スポンサーリンク

最近、我が家のウォシュレットの調子が悪くなってきました。おしり洗浄ボタンが反応しない。仕方ないのでビデボタンで代用していましたが、停止ボタンも反応しない。

乾燥ボタンを押せば温風が吹き出し水は止まります。

停止ボタンが逝ってるため、乾燥の停止もできないので、急いで立ち上がり着座センサーにより停止させます。笑

この方法は息子が編み出しました。笑

更に、ノズル先端から水漏れするようになりました。

1秒間に一滴の割合でポタ…ポタ…と漏れます。使う度にウォシュレットの止水栓を開閉している状態です。

このウォシュレット、レトロ感たっぷりです。化石と言っても良いでしょう。^^;

現在普及しているタイプは、右サイドに小さなスペースでコントロールパネルが付いてますよね。

シンプルにまとまった外観です。

我が家のウォシュレットは20年位前?のタイプで、両サイドにコントローラーがあります。

しかも縦にでかい。

日本一周している自転車野郎が、荷台の両サイドにぶら下げているバッグを想像してください。^^;

もう、いい加減買い換え時ですよね。

水回りは自分で直す!をモットーとしていますが、機械物は大変です。

20年?以上前の部品なんて無いだろうし、メーカーに修理依頼して、修理が可能だったとしても、新しい物を買った方が安上がりでしょうね。

今まで使えていたので(現在でも使えない訳ではない)、新しい物に興味は無かったのですが、ネットで調べてみると最近のウォシュレットは凄い機能満載ですよね。

どうしようかな?買うか?

いや、多分、使えなくなるまで使い倒すと思います。

「ウォシュレットの修理」や「ウォシュレットの交換」などを検索して見に来られた方、すみません!ただの独り言になってしまいました。^^;

因みに修理じゃなくて、交換なら超簡単にできますよ!交換の仕方はまたの機会になりますが、選び方についてポイントがあります。

購入は老舗メーカーのカタログに載っている機種をネットで見つけて、一番安い物を購入しましょう。価格.com、Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングなど。

スポンサーリンク

私が温水洗浄便座をネットで買う理由

その1.老舗メーカーを選ぶ

某各家電メーカーが後追いで温水洗浄便座を発売していますが、水道屋さんは頼まれれば取り付けはしますが、自分から勧めることは絶対にありません。

理由は簡単。壊れやすいからです。

また、洗浄時の水の出方が、老舗メーカーとはまるで違います。

雑というか、ただ出てるだけ。優しさがありません。安かろう悪かろうそのまんまです。

その2.メーカーカタログ掲載商品を選ぶ

量販店やホームセンターで見ると、同じメーカー名なのにネットで見る価格より安く販売されていますよね?これはノズル位置調整機能や、洗浄モードを省いてコストダウンしているんです。

なのでメーカーのカタログには存在しない型番になります。このあたりをどう評価するかですよね。

機能云々よりも安さが一番ということでしたら、ホームセンターで買うのが良いでしょう。

ただ、一度購入すれば10年以上はもつものなので、長い目で見た場合に数万円の違いをどう見るか。

私でしたら10年便利に使いたいです。

スポンサーリンク

その3.老舗メーカーどちらを選ぶか

言わずと知れたTOTOとlixil(ina→INAX→lixil)。トヨタか日産か?みたいですが。

個人的にはTOTOオシです。

それは何故か?

旧INAX製品は特殊な構造が多く、一般的な部品での代用ができない物が多いです。

また、部品のみの調達も難しい。売ってくれない。温水洗浄便座では分かりませんが、今までINAX製品を修理してきて不便に思うことが多かったんですよね。

以上、個人的に思う購入の基準です。あくまでも個人的な意見です。