トイレが水浸しの原因

こんにちはKパパです。

今日はトイレの床が水浸しになるお話しです。

ある日ある時トイレに入ると、床に敷いたマットが水浸しだったりすることがありませんか?子どもが用を足すときに汚したのかな?それにしては臭わないし…これは水だな…ってことありますよね。

トイレの水漏れと言っても、様々な原因があります。

 

トイレ水漏れの原因

給水管からの水漏れ

タンクに繋がっている、壁や床から出ているパイプです。

腐食して穴が開くなどという事は殆どなく、大概は袋ナットや継ぎ目からの水漏れです。

パッキンの劣化やナットの緩みが原因です。

スポンサーリンク

止水栓からの水漏れ

ハンドルだったり、マイナスドライバーで開閉する箇所の根元からの水漏れです。

これも袋ナット内のパッキンの劣化、ナットの緩みが原因です。

シャワートイレからの水漏れ(ウォシュレット)

一つ目の原因は、給水管と繋がっているチューブまたはホースの接続部からの水漏れです。

これも袋ナット内のパッキンの劣化、またはナットの緩みが原因です。

二つ目の原因は、シャワートイレ本体からの水漏れです。

使用すると本体から水漏れし、便器を伝って床に漏れます。

使用したときだけ漏れるので、これは結構見逃してしまい中々気が付かないことが多いです。

タンクからの水漏れ

フタの間から水漏れ

タンク内の手洗い管に繋がっている蛇腹が外れ掛かっていたり、劣化で穴があいていたりすると、噴き出してフタの間から水漏れし、タンクを伝って床に漏れることとがあります。

または、水圧が強くボールタップから勢いよく出た水が、タンクの壁にあたり水が跳ね返ることもあります。

取り付けボルトからの水漏れ

便器と二箇所固定してあるボルトが緩み、そこからタンク内の水が漏れる。

通常はナット固定されているので漏れてきませんが、長年の座るときの僅かな振動や、地震などで負荷が掛かると漏れます。

少しずつ便器を伝って漏れて、便器を囲う様に周りが濡れます。

ジャバジャバ漏れてるときもあります。

密結パッキンの劣化

密結パッキンとは、タンクと便器の間にあるパッキンです。

普段は表からは見えません。劣化すると上記の様な振動などで漏れてきます。

結構漏れてくるので特定しやすいです。

スポンサーリンク

洗浄管の水漏れ

隅付ロータンクタイプの便器で、便器とタンクの間にある水を流すパイプ(洗浄管)からの水漏れです。

便器と床の間からの水漏れ

Pシールガスケットの劣化

床フランジと便器の間に取り付けてある、Pシールガスケット(パテの様な部品)の劣化です。

便器を外して交換します。

床フランジの破損

Pシールガスケットが劣化すると水漏れをし、放置しておくと床が腐り始めます。

日々の座る動作で便器が微妙に動く様になってしまうと、固定されているフランジボルトが水漏れで腐り始めます。

更に便器が動く様になり、フランジボルトを押さえている床フランジに負荷が掛かり、バキッと逝ってしまいます。

トイレの床にも漏れますが、集合住宅や二階にトイレがあるお宅などですと、階下にも漏れてしまうことが多いです。

 

以上が主な原因ですが、水漏れは早く直さないと、他の箇所の傷みにも繋がるので、普段からマメに点検した方が良いですね!(^o^)

スポンサーリンク
    

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ