スポンサーリンク

以前にも固着した止水栓を直す記事がありましたが、今回は固着したドライバー式止水栓の直し方についての補足と、内ネジ式止水栓の操作についてお話ししたいと思います。

止水栓の種類

ハンドル式止水栓

回すところがハンドルになっているタイプの止水栓です。特別な道具を使う必要もなく、止水栓の開閉がスムーズです。

ドライバー式止水栓

マイナスドライバーやコインなどで開閉するタイプの止水栓です。

内ネジ式止水栓

 

主にINAX製で、袋ナットは無く内ネジのキャップのようなタイプの止水栓です。

キャップの部分は金属のものもありますが、黒いプラスチック製をよく見掛けます。

固着した止水栓の直し方

ハンドル式止水栓の固着については、こちらの記事を参考にしてください↓
>>自分で直す!止水栓が固くて回らない

ドライバー式止水栓の固着

ハンドル式はしっかりと掴めるため、比較的簡単に直す事ができますが、ドライバー式の場合ですと、ドライバーを充てる溝が変形してしまったり、逆にドライバーが変形してしまったりと、苦労される方も多いと思います。

まずは水道メーターの元栓を閉めます。残った水が垂れるので、止水栓の下に水受けを置いて袋ナットを反時計回りに外します。

完全に外したらマイナスドライバーで回すのですが、ここからがポイントです。

止水栓の溝の厚さや幅に対して、マイナスドライバーの先端が細かったり薄かったりすると、いわゆる「ナメて」しまうんですよね。
メッキも剥がれて、傷だらけの残念な見栄えになってしまいます。

そこで、僕が使っているのは水栓ドライバーです。

先端の幅が広く、厚さも止水栓にピッタリとはまりますので、アソビやブレが無く回しやすいです。

 

左が水栓ドライバーです。通常のマイナスドライバーと比べると、先端の幅や厚みの違いが分かると思います。

使い方を間違えると宝の持ち腐れになります。力任せではかなり困難です。固着は止水栓を目一杯全開にしている状態で起こりますので、必ず袋ナットを外してから作業します。持ち手が滑るようでしたら、ゴムを巻くと掴みやすいです。必ず水漏れするので、同時に上部パッキンも交換しましょう。

スポンサーリンク

また、この止水栓用ドライバーは、内ネジ式の開閉にも丁度良いです。

プラスチック製の内ネジ式止水栓は、普通のマイナスドライバーで開閉すると簡単に変形してしまうので、このドライバーが重宝します。

内ネジ式止水栓から水漏れが起きた場合は、他社の止水栓に交換する事をオススメします。内ネジ式以外の止水栓は、ホームセンターなどで部品の調達も簡単にできますし、修理も簡単でモノも丈夫です。

※因みに、内ネジ式止水栓はあまり固着しません。

全てのタイプの止水栓に言えることですが、修理後は絶対に全開にしないようにしましょう。全開にすると固着しやすいので、全開の位置から半回転から1回転戻した位置にしましょう。

スポンサーリンク


以上、固着したドライバー式止水栓の直し方のお話でした。