地震に敏感になっているせいなのか、インターネットの普及で情報が次から次に入ってくるからなのか、子供の頃に比べると、最近、やたらと地震が多く起こるような気がしませんか?実際に多いですよね。地震の活動期に入ったと言われていますね。

災害に備えて防災グッズや、食料・水を備蓄していますか?全てを一度に揃えようとするとかなりの出費になるため、我が家では必要な物をリストに書き出し、優先順位を決めて少しずつ揃えているところです。

 

スポンサーリンク

 

非常用トイレの準備は最優先

まずは必要なのが食料と水ですが、食べたり飲んだりすれば、必ず出さなくてはいけません。むしろ、食べたり飲んだりするのは多少我慢できても、トイレは我慢できませんよね。

断水すれば水洗トイレは使えません。また、激しい揺れで宅地内の排水管が破損してしまうでしょうし、公共下水道も壊滅状態になる可能性が大きいです。

Kパパ

マンションやアパートでは、地震により排水管が破損した場合、上階で水を流しいてしまうと、下の部屋に垂れ流しになってしまいます。

 

非常用トイレの備蓄

 

公共の公園や建物のトイレには人が集中して、あっという間に汚物が溢れ、避難所では簡易トイレに長蛇の列、長蛇の列ができれば用を足していても落ち着かないし、汲み取りが間に合わず溢れる汚物で衛生面も悪化、感染症の問題も起きる、プライバシーも何もあったものではない。

結果、トイレを我慢したり、トイレに行かないで済むように水分を取らなくなる。体調が悪化してしまう悪循環。

想像しただけでも物凄いストレスを感じますよね。

Kパパ

ストレスなく排泄することは、避難生活で健康を維持するための基本ではないでしょうか。

非常時をシュミレーションして選ぶことが大切

簡易組立便座

 

非常用の簡易トイレは各メーカーから発売されています。Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングで調べまくりました。価格は安いに越したことはありませんが、災害時の様々な状況を考慮して、安かろう悪かろうにならないように、コクヨ製を購入しました。

 

 

コクヨ 簡易組立便座を購入した理由

水洗いができる

便座も本体もプラスチック製(本体はプラスチックダンボール)なので水や湿度に強いです。汚れても水洗いできるのは最大のポイントです。便座はプラスチック製でも、本体がダンボールというのが結構あります。ダンボール製だと安価ですし、強度の面でも問題ないとのことですが、やっぱり水洗いができないというのはネックですよね。

災害時は水が大変貴重です。備蓄してある飲料水や、給水車からもらう水、配給される水は大切に使いたいです。貴重な飲料水でトイレを水洗いするのも気が引けます。

そこで、我が家では備蓄用の水で賞味期限が切れた水は捨てずに、生活用水として使えるように飲料用と分けて備蓄しています。

 

Kパパ

非常時だからこそストレスなく清潔なトイレを使いたいですよね。

軽いから持ち運びが楽

プラスチックダンボールの特徴は、中空構造なのでとても軽く、持ち運びも苦になりません。

強靭な材質

材質はポリプロピレン(PP)です。紙ダンボールの十数倍の耐久性があります。欠けたりしませんし、折り曲げにも大変強いです。

保管の場所を取らない

収納箱のサイズはW347×D72×H362mmです。とてもコンパクトに収まるので、保管場所に悩むことはありません。

 

スポンサーリンク

 

簡易組立便座を組み立ててみた

 

簡易組立便座

 

箱から出すと説明書・便座・台座・底板・安定脚が入っています。安定脚とは本体が後ろ側に倒れないようにするための支え脚です。

 

簡易組立便座

 

組み立てはかんたんです。かんたん過ぎて組み立て中の写真がありません。実際に座ってみましたが、強度は全く問題ありませんでした。耐荷重は100kgです。

これだけでは使用できない

当たり前のことですが、簡易組立便座だけでは使用できません。別に汚物袋や凝固剤が必要です。

Kパパ

同じコクヨ製の物もありますが、比較検討して購入した物がありますので、そのお話は別記事で…

 

 

関連コンテンツ