トイレ

トイレの水漏れの原因と直す方法

投稿日:2016年4月9日 更新日:

トイレの水漏れにはいくつかの原因がありますが、漏れている箇所が直ぐに分かるものもあれば、トイレ掃除をした時にはじめて気が付いたり、床に置いてあるものが濡れていたりして気が付くこともあります。 でも、どこから漏れているのかが分からないということはありませんか?

 

Kpapa
トイレの水漏れと言っても、様々な原因があります。一つ一つ水漏れするポイントを確認していきましょう。

トイレ水漏れの原因

 

給水管からの水漏れ

トイレの水漏れ

 

タンクに水を送る水道管です。壁から出ているタイプと、床から立ち上がっているタイプがあります。タンクの手前と止水栓の上部に袋ナットが付いていて、パッキンの劣化や袋ナットの緩みで水漏れを起こします。また、経年劣化によりタンク側の給水管のツバ部分に亀裂が入り水漏れすることがあります。下のイラストをご覧ください。

 

トイレの水漏れ

 

袋ナットを外した状態の図です。タンク側の「給水管のツバ」に亀裂が入ることがあります。自然に亀裂が入るというよりも、ボールタップの交換やパッキン交換をして、袋ナットの締め付けにより亀裂が入ります。

止水栓からの水漏れ

 

トイレの水漏れ

 

ハンドル式やドライバー式の、開閉する箇所の根元からの水漏れします。原因は内部の上部パッキンの劣化や、開閉により袋ナットの緩みなどが原因で水漏れします。

止水栓のパッキン交換について、こちらの記事内で触れいます。こちらをご覧ください。

止水栓が固い
自分で直す!止水栓が固くて回らない

止水栓とはトイレの給水管や洗面台の給水・給湯管に取り付けてある、その名のとおり水を止める栓のことですが、トイレタンクの水が何かの異常で出っぱなしになってしまったり、洗面台の下で給水管から水漏れしている ...

続きを見る

 

 

シャワートイレからの水漏れ(ウォシュレット)

トイレの水漏れ

 

一つ目の原因は、給水管と繋がっているチューブまたはホースの接続部からの水漏れです。これも袋ナット内のパッキンの劣化、またはナットの緩みが原因です。二つ目の原因は、シャワートイレ本体からの水漏れです。使用すると本体から水漏れすることがあり、わずかな漏れですと便器を伝って床に漏れます。

漏れが激しいとすぐに分かるのですが、使用したときにだけ漏れるので、僅かな漏れですと結構見逃してしまい、中々気が付かないことが多いです。

 

Kpapa
経年劣化による本体からの水漏れは、メーカーのメンテナンスに依頼して修理するよりも、新しいウォシュレットに交換した方が、長い目で見た時に良いと思います。その都度修理して却って高くつきますから。

 

ココがポイント

シャワートイレが原因で床が濡れていいる場合、便器をよく見ると水が垂れた形跡が残っています。形跡を見つけたら、実際に便座に座ってみて作動させて水漏れがないか確認します。

 

ウォシュレットの交換方法はこちらをご覧ください。

ウォシュレットの交換
誰でもできる!ウォシュレットTCF6621を自分で交換する

ウォシュレットを使っている人にとって、ウォシュレットのない生活などあり得ないくらい生活に浸透していますよね。私もウォシュレットを取り付けていないトイレには、出来る限り入りたくありません。 そんな大好き ...

続きを見る

次のページへ >

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-トイレ
-

Copyright© かんたん!自分で直す水まわり , 2018 All Rights Reserved.