キッチン排水管の詰まりを掃除して解消する 【もう一度頑張る編】

こんにちはKパパです。

前にも、排水管の詰まりを自分で直す記事を書きました。

業者には依頼せずに自分で直す!というお話しでしたが、その方法は極めて原始的な方法(笑)でした。

結果的には油の塊の蓄積による詰まりは、残念ながら業者に依頼するしかないと、話を結んでしまいましたが、記事を読み返してみて、書いたのは自分なんですけど、「諦めちゃダメだろ…」というのが現在の心境です。(^^;;
書いた本人が後悔しているところです。

その後、高圧洗浄機を使用せずに、完璧に直った成功体験ありましたので、それを含めて「諦めない」お話しをしたいと思います。

スポンサーリンク

排水管の詰まりを、諦めずに低圧洗浄で完全に直した話(笑)

戸建住宅で、流し台からの排水管経路は図のとおりです。

クリックすると大きくなります。

現場の状況

流し台の下から外桝の出口まで曲がりが4箇所です。出口の排水トラップは外す事ができるので、実質3箇所になります。距離は約3mです。

準備したもの

○硬めのホース(透けて見える内部が網目状になっている丈夫なホース)長さは、家の中の一番近い水栓から外桝まで届き、且つ排水管に挿入する2・m分くらいの長さが必要。
○ホースバンド
○フレキ管10cm(挿入するホースの先端に差し込む)
○ハリガネハンガー(かなり活躍する強力な武器)
○ゴム手袋

低圧洗浄で直す!

①詰まりを直す桝から一番近い水栓にホースをつなぎます。

額に汗して作業している時に、ホースが抜けるなんて事がない様に、ホースバンドで固定します。

②挿入するホースの先端に、10cmくらいのフレキ管を差し込みます。

これは僅かでも水圧が増すのと、油の塊に突き刺す効果があります。

フレキの先端を潰してバンドで固定すれば、更に水圧が増しますね。

③ハリガネハンガーを直線に伸ばして、油の塊を引っ掛けられる様に先端を加工します。

④入るところまでホースを差し込み、全開で水を流しながら、ハリガネハンガーの届く範囲の油を掻き出します。

⑤ある程度掻き出したら、次にホースを押し込んでいきます。

排水管内部にはまだまだ油の塊が付着しているので、中々入り辛いと思いますが、入れて引いてを繰り返し、前後に突き刺す様にホースを少しずつ進めていきます。

その途中でも油の塊はボロボロと出てきますので、やりがいを感じながら作業できますよ(笑)

ハリガネハンガーと併用しながら作業すると良いです。

詰まりが集中する箇所は、出口から大体1~2mくらいなので、ハリガネハンガーが届かなくなったら、ホースで掃除します。

完全に詰まっている場合ですと、この作業で詰まっている箇所が貫通すると、ホースから出している以上の水がドォーっと出てくる瞬間があります。

取り敢えず貫通したら、流し台からも水を流しながら作業すると効率良く掃除できます。

まだ油の塊は残っているので、あまり勢い良く水を流すと溢れてしまう可能性があるので、適度に出しましょう。

⑥流し台までの距離とホースの長さはを確認しながら入れていくと、黒っぽい茶色っぽい柔らかな汚れが出てくるようになります。

これが出てくるところまで到達したら、もうそこまででOKです。

スポンサーリンク

あまり奥まで入れると、流し台の下から水が噴き出してしまいますので注意しましょう。

⑦ここまで作業してくると、指先に手元のホースを伝わって、排水管の曲がりの感覚や、油の塊に当たる感触が分かるようになってきます。

異物に当たる違和感が無くなるまで作業します。おそらく最後に大物が出てきます。(^^;;

私はこの作業で1時間30分くらい掛かりました。(^^;;かなり腰にきますので、休み休みやった方が良いですね。

クリックすると大きくなります。

今まで説明した作業はコンクリート桝での話ですが、上記のような塩ビ桝の場合ですと、図の青い線の箇所に油が固まります。掃除口が設置してあるタイプであれば、掃除口のフタと本体のフタを開けて両方から低圧洗浄すれば、比較的簡単に油の塊を除去できます。

桝から上流側を掃除する場合は、掃除口から図の様にホースを入れます。

右の様に掃除口が無い場合は、本体のフタを開けたところから掃除します。

横引きの排水管にホースを差し込むのはかなり困難です。

基本的にはトラップのある箇所には掃除口を取り付けないといけない決まりがあるので、ごくまれなケースになります。

まとめ

何事もそうなのですが、作業するときは想像する事が大切だと思います。

排水管の経路や詰まっている箇所をイメージしながら作業すると、「少しずつ直ってるんだ!」と実感しながら作業できますよ。

この低圧洗浄?(笑)は排水管の曲がりがいくつあるのか?が最も重要になってきます。

それと、二つくらいの曲がりでも、図のような配管だと、ホースを差し込むのはかなり困難です。

なので、全ての排水管の詰まりに対応できるのか?と言われたら「No!」になります。

ただ、前回は「これでダメなら業者さんに頼んでください!」などと言いいましたが、今回はまだ諦めません!別の方法もあるので、それはまた今度お話しします。


以上、諦めずに、意地でも業者には頼まないと思い直したお話しでした。

スポンサーリンク
    

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ