水栓ケレップとコマ

その他

水まわり修理に使う部品はメーカーによって呼び方が違う

投稿日:2018年8月16日 更新日:

水まわりの修理ではパッキンをはじめ、様々な部品があります。それらの部品の名称は統一されていなくて、小さなパッキンひとつ取っても、各メーカーにより呼び方が違います。商品名の違いということですが、使う側としては分かり辛いですよね。

当ブログに登場する部品名は、私がよく使用しているメーカーの部品名なので、読まれる方によっては困惑する方がいらっしゃるかもしれません。

当ブログの記事には、まだ全てではありませんが、記事の中に登場する部品名や用語に、「用語解説」としてブログ内部でリンクを貼っています。そちらを見て頂ければ、ある程度の意味を理解できると思いますが、ここではそれらを一覧にまとめます。

水まわり修理の部品

 

当ブログでの呼び方 TOTO INAX(現在はlixil) SANEI カクダイ
コマパッキン こま 普通コマ部 水栓ケレップ・一体式コマ 水道用ゴム付きケレップ
上部パッキン 三角パッキン キャップパッキン 上部パッキン 水栓ハンドル内パッキン
ノズルパッキン Uパッキン パイプ部パッキン パイプパッキン 自在パイプ取付パッキン
排水弁部 排水弁部 フロート弁 ロータンクサイフォン ロータンク排水弁
フロートバルブ フロートバルブ フロートゴム玉 ロータンクゴムフロート ロータンクゴムフロート
水栓ノズル 自在スパウト 自在水栓用パイプ部 自在パイプ 水栓パイプ
Pシールガスケット Pシールガスケット ガスケット 床フランジ用パテ 床フランジ用ガスケット

 

一番左側は当ブログでの呼び方です。メーカーによって、これだけ呼び方が違うんですね。

 

Kpapa
例えばSANEIには二種類のコマパッキンがあり、ゴムが取り外せるタイプを「水栓ケレップ」と呼び、ゴムが一体式のタイプを一体式コマ(節水タイプが多い)と呼びます。TOTOの場合ではゴムが取り外せるタイプが「こま」です・・・・・紛らわしいにもほどがありますね。

 

また、各メーカーの商品名を調べてみて、ひとつご疑問に思う呼び方がありました。「水栓ノズル」についてです。どこのメーカーを見ても「水栓ノズル」という名称は調べた限りはありませんでした。ただ、水道業界では水栓ノズルでと通ってるんですよね。材料屋さんでも通じなかったことはありません。ネット通販のモノタロウやアスクルでも「水栓ノズル」と分類されています。水栓のことを「蛇口」と呼ぶのと同じで、一般的な呼び方が「水栓ノズル」なんでしょうね。まあ、あまり掘り下げなくても良い話ではありますけど。

私の通う近所のホームセンターでは、主にSANEIとTOTOの製品が多いです。カクダイやINAX(現在はLIXIL)製品が多いホームセンターに行かれる方は、当ブログとの違いに戸惑うかもしれませんね。その時は上の表を参考にしてください。

パッキンの一部にはメーカーにより多少の形状の違いがあるものもありますが、サイズはJIS規格に基づいているものがほとんどです。その点は困ることはありません。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-その他
-, , ,

Copyright© かんたん!自分で直す水まわり , 2018 All Rights Reserved.