スポンサーリンク

今日はパイプ洗浄剤のお話しです。テレビのコマーシャルで「パイプの詰まりに◯◯◯!キレイに詰まりを解消!」みたいなの、よく見ますよね。

ネットショップで調べてみても、苛性ソーダ系の商品が絶賛されていて、高い評価が目に付きます。最初に目に付く、高評価★★★★と低評価★を読み比べてみると???評価は真っ二つに割れてますね。

なぜ、これほどまでに評価が違うのか。これは洗浄剤で解消される程度の詰まりだったのか、洗浄剤では太刀打ちできない詰まりだったのか、の違いだと思います。当たり前ですけどね。

パイプ洗浄剤で効果があるのは

コマーシャルで放送しているパイプ洗浄剤や、ネットで購入できる苛性ソーダで効果を得るためには、洗浄剤を溜めて浸けおきが大前提です。

浸かった状態でジワジワと溶かしていきます。

なので、洗面台の排水SトラップのUの部分や、キッチンのゴミかごを外した水の溜まっている部分、浴室・洗濯機防水パン排水トラップの水が溜まっている部分などで効果があります。

キッチンでは、排水ホースの詰まりくらいまでは効果があると思います。

パイプ洗浄剤では効果が無いのは

その先の排水管で、長年の間に蓄積された油の塊による詰まりには、ほとんど効果が無いと思います。

例えば内径が5cmのパイプで、2~3m先の詰まっている箇所を溶かすために、洗浄剤を何本分注入すればいいのか?という事になります。

外の出口付近で詰まっていれば、いくらシンクから洗浄剤を注入しても、大海の一滴ですよね。洗浄剤を流し入れ、更に詰まりが酷くなったということがよくあります。

詰まっている箇所よりも手前の、比較的軟らかい油汚れが溶けて、肝心な箇所に目詰まりしてしまうんです。★の数の違いは、手前の簡単な詰まりだったのか?排水管の先の方での酷い詰まりだったのか?の違いだと思います。

スポンサーリンク

パイプ洗浄剤や苛性ソーダに思うこと

これらの洗浄剤は、排水溝を常に清潔に保つためには、大変有効だと思います。トラップに流し入れ一晩溜めておけば、ヌメリもキレイに取れますしね。

詰まりを除去するために有効か?ということを考えると、トラップを取り外して、手で髪の毛を取った方が確実に掃除できます。

風呂場は排水溝のトラップ筒を外せば、詰まった大量の髪の毛がゴッソリ取れるし、洗面台の排水はSトラップを外せば簡単に掃除できます。

結論

洗浄剤で詰まりを解消できるような詰まりなら、トラップを外して掃除した方が手っ取り早いですよ。指も入らない隙間なら、ラバーカップや真空パイプクリーナーを使えば良いと思っています。

一晩浸け置きしなくても良いので、生活に支障をきたすこともないですしね。詰まりは直しても直しても、月日が経てばまた詰まります。

詰まる度に洗浄剤を購入するのか、道具を使い回して直すのか、ですね。

以上、パイプ洗浄剤について、わたしの個人的見解でした。

スポンサーリンク

関連コンテンツ