手動式ウォシュレットレビュー

水まわりの防災

防災用におススメの手動式携帯用ウォシュレット

投稿日:2018年8月23日 更新日:

日常的にウォシュレットを利用していますか?一度慣れ親しんでしまうと、ウォシュレットの無いトイレには入りたくない!というほど、手放せなくなりますよね。お風呂に入れないような災害時は尚更です。

かと言って、ライフラインがストップしている状況の中では使えるはずもありません。そんな時、携帯ウォシュレットがあると助かります。

「ウォシュレット」はTOTO社製の製品名ですが、一番伝わりやすい名称なので使用しています。

携帯用ウォシュレットのタイプ

ここではそれぞれのタイプ別に、良い点、悪い点を上げていますが、あくまでも非常時の防災用ですので、通常のウォシュレットの方が使い勝手が良いとか、通常タイプより水圧が弱いなどの評価は除外します。

電池式携帯用ウォシュレット

本家本元、TOTOの電池式の携帯用ウォシュレットが有名です。Amazonのカスタマーレビューを見ると星の数はです。TOTO社製ということもあり、その使い勝手の良さは、多くの方から高評価を得ています。但し、低評価を付けているレビューもかなりあります。

良い評価と悪い評価をまとめました。

ココが良い

  • 快適

「快適」の一言でまとめてしまいましたが、満足している方々の意見は、悪い評価をしている方に比べ、「具体的にどこが良い」と言うことはないのですが、ウォシュレットの無い海外などでは、快適に使用できると概ね満足されているようです。

ココが悪い

  • 電池式のため使用後の手入れをしっかりしないと、錆びて使用できなくなる場合がある。
  • 持ち運び用としては重い。本体が重いので使用が疲れる。
  • 故障の場合、TOTOに修理見積もりを依頼したら、1万円を越える見積もりだった。
  • 電池式でモーターを使用しているため故障しやすい。回路部に浸水した。
  • 作動音が気になる。

悪い評価をまとめると、「故障して買い替えた」という評価が目立ちました。水を噴出する機械ですが、その水で故障することが多いようです。

 

加圧式ウォシュレット

加圧式というのは、ポンプを手動で上下させて圧力を貯めて、ボタンを押して開放された圧力で水が噴き出すタイプです。園芸用品売り場にある、農薬の散布に使用するポンプのような仕組みですね。Amazonでの評価は星の数はです。

ココが良い

  • 電池式に比べて軽い
  • 電池切れの心配が無い
  • 水圧が強い
  • ポンプを上下出せる回数で圧力を調整できる
  • 回路等が無いので水洗いできる

ココが悪い

  • 10秒くらいで水が無くなる
  • 徐々に噴射が弱くなる
  • ノズルより先にシリンダー部から水漏れする
  • パッキンが劣化すると加圧できなくなる

電池式と比較すると故障しない、軽い、水圧が強いという評価が多かったです。悪い評価としては、「圧力が抜けてしまうようになった」という加圧式の致命的な評価も見られました。

 

手動式ウォシュレット

手で握って水を噴き出すという、携帯用ウォシュレットの中では最も単純なタイプです。Amazonの評価は星の数はです。

ココが良い

  • 水圧を自分でコントロールできる
  • 構造が単純で故障や電池切れが無い
  • 素材が固く程良く加圧できる
  • 軽くてコンパクト

ココが悪い

  • 手が疲れる
  • 水圧が弱い
  • 単純な作りの割に値段が高い
  • 容量が少ない

作りがシンプルなので、長持ちする、軽い、水圧を調整しやすいなどの評価が多かったです。悪い評価としては、容量が少ない、値段が高いという評価が多かったです。

 

Kpapa
電池式、加圧式、手動式、それぞれに良いところと悪いところがありましたが、全てで共通していたのは、容量が少ないということでした。ただ、これは携帯用としての宿命ですよね。水のペットボトルを常備して、トイレ内で給水しながら対応するのが良いかもしれません。

次のページへ >

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-水まわりの防災
-,

Copyright© かんたん!自分で直す水まわり , 2018 All Rights Reserved.