今日は洋式大便器の便座を交換するお話しです。

便座は割と丈夫だし、交換したりすることはないのでは?と思いますが、便座と蓋を下ろすときに、ちょっと乱暴にすると、座るところにヒビがはいってしまったりします。

ホームセンターのトイレで、割れているのを気が付かずに座ってしまって、ヒビにお尻が挟まったこたがあります。

個室の中で思わず「イッテェーー!!」と小声で叫びました。「ホームセンターなんだから、便座くらい交換しとけよ…」とボソボソ呟きながら。

スポンサーリンク

便座を購入する

ホームセンターで見ると、「レギュラーサイズ」と「エロンゲートサイズ兼用」というのがあります。

レギュラーとエロンゲートというのは、便器のサイズのことなんですが、この兼用タイプを購入すれば、ほとんどのタイプに合います。

メーカーも問いません。

便座は大緊急で交換しなければいけないというものでもないので、お急ぎでなければネット注文の方が安いかもしれません。

古い便座を取り外す

新しい便座を購入すると、専用の取付工具が付属品として入っています。

これは既設の便座を外すこともできます。

合わないときは、モンキーやプライヤーで外してください。外す方向は時計回りです。

ナットはプラスチック製で、傷が付いたり、潰れてしまうことがありますが、処分してしまうものなので、気にせずに外しましょう。

古い便座を外すと分かるのですが、外した後はかなり汚れています。

臭いの原因にもなるので、キレイに掃除します。

スポンサーリンク

新しい便座を取り付ける

掃除が終わったら、説明書のとおりに、それぞれレギュラータイプかエロンゲートタイプに合うようにとりつけます。

付属の工具で反時計回りに締めます。

便座は毎日座る繰り返しで緩んでくるので、少々きつめに締めた方が良いですね。

また、緩んできたときのために、専用工具は捨てずに保管しておきましょう。

専用工具が付属するので、モンキーレンチやプライヤーで締め付けないと思いますが、先ほどお話ししたように、ナットやボルトはソフトなプラスチック製なので、強めに締めようとすると、すぐに潰れたり変形したりしますので、必ず専用工具で締め付けましょう。

 

以上、便座の交換についてのお話しでした。交換した古い便座は「燃えないゴミ」に出しましょうね。

スポンサーリンク