スポンサーリンク

TOTOのシングルレバー混合水栓ワンホールタイプを分解してみました。品番はTKJ31UF3Rです。レバーを上に持ち上げると水やお湯が出るタイプの水栓です。上吐水というやつですね。

以前はレバーを下にすると出る下吐水式もありましたが、地震の時に物が落下してレバーに当たり、水が出っ放しになることが多発したため、上吐水式になったと聞いたことがありますが、定かではありません。

分解

img_3163

レバー

レバーはキャップを外すと奥にビスが見えます。これを反時計回りにプラスドライバーで回すとビスが外れ、ハンドルを取り外すことができます。

メーカーによっては、ただはめ込んであるタイプや、ハンドルの頭の根元にビスで固定してあるものもあります。

カートリッジカバー

頭の部分にモーターレンチなどを噛ませ、反時計回りに外します。

後で説明する、カートリッジを交換する時は、ここを外さないといけないわけですが、古くなるとほぼ固着しています。


[固着しているとどうなるのか?]

モーターレンチでカバーを外そうとすると、シンクに固定してある本体も一緒に回ってしまいます。


[一緒に回ってしまうとどうなるのか?]

シンク下の給水チューブ管(銅管やフレキシブルホース)がよじれてしまいます。ここがよじれて亀裂が入ったり潰れてしまうとアウトです。


傷が付かないように、本体の下の方にウエスなどでカバーして、カランプライヤーなどで掴んで固定し外すことができれば良いですが、カバーが完全に固着しているとカランプライヤーでは掴みきれません。

その場合、パイプレンチを噛ませば強力に固定できますが、キズが付くことは避けられません。

カートリッジ

img_3134

シングルレバー混合水栓の心臓部です。

レバーを閉じても水が止まらないとか、上下左右の動きが固いとか、レバーの根元から水が漏れるとかは、このカートリッジの不具合や老朽が原因です。交換で直すことごできます。

ホームセンターに行くと様々なカートリッジが売られていますが、その水栓の型番に合うものでないと交換できません。

交換する場合は②で説明したことに気を付けなくてはいけません。

固定ナット

シンクの固定の仕方は、写真の様な長いナットで固定されているタイプ、座金を噛ませて大きなナットで固定するタイプなどがあります。どんなタイプにも対応できるセットがあると便利です。

スポンサーリンク

まとめ

シングルレバーの混合水栓は比較的シンプルな作りです。

ただカートリッジの分解などはやめた方がよいです。

カートリッジを交換する場合は、カバーが固着していたら傷を覚悟して外すよりも、本体を交換した方が良いと思います。

古くなった水栓は次から次にあちこち悪くなるので、修理するより交換した方が安上がりな場合もあるし、交換の方が簡単ですよ。

カバーが外れるて同型のカートリッジが手に入るようでしたら、もちろん、カートリッジの交換だけでOKです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ