トイレが臭い原因と、自分では解決できない構造上の問題

こんにちはKパパです。

最近では男性の小便の仕方で、立ってするのか?座ってするのか?論争が巻き起こってますよね?(笑)

論争と言うよりも、普段トイレ掃除をする奥様から、一方的に「汚れるから座ってしなさい!!」と言うことのようですが(^_^;

今日はトイレが臭くなる原因のお話です。

 

一般的なトイレが臭う原因

一般的なトイレの悪臭には、ほとんどが小便の飛び散りによる臭いです。

見た目にはさほど汚れているように見えなくても、結構飛び散っているようです(^_^;

クリックすると画像が大きくなります

スポンサーリンク

どこまで掃除すれば良いのか?

写真のとおり範囲は広いです(^_^; 床や便器の外側は普通に掃除できますよね。

取り外しが必要な箇所があります。

便器と便座の間の汚れ、写真には写っていませんが、ウォシュレットが取り付けてあると、普通便座よりもかなり汚れています。

便器と床の隙間も場合によっては便器の取り外しが必要になります。

便器を取り付けてある床フランジPシールガスケットに不具合があり漏れると、便器の下に汚水が溜まってしまい、かなりキツイ悪臭を発します。

便座の取り外し方と、タンクと便器の間や便器の取り外し方は下記リンクを参考にして頂ければ掃除できると思います。

ウォシュレットはワンタッチで外せるタイプもありますが、固定してある台座まで外して掃除しましょう。

メーカ問わず寸法兼用便座の交換

自分で直す!トイレの詰まり 便器を取り外す

便器淵の裏側は尿石が付着していたりするので、酸性のクリーナーで掃除をするのですが、洗剤だけで堆積した尿石を除去するのはかなり困難です。

 

スポンサーリンク

自分では解決できない賃貸の問題

新たな生活の始まりで入居された時に、どうもトイレが臭う!ってことありませんか?

しばらく空室になっていたために便器内の水位が下がり、封水が切れて臭うという場合には、水を流せば臭いはなくなります。多少染み付いていた臭いも、生活を始めれば徐々に消えていきます。

が、構造上の場合があります。

集合住宅の場合、それぞれの部屋の排水管は、縦であったり桝であったりつながっています。

上階で排水すると、配管内の空気の移動により引っ張られて、便器内の水位が下がってしまうことがあります。

水位が下がると封水が切れて臭いが発生します。

臭ったり臭わなかったりするという場合はこれが原因です。

通常はこのようなことが無いように、配管に通気口が設けられているのですが、配管の仕方によりてうまく通気されないとか、稀ですが通気口付近に鳥が巣を作ってしまったとか、元から通気口が無いということもあります。

また、通気には問題が無く、便器も封水されているのに臭うということがありました。

トイレ内だけでなく、隣り合わせた脱衣所やキッチンでも臭いました。

最終的に壁を開口して調べたところ、通常は外に抜けるよに取り付ける通気口が、壁裏で縦に枝分かれされただけの状態ということがありました。

臭いは外に抜けずに壁の中で充満したんですね。

これらのように賃貸では自分で解決できない問題も多々あるので、管理会社に連絡をして専門家にみてもらった方が良いですね。

まとめ

便座を外して掃除したりするのは女性でもできますが、触るのがイヤなくらいめちゃくちゃ汚いし、何よりも飛び散らかしたのは男性なので、世のお父さん!自分で掃除しましょうね(^_^;

除菌消臭にはこれを使用しています。

天然素材除菌消臭スプレー




以上、自分は座って小便するのは絶対にイヤなので、自分で掃除はしますよ!って話でした(笑)

スポンサーリンク
    

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ