自分で直す!トイレの詰まり

こんにちはKパパです!

忘れた頃にやってくる!突然のトイレの詰まり!水がワーッと上がってきて溢れる寸前。ひどいと溢れて床が水浸しに!突然のトラブルに慌ててしまいますよね。

戸建てのお宅なら、自分の家だけの被害だけで済みますけど、マンションやアパートなどの集合住宅だと、下の階に漏れてしまったりして大変なことになってしまいます。

溢れてしまったら、まずは急いでバスタオルなどで拭き取り、便器内の水位が少しずつ減っても、それ以上は絶対に流さないようにしましょう。

 

トイレが詰まる原因

普通に使っていて詰まった

普通に使っているつもりでも、便秘気味だったり、トイレットペーパーを多めに使ったりすると、ちょっとした拍子に詰まってしまうことがあります。

スポンサーリンク

異物を流して詰まった

トイレまわりに置いてある小物や消臭剤のフタ、後ろポケットに入れていた財布や携帯、生理用品やティッシュペーパー。ティッシュペーパーは大丈夫だと思っている方も多いですが、水に溶けないティッシュペーパーはよく詰まります。あと『水に流せます』と書いてあるトイレ掃除用のクリーナーも、多めに流すと詰まります。

その他原因による詰まり

特に心当たりが無いのに詰まってしまうことがあります。便器のふちスレスレまで水が上がってきて少しずつ減って、最後にボコボコと音がする。こういう場合は大元の排水管が詰まっていることが多いです。外まわりにあるフタ(桝のフタ)を開けてみると、汚水が満水だったりします。かなりグロテスクで引いてしまいますけど(笑)

 

一般家庭の場合は、だいたいこの3点が原因になります。そらでは対処方をお話しします。

スポンサーリンク

自分で直しましょう!

普通に使っていて詰まった場合

ホームセンターで見てみると、ラバーカップなどの道具が売っていますが、オススメは真空式パイプクリーナーですね。詰まりを解消するには、押し込まず引くのがコツです。詰まっている状態を想像してみてください。詰まっているところに無理やり押し込むと、かえって押し固めてしまうことがあります。引いて詰まっているものを和らげて砕くイメージですね。

真空パイプクリーナー使い方


便器の中に一杯まで水が溜まっていると、クリーナーを差し込んだときに溢れてしまうので、ある程度水を汲んでから作業します。

排水の穴の位置にクリーナーの先端をグッと押し込んで、レバーをグッと引きます。(擬音が多くてすみません)引いたら押し込まないように静かに押して、またグッと引きます。これを数回繰り返しすと、アッと言う間に詰まりが抜けます。最初の一回で抜けちゃうときもあります。

 

サイフォンゼット式の便器の場合。サイフォンゼット式とは、水が溜まっているところに排水の穴とは別に小さな穴が開いているタイプです。この穴からタンク内の水が噴き出して、強いサイフォン作用で排水します。この小さな穴の上から圧力を掛けても、詰まっている側に圧力が掛からず、タンクの方に圧力が逃げてしまうので、穴の奥までグッと差し込みましょう。

 

異物を流した・外まわりの排水管の詰まり

基本的に真空パイプクリーナーで取ることは困難です。というか無理です。無理矢理押し込んでしまうと、便器の先の排水管の方で詰まってしまいます。こうなると素人では難しくなります。それでは、どうする?便器を外すしかありません。便器を外すとなると、「ちょっと素人では無理かな?」と思いますよね?大丈夫です。やればできます!便器脱着はまた別項目でお話しします。また、外まわりの排水管の詰まりについても、別項目でお話しします。

こちらの記事もおススメです。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
    

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ