スポンサーリンク

TOTOのシャワー付2ハンドル混合水栓TMS20Cを分解してみました。

各箇所の水漏れにどこまで自分で直せるのか?を検証してみました。

機種限定ですが、参考にして頂ければと思います。

※シャワーホースと取付脚を外した状態です。

水漏れする箇所

※取付脚は写っていません。

水漏れする恐れのある箇所です。

①ハンドルの根元
ハンドルを開けると、ハンドル内部から水漏れする。
②シャワーホース根元
シャワーに切り替えると、根元の袋ナットから水漏れする。
③ノズルの根元
ハンドルを開けると、根元から水漏れする。
④切替レバーの根元
シャワーとノズルを切り替えると、根元から水漏れする。
⑤シャワーに切り替えてもノズルから漏れる
一時止水できない。片側にレバーを切り替えても水漏れする。
⑥水栓本体と取付脚の間
常時、袋ナットからポタポタと水漏れする。

分解してみた


モンキーレンチとプラスドライバーとオーリングピッカーで分解しました。全パーツ簡単に分解できます。

①品番TH737
スピンドルです。袋ナットなどは無く、コマパッキンなども一体式です。MYMの水栓に似ています。
②品番9C3100
シャワーホースを自在に動かす部品です。Oリング(オーリング)がはめてあります。
③品番THY200A
ノズル一式です。根元にパッキンがはめてあります。
④品番5J000018
切替レバー根元の袋ナットです。内部に上部パッキンがはめてあります。
⑤品番THY525-1R
シャワーの切り替えバルブ部です。②を外して、表側を摘んで時計回りに回すと外れます。
⑥クランクナット
写真には写っていませんが、取付脚の接続パッキンです。

パッキン交換で修理可能な箇所

パッキンの交換で修理可能な箇所は4箇所です。

  1. ②Oリング(オーリング)

    ホームセンターで購入できます。同じサイズで厚みも重要です。外したOリングを持って行った方が良いですね。

  2. ③ノズルパッキン

    通常のノズルパッキンで大丈夫です。ホームセンターで購入できます。

  3. ④上部パッキン

    通常の上部パッキンと比較すると、若干厚みが薄いですが、通常の上部パッキンでも代用できそうです。

  4. ⑥クランクナットパッキン

    ホームセンターで購入できます。

スポンサーリンク

部品交換が必要な箇所

  1. ①品番TH737.分解は困難です。ネットで購入できます。
  2. ⑤品番THY525-1R.部品自体の磨耗が原因になるので、交換になります。ネットで購入できます。
  3. 品番THY200A.※ノズルの根元が腐食や変形している場合はノズル交換になります。ネットで購入できます。

 

以上、分解してパッキン交換で済む箇所と、部品交換になる箇所の説明でした。参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連コンテンツ