を推奨します。

何故なら、古くなった水栓は次から次にあちこち悪くなるので、修理するより交換した方が安上がりな場合もあるし、交換の方が簡単ですよ。

交換の記事はこちらをご覧ください。

 

 

Kパパ

カバーが外れて同型のカートリッジが手に入るようでしたら、もちろん、カートリッジの交換だけでOKです。

 

 

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ