お家のトイレはキレイですか?トイレの掃除をすると運気が上がる“らしい“ですから、トイレはいつも清潔にしておきたいですね!

特に一家の主人が掃除する事に意味があるみたいですよ!世のお父さん!頑張って下さい!

さて今日は、トイレのトラブルが起きた時に、「トイレの交換は必要なのか?!」について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

トイレで起こり得るトラブル

【その1】
大量なペーパーや大便を流してしまったり、携帯電話、タワシ、筆記用具、オムツ、生理用品などを誤って流してしまったりと、人為的な原因による詰まり。
また、古いトイレや手入れされていないトイレで、水の溜まる所に、何かが黒く固まっているのを見たことがありませんか?尿石と言って、おしっこが固まり石状になってしまったものです。
あまりにも酷い状態ですと、ペーパーが引っ掛かりやすく、流した後も残ってしまうことがあります。また、詰まりの原因にもなります。
【その2】
お尻のポケットからスマホを落として、便器内にヒビが入ってしまった。という様な便器の破損。
【その3】
酔っ払ってトイレに入り、ヨロケてタンクに手を着いてしまい、タンクが割れた。という様なタンクの破損。飲み屋で多いトラブル。
【その4】
水がチョロチョロ止まらないなど、タンクに関するトラブル。
【その5】
どこからか水漏れして、トイレの床が水浸し。

 

大まかに、だいたい、こんなところでしょうか?

便器交換の必要性

破損以外は交換の必要無し!以上!(笑)

結論は簡単でした^^;

取れない異物は無いし、抜けない詰まりもありません。

そして、部品交換で直らない水漏れもありません。尿石だって良い除去剤があります。

「便器を交換しないと直らないと言われた」と、業者に言われたとか耳にすることがありますが、そんなことはありません。

スポンサーリンク

交換しないといけない場合は?

破損したら交換しなくてはいけないのは、当たり前の話ですが、もつ一つ交換が望ましい場合があります。

ロータンクには防露式タンクと言うのがあります。

蓋を開けると内部が発泡スチロールになっているのを見たことがあると思います。

これはタンク表面の結露防止のためですが、古くなってくると発泡スチロールが剥がれて、間に水が入ってしまうことがあります。

水が入ると発泡スチロールが内側に圧迫されてしまいます。

圧迫されるとボールタップの浮き玉が引っ掛かってしまい、上下に作動しなくなってしまいます。

発泡スチロールを切断したり、内側に圧迫されない様に処置して、応急的に復活させることはできますが、完全に水の浸入は防ぐことはできません。

結果、タンクの表面が結露してしまいます。

この写真のように応急処置してあるのを見たことがあります。

とことん使うのか、交換するのかは持ち主の判断によります。基本的には交換が望ましいですが、交換となると様々な問題があります。

そのお話しはまた別の機会に。

追記:下の関連記事をご覧ください。

スポンサーリンク

以上、破損した以外は便器を交換する必要はない!というお話でした。