トイレの水漏れにはいくつかの原因がありますが、漏れている箇所が直ぐに分かるものもあれば、トイレ掃除をした時にはじめて気が付いたり、床に置いてあるものが濡れていたりして気が付くこともあります。 でも、どこから漏れているのかが分からないということはありませんか?

Kパパ

トイレの水漏れと言っても、様々な原因があります。一つ一つ水漏れするポイントを確認していきましょう。

スポンサーリンク

トイレ水漏れの原因

 

給水管からの水漏れ

トイレの水漏れ

 

タンクに水を送る水道管です。壁から出ているタイプと、床から立ち上がっているタイプがあります。タンクの手前と止水栓の上部に袋ナットが付いていて、パッキンの劣化や袋ナットの緩みで水漏れを起こします。また、経年劣化によりタンク側の給水管のツバ部分に亀裂が入り水漏れすることがあります。下のイラストをご覧ください。

 

トイレの水漏れ

 

袋ナットを外した状態の図です。タンク側の「給水管のツバ」に亀裂が入ることがあります。自然に亀裂が入るというよりも、ボールタップの交換やパッキン交換をして、袋ナットの締め付けにより亀裂が入ります。

パッキンの劣化で水漏れする場合の修理方法は別に追記します。

 

止水栓からの水漏れ

 

トイレの水漏れ

 

ハンドル式やドライバー式の、開閉する箇所の根元からの水漏れします。原因は内部の上部パッキンの劣化や、開閉により袋ナットの緩みなどが原因で水漏れします。

止水栓からの水漏れの修理方法について、別に追記します。

 

シャワートイレからの水漏れ(ウォシュレット)

トイレの水漏れ

 

一つ目の原因は、給水管と繋がっているチューブまたはホースの接続部からの水漏れです。これも袋ナット内のパッキンの劣化、またはナットの緩みが原因です。二つ目の原因は、シャワートイレ本体からの水漏れです。使用すると本体から水漏れすることがあり、わずかな漏れですと便器を伝って床に漏れます。

漏れが激しいとすぐに分かるのですが、使用したときにだけ漏れるので、僅かな漏れですと結構見逃してしまい、中々気が付かないことが多いです。

 

Kパパ

経年劣化による本体からの水漏れは、メーカーのメンテナンスに依頼して修理するよりも、新しいウォシュレットに交換した方が、長い目で見た時に良いと思います。その都度修理して却って高くつきますから。

 

Kパパ

シャワートイレが原因で床が濡れていいる場合、便器をよく見ると水が垂れた形跡が残っています。形跡を見つけたら、実際に便座に座ってみて作動させて水漏れがないか確認します。

 

ウォシュレットの交換方法はこちらをご覧ください。

 

タンクからの水漏れ

フタの間から水漏れ

 

トイレの水漏れ

 

フタの裏の手洗い管とつながっている蛇腹のホースが外れていたり劣化で亀裂が入っていると、トイレを流した時にその箇所から噴き出して、フタの間から漏れた水が、タンクを伝って床に漏れることとがあります。

また、水圧が強いためにボールタップから勢いよく出た水が、タンクの壁にあたり水が跳ね返ることもあります。

ボールタップの交換はこちらの記事をご覧ください。

 

 

取り付けボルトからの水漏れ

トイレの水漏れ

トイレ水漏れの原因

 

便器とタンクを固定するためのタンク取付けボルが緩んで、そこからタンク内の水が漏れる。通常はここが少々緩んでいても、便器とタンクを固定している締め付けナットが緩んでいなければ水漏れすることはありませんが、長年に渡る座るときの僅かな振動や、地震などで負荷が掛かると漏れます。

少しずつ便器を伝って漏れて、便器のまわりを囲う様に床が濡れます。

Kパパ

タンクを外してナットを締め付ける方法は、↓密結パッキンの交換方法を参考にしてください。

 

密結パッキンの劣化

トイレの水漏れ

トイレ水漏れの原因

 

密結パッキンとは、タンクと便器の間にあるパッキンです。かなり年数の経っている便器では、ここから水漏れする頻度はかなり高いです。水を流した時にかなり激しく漏れるので、原因を特定しやすいです。

 

密結パッキンの交換方法はこちらをご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

 

洗浄管の水漏れ

トイレ水漏れの原因

 

隅付ロータンクタイプの便器で、便器とタンクをつなぐパイプ(洗浄管)からの水漏れです。アパートの三点ユニットバス内にある便器は樹脂製の場合もあります。漏れる原因は各袋ナットのパッキンの劣化、メッキのパイプですと経年劣化により亀裂や穴が開いてしまうなどが原因です。

また、古い建物などの場合、床が腐りはじめ便器が動いてしまい、連動してパイプが緩んでしまうこともあります。

洗浄管からの水漏れ修理方法はこちらをごらんください。

 

 

 

便器と床の間からの水漏れ

トイレの水漏れ

 

給水管の水漏れなどは、すぐに気が付くことができますが、便器のまわりが濡れているんだけど、原因が分からないことがよくあります。様々な箇所から漏れた水が、便器と床の隙間に広がってしまいます。溝に水が垂れると隙間に広がりますよね。あんな感じです。

 

Pシールガスケットの劣化

 

 

トイレ水漏れの原因

 

床フランジと便器の間に取り付けてある、Pシールガスケット(パテの様な部品)の劣化です。便器を外して交換します。

便器に異物を流してしまった時の対処方法の記事ですが、ガスケットを交換するまでの流れは一緒ですので、交換方法はこちらをご覧ください。

 

 

床フランジの破損

トイレ水漏れの原因

 

Pシールガスケットが劣化すると水漏れをし、放置しておくと床が腐り始めます。日々の座る動作で便器が微妙に動く様になってしまうと、固定されているフランジボルトが水漏れで腐り始めます。

更に便器がグラつくようになり、フランジボルトを押さえている床フランジに負荷が掛かり、亀裂が入ってしまいます。トイレの床にも漏れますが、集合住宅や二階にトイレがあるお宅などは、階下にも水漏れてしまうことがあります。

床フランジの交換方法はこちらをご覧ください。

 

 

その他の原因

先程もお話しましたが、便器のまわりが濡れる要因は様々です。ガスケットや床フランジ以外の原因は、給水管、タンク、ウォシュレットなどから漏れた水が、表面張力で便器と床の隙間に集まってくることが多いです。

 

まとめ

これらが水漏れの主な原因ですが、原因を特定する場合、常時水漏れしているのか?水を流すと漏れてくるのか?ウォシュレットを使用した時にもれるのか?など症状を絞っていけば見つけることができます。

水漏れは早く直さないと、他の箇所の傷みにも繋がるので、普段からマメに点検した方が良いですね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ