忘れた頃にやってくる!突然のトイレの詰まり!水がワーッと上がってきて溢れる寸前。

ひどいと溢れて床が水浸しに!突然のトラブルに慌ててしまいますよね。

戸建てのお宅なら、自分の家だけの被害だけで済みますけど、マンションやアパートなどの集合住宅だと、下の階に漏れてしまったりして大変なことになってしまいます。

溢れてしまったら、まずは急いでバスタオルなどで拭き取り、便器内の水位が少しずつ減っても、それ以上は絶対に流さないようにしましょう。

スポンサーリンク

トイレが詰まる原因

普通に使っていて詰まった

普通に使っているつもりでも、便秘気味だったり、トイレットペーパーを多めに使ったりすると、ちょっとした拍子に詰まってしまうことがあります。バリウムを飲んだ後の便は便器の底に沈殿するので詰まりやすいですね。

異物を流して詰まった

トイレまわりに置いてある小物や消臭剤のフタ、後ろポケットに入れていた財布や携帯、子供のオモチャ、生理用品やティッシュペーパー。ティッシュペーパーは大丈夫だと思っている方も多いですが、水に溶けないティッシュペーパーはよく詰まります。便器の掃除をしていて、ブラシの先端が外れてしまうこともあります。オムツなどは言語道断です。

あと『水に流せます』と書いてあるトイレ掃除用のクリーナーも、多めに流すと詰まってしまいます。

 

 

外の桝や大元の排水管の詰まり

特に心当たりが無いのに詰まってしまうことがあります。便器のふちスレスレまで水が上がってきて少しずつ減り、最後にボコボコと音がする。こういう場合は大元の排水管が詰まっていることが多いです。外まわりにあるフタ(桝のフタ)を開けてみると、汚水が満水になっています。

コンクリート桝などは、モルタルと塩ビ管の間から木の根っこが侵入したりすることが多いです。

流す水量が少ない

タンク内の水は汚物を流すために、必要な量な貯まるようになっています。ボールタップの補助給水ホースが外れていたり、タンクの中にペットボトルやビール瓶を入れていると水量不足になり詰まります。

こちらの記事をご覧ください。

 

 

 

一般家庭の場合は、だいたいこの4つが主な原因になります。

 

スポンサーリンク

 

自分で直しましょう!

ペーパーや大便が詰まった場合の直し方

ホームセンターで見てみると、ラバーカップなどの道具が売っていますが、オススメは真空式パイプクリーナーですね。(更にオススメはローポンプスーパープラスです。)詰まりを解消するには、押し出すのではなく引くのがコツです。

詰まっているところに無理やり押し込むと、かえって押し固めてしまうことがあります。引いて詰まっているものを和らげて砕くイメージですね。また、一方的に引くばかりではなく、水が引くようになってきたら押すのも有効です。引いて押して引いて押して、という感じです。

真空パイプクリーナー使い方

トイレのつまり

便器の中に一杯まで水が溜まっていると、クリーナーを差し込んだときに便器から水が溢れてしまうので、ある程度水を抜いてから作業します。ストーブに給油するときに使うスポイトがあると便利です。

排水の穴の位置にクリーナーの先端をグッと押し込んで、レバーをグッと引きます。(擬音が多くてすみません)引いたら押し込まないように静かに押して、またグッと引きます。

これを数回繰り返しすと、アッと言う間に詰まりが抜けます。最初の一回で直ってしまうこともあります。

 

サイホンゼット式便器の注意点

トイレの流れが悪い原因

Kパパ

サイホンゼット式とは、水が溜まっているところに排水の穴とは別に小さな穴が開いているタイプです。この穴からタンク内の水が噴き出して、強いサイホン作用で排水します。

サイフォンゼット式の便器で真空式のパイプクリーナーで作業するときは、タンク内の水を完全にカラにしてから作業をします。引いて作業するのが基本ですが、砕け始めたら押し出す作業も有効なため、便器の底の穴からタンク側に水圧が掛かってしまうと、タンク内のフロートバルブが開いてしまい、タンクの水が一気に排出され、便器から溢れてしまいます。

この小さな穴からタンクの方に圧が逃げてしまいますので、底の方までグッと差し込みましょう。

 

ローポンプスーパープラス

ローポンププラスというのは、ほぼ100%のプロが使用している道具です。真空パイプクリーナーと仕組みは同じですが、そのバキューム威力は雲泥のさがあります。トイレの詰まりだけでなく、洗面器、ユニットバス、キッチン流し台排水ホースの詰まりなどに使えるプロ御用達の道具です。

使い方は真空パイプクリーナーと同じです。

こちらの記事をご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

 

異物が詰まった場合の直し方

異物を流してしまった自覚がある時は、まず、便器の穴に物が引っ掛かっていないか確認します。便器内の水を抜いてから、アンテナ状の持ち手が付いた点検鏡で、ライトの光を当てながら内部を見ます。

異物を流してしまった場合は、基本的にローポンプスーパープラスや真空パイプクリーナーで詰まりを取ることは困難です。無理矢理押し込んでしまうと、便器の先の排水管の方で詰まってしまうことがあります。

特に生理用品やオムツなどは押し出してしまうと、便器を通り越して排水管内まで移動して、更に水分を吸収して膨張してしまいます。そうなってしまうとかなり厄介です。

但し、鏡で覗いてみて引っ掛かっている物が見えれば、ローポンプスーパーで取り出すことも可能です。

 

トイレの詰まり

 

便器の水をカラにして小さな点検鏡で確認すると、引っ掛かっている異物らしきものが見えます。手で掴むことができません。

 

トイレの詰まり

 

真空にしないと作業ができないため、便器にある程度の水を溜めて作業します。吸い取るイメージでレバーハンドルを引きます。何度か繰り返します。挟まっているものを解すイメージで。

 

トイレの詰まり

 

体を洗うブラシが出てきました。このケースでは流してしまったものが大きなブラシだったので、便器内部の曲がりを通過せずに引っ掛かっていたので、取り出すことができました。

鏡で覗いて詰まっているものが見えなければ、更に先まで移動しています。便器の出口に引っ掛かっている可能性が大きいです。このような場合は便器を外して取ることしか方法はありません。

 

Kパパ

便器を外すとなると、「ちょっと素人では無理かな?」と思いますよね?でも大丈夫です。やればできます!

 

便器を外して詰まったものを取る方法は、こちらの記事をご覧ください。↓

 

 

外の桝や排水管が詰まった場合の直し方

トイレの流れが悪いな、水の引きが何かいつもと違うなと感じたり、朝は流れが悪くて、しばらく留守にした後に流してみたら、2~3回は流れてまた流れが悪くなった、というような場合は、まずはじめに外の桝のフタを開けてみましょう。

桝の中が満水になっていたり、大量に木の根っこが侵入していたら、外の詰まりは明らかです。外で詰まっていると自分では直せないのでは?と思うかもしれませんが、構造や原因が分かればそう難しいことではありません。

 

外桝の詰まりはこちらの記事をご覧ください。

 

関連コンテンツ